りょう店長の競馬予想ブログ

【NHKマイルカップ2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2019/05/01

今回は【NHKマイルカップ2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

東京競馬場・芝1600mで行われるNHKマイルカップは3歳のマイル王者を決める熾烈な争いであり、近年は牡馬と牝馬が互角の戦いを見せている1戦ですが、

今年は桜花賞を制覇した牝馬のグランアレグリアの1強ムードが濃厚とはいえ、牡馬のクラシック路線から参戦するアドマイヤマーズも侮れない存在?

そして、クラシックの皐月賞と桜花賞を賑わせた2頭がどちらもオークスや日本ダービーに向かわずNHKマイルカップに来ることは意外にも珍しいイメージであり、

その点は鞍上と馬の使い分け…という大人の事情が絡むという表現が正しいですが、調教師&オーナーが馬の適性をシッカリと把握していることも事実。

特にアドマイヤマーズに関しては早い段階から日本ダービーには向かわずコチラと参戦を表明していた経緯があり、

決して行きあたりバッタリの出走ではなく、勝負気配という観点で考えれば十分に勝算は十分にありそうですね!

ちなみに冒頭でチラッと触れた通り、近年は牡馬と牝馬が互角の勝負を繰り広げている訳ですが、近5年は牡馬3勝の牝馬2勝の大接戦。

果たして、今年は打倒・グランアレグリアということで牡馬勢の意地を見ることが出来るのか?注目です。

それでは令和として行われる最初のGⅠであるNHKマイルカップ。過去の傾向やデータから狙える馬を探して行きましょう!\(^o^)/

 

ではでは、本題の前に余談ですが…

先日の天皇賞(春)の後はいつもの競馬仲間と共に米福(木屋町店)で晩餐会でした!

この店は天ぷらがメインの居酒屋ですが、お刺身も新鮮で美味しく値段もリーズナブルでオススメです!(^^ゞ

ちなみにこの日は朝から京都競馬場で差し入れで頂いたチキン・フランクフルト・アメリカンドック×2と脂っこいモノばかりを食べていたこともあり、

夜は体が油を否定しているような状況で心の底から美味しく天ぷらを頂けなかったのが唯一の心残りですが、次行くときの教訓として生かしたいと思います(苦笑)

sponsored link

【NHKマイルカップ2019】予想考察

過去の傾向・データ分析

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2018】
1着:⑪ケイアイノーテック(NZT:2着)
2着:⑨ギベオン(毎日杯:2着)
3着:⑰レッドヴェイロン(アーリントンC:3着)

【2017】
1着:⑯アエロリット(桜花賞:5着)
2着:⑭リエノテソーロ(アネモネS:4着)
3着:⑥ボンセルヴィーソ(NZT:3着)

【2016】
1着:④メジャーエンブレム(桜花賞:4着)
2着:⑤ロードクエスト(皐月賞:8着)
3着:⑯レインボーライン(NZT:5着)

【2015】
1着:⑦クラリティスカイ(皐月賞:5着)
2着:⑨アルビアーノ(フラワーカップ:1着)
3着:⑫ミュゼスルタン(スプリングS:7着)

【2014】
1着:⑩ミッキーアイル(アーリントンC:1着)
2着:②タガノブルグ(橘S:1着)
3着:①キングズオブザサン(皐月賞:15着)

 

<前走の距離に注目!>

平成の中頃にはNHKマイルカップから日本ダービーを目指すという「松国ローテ」と呼ばれるものが一世を風靡しましたが、

近年はそのローテーションもやや風化気味であり、どちらかと言えば日本ダービーを目指すような馬よりはNHKマイルカップを目指すマイラーが集結するイメージ。

ちなみに時代の流れと共に臨戦過程にもバリエーションが出てきたことは事実であり、各馬の前走レースを見ると…

桜花賞・皐月賞・アーリントンカップ・毎日杯・ニュージーラトロフィー・ファルコンステークスと多種多様で各路線から色々な馬が集う印象。

そして、その中でも前走の距離に着目して過去10年の前走距離別の成績を分析すると下記の通り。

1600m:(8-2-4-80)
1600m(超):(2-6-5ー30)
1600m(未満:(0-2-1-40)

数字として見ると1600mを超える距離から参戦する馬の複勝率が30%と非常に優秀であり、連対率も18%とコノ中ではトップクラスの成績。

そして、次は同距離の臨戦となる1600mから参戦する馬であり、勝率に関してはコチラがベストの成績となります。

つまり、前走の距離で優位性を分けるなら延長<同距離<短縮という形。この点に関してはアタマに入れて置きたいポイントですね!\(^o^)/

 

