りょう店長の競馬予想ブログ

【JBCクラシック2020 予想】本命:クリソベリル

time 2020/11/02

【JBCクラシック2020 予想】本命:クリソベリル

今回は大井競馬場・ダート1800mで行われるJBCクラシック2020の予想を公開します。

主な出走馬はクリソベリル、オメガパフューム、チュウワウィザードなどが予定。それでは予想見解は下記の通りです。

sponsored link

【JBCクラシック2020】予想

予想と見解

ダート路線の中距離王者の決定戦。

今年は帝王賞の上勢(クリソベリルとオメガパフューム)が人気を分け合う2強ムードですが、その他に台頭の余地はあるのか…?ココは今後の路線を占う意味でも注目のレースになりそうだ。

 

本命はベタに◎クリソベリルにする。超が付く良血馬で国内では負けナシの力が示す通りに秘めたポテンシャルは相当に高いモノを秘めた1頭。

実際に前走の帝王賞は大井の2000mをホームとするオメガパフュームを子ども扱いする大楽勝で中距離の舞台で体力勝負に持ち込めばコノ馬に太刀打ちできる馬はいないはず。

つまり、今回は休み明けのフレッシュな状態で体力面の問題は全くなく力を出せるタイミング。スムーズに力を出し切れば完勝するはずだ。

 

対抗も無難に◯オメガパフュームにする。本質的にはC系も年齢を重ねることで徐々にL的な要素が現れてきて休み明けでも対応は可能。大井での実績は言わずと知れた存在で今回のメンバーなら適性&能力上位。スムーズな競馬で順当な結果を期待する。

 

3番手は▲チュウワウィザードにする。前走の帝王賞は道中の位置取りを含めて少々チグハグなレースで不完全燃焼の競馬だが、シッカリと3着を確保した内容は評価できる点。今回も引き続き能力は上位の部類でチャンスはあるだろう。

 

4番手は人気ブログランキングを狙う。実績的には上位3頭に劣る存在だが、秘めたポテンシャルは非常に高く噛み合えば割り込めるだけの力はあるはず。実績のある大井コースで乗り慣れた鞍上で一発を期待する。

 

△ノンコノユメは次に向けた叩き台の匂いもするが、昨年の東京大賞典に帝王賞の内容から不気味な1頭。人気を考慮しても抑える価値はありそうだ。

 

印のまとめ

◎クリソベリル
◯オメガパフューム
▲チュウワウィザード
人気ブログランキング

△ノンコノユメ

 

りょう店長の競馬新聞(完全版)とは…?

りょう店長の競馬新聞(完全版)ではブログでは書ききれないフル予想を公開中。そして、本日の予想配信の予定は下記の通りです。

<地方予想>
1.JBCレディスクラシック
2.JBCスプリント
3.JBCクラシック
4.JBC2歳優駿

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)@購読はコチラから

 


 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約