<中山・阪神の実績が重要!>

東京のマイル戦を舞台に繰り広げられるNHKマイルカップですが、短距離路線から参戦する馬の影響を含め、前半からペースが淀みなく流れて非常に厳しいレースになる印象。

つまり、高速馬場で施行されるとはいえ、底力やある程度のスタミナが必要となる1戦であり、その裏付けとして中山&阪神(坂のあるコース)の実績が重要となるイメージ。

そして、実際に過去10年の中山&阪神で距離1600m以上+オープン以上で4着以内の実績の有無別の成績は下記の通り。

あり:(10-9-7-79)
なし:(0-1-3-71)

やや複雑な条件設定にフォーカスを向けたとはいえ、上記の実績の有無別で見ると成績は一目瞭然であり、予想に置いても重要なポイントになりそうですね。

 

<キャリアに注目!>

昨年の菊花賞をフィエールマンで制覇した後にルメール騎手が「センスがあれば経験はいらない」と意味深な言葉を残していましたが、

現代競馬においてキャリアの多さは何ひとつメリットのないことであり、鮮度が失われる点や馬が消耗することを含め、数多くレースを使い馬の経験値を上げるという考えはもはやオワコン…。(汗)

そして、上記の点を含め実際に過去10年のキャリア別の成績は下記の通り。

6戦以内:(7-8-7-73)
7戦以上:(3-2-3-77)

このデータを見る限りは7戦以上を消化しているキャリアの豊富な馬が全くダメということではないですが、

6戦以内の馬と比べると不振の傾向であり、全体的に見てもキャリアが浅く鮮度が保たれている馬の方が優秀な成績。

つまり、取捨選択で迷ったときは豊富なキャリアの馬よりはフレッシュな経験の少ない馬からピックアップする方が良さそうですね!(^-^)

 

【NHKマイルカップ2019予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

前走は内枠がアダとなり消極的なレース運びで持ち味を活かせない展開とはいえ、ハイレベルなレースの中で勝ち馬からは0秒4差の4着と負けて強しの内容。

そして、今回は距離短縮で実績のあるマイル戦に必勝態勢。後は鞍上が自信を持って騎乗してくれれば自ずと結果は付いて来るはずだが、果たして…?

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第24回 NHKマイルカップ(G1)>

グランアレグリア?
アドマイヤマーズ?それとも…

【◎-穴1点馬券】を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞を完勝したグランアレグリアが早々と参戦を表明した後、皐月賞からはアドマイヤマーズらの参戦が決まり、朝日杯FSの再戦と言えるメンバーが顔を揃えることに。そこにトライアルで権利と取った面々など新興勢力が加わり、クラシックに勝るとも劣らない好メンバーが集まり、レベルの高い1戦となりそうだ。

当然、レースとしての注目度は高くなるが、必然的に馬券的な面白さも十分となる。近年は育成技術の向上や、外厩施設の充実により、レースを使わずに仕上げることが普通になりつつあるため、前哨戦の段階で有力馬同士がぶつかるというケースが減っている。そこには、ノーザンファームなど大手牧場グループの使い分けといった意図もあり、一介のマスコミや一般ファンのレベルでは、その思惑は言うまでもなく、力関係すらジャッジすることも困難となってきている。今年もGI馬が参戦したからと言って、『それで決まり!』と簡単に結論づけるのは早計と言うものだ。

事実、NHKマイルカップは昔から波乱決着が少なくないレースであり、過去10年でも二桁人気馬が8頭も馬券に絡んでいて、10万馬券以上での決着が頻発している。この事実は見落としてはならないだろう。馬券的中に近づくためには、確かな関係者情報を元にジャッジする必要があるのだ。

しかし、確かな関係者情報を入手するのは、先にも申し上げたように、一介のマスコミや一般ファンのレベルではまず不可能。一方、ハイセイコーの主戦騎手だった鉄人・増沢末夫、無敗の名馬マルゼンスキーの中野渡清一、2冠馬サクラスターオーを育てた平井雄二など、元調教師・元騎手など競馬界の大物OBや現役関係者、馬主関係者などが情報ルートとして在籍するシンクタンクは、トレセン内外から情報を入手する態勢を整えているので、一般では入手できない確かな関係者情報も聞くことができる。

今週のNHKマイルカップでは、既に「東京なら一発ある」と、密かに大駆けを目論む穴情報馬の存在をキャッチしている。この馬が馬券に絡めば、今年も高配当決着となる可能性は高い。本来、この手の情報を無料で公開するのは極めて難しいのだが、新元号『令和』となって最初のGIということも記念して、特別にNHKマイルカップの【◎-穴1点馬券】を無料公開することが決定した。確かな関係者情報を知る絶好の機会となるだけに、ぜひとも入手して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約