りょう店長の競馬予想ブログ

【CBC賞2019】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2019/06/27

今回は【CBC賞2019】予想考察|オッズと出走馬分析についての記事です。

中京競馬場・芝1200mで行われるCBC賞は灼熱の中京開催を告げる重賞であり、昨年は猛烈な暑さの中で争われたイメージのある1戦ですが、

今年はやや遅めに来た梅雨の影響をモロに受けそうで豪雨の中での競馬が濃厚。つまり、開幕週ながら重~不良馬場の開催とはるはず。

そして、近年のこの時期の中京芝と言えば〝超高速馬場〟という印象がある訳ですが、今回に関して考えれば馬場悪化でタフな時計が掛かる決着になる可能性も…?

さらに中京の芝は特に馬場傾向がハッキリと出やすい条件であることを含め、土曜日の馬場状態をシッカリと見極めた上で最終的な判断を下したい所です!

それでは道悪開催が濃厚である点とメンバー構成からやや波乱の香りが漂う令和最初のCBC賞。まずは各馬を分析して狙える馬を探して行きたいですね!\(^o^)/

 

ちなみに本題の前に余談から…

昨年は出資馬のレースや競馬仲間との集まりが奇遇にも多く重なり、何度も足を運んだ夏の中京開催ですが、今年は現段階で参戦予定がナシという事態。

ただ、この時期の中京開催は本当に過酷で38度を超えるのがザラで室内の席が取れないと熱中症で倒れるのでは…?というレベルであり、

大人しく自宅で見ているのが1番だと思いますが、個人的には場内の雰囲気やグルメを含めて好きな部類に入る競馬場。

そして、灼熱で暑い暑い7月開催とはいえ、1度ぐらいは行きたいな~という所が本音ですから、どこかで…と密かに計画中!

ちなみに皆様からのお誘いがあれば予定が無い限りは喜んで行きます。ぜひお気軽にお誘い頂ければ…と思います!\(^o^)/

sponsored link

【CBC賞2019】予想考察

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 レッドアンシェル 3.4倍
2 アウィルアウェイ 4.3倍
3 アレスバローズ 5.2倍
4 ショウナンアンセム 7.6倍
5 セイウンコウセイ 10.2倍

 

1番人気は悲願の重賞制覇を狙うレッドアンシェル

近走は短距離路線に矛先を切り替えると前回の彦根ステークスは初のスプリント戦にシッカリと対応する勝利であり、

5戦連続で馬券圏内に来ている安定感を含め、上位人気は必至。ここは初のタイトル獲得となるか?

 

2番人気は3歳牝馬で軽ハンデの恩恵を受けるアウィルアウェイ

兄に安田記念を制覇したインディチャンプを持つ良血馬であり、停滞した路線でフレッシュな3歳路線からの参戦は魅力的。

そして、気性面からベストはスプリント路線で今回の舞台はまずまずの条件。ここはスムーズな競馬なら一発の可能性も…?

 

3番人気は連覇を狙うアレスバローズ

前走の高松宮記念は目に見えるほどの大きな不利を受けて参考外であり、近走の内容を見れば能力は上位の存在。

後は高速馬場がベターなタイプだけに雨の影響を受けたタフな馬場の影響はいかに…?

 

以下は高松宮記念であわやの大激走を見せたショウナンアンセムセイウンコウセイに続く。

 

出走馬分析

・アウィルアウェイ(浜中)

元々は1200mでデビュー戦を迎えたことが示す通り、前向きな気性面から本質は短い距離であり、スプリント戦はベスト条件。

そして、前走の葵ステークスは桜花賞を惨敗した後の距離短縮+相手ダウンにキッチリと反応する形で3着だが、あのメンバーを相手にあの競馬は正直な所でポテンシャルの面で不安が残る状況。

つまり、今回は軽ハンデの51キロながら古馬を相手に即勝ち負けまで持ち込めるかは微妙。過信をし過ぎるのは禁物だ。

 

・アレスバローズ(川田)

前走の高松宮記念はダノンスマッシュが斜交した不利を受ける大きなアクシデントがあり、1つのミスが命取りとなるスプリント戦では致命的な出来事。あの地点でジエンドというレースで完全に参考外と考えてOK。

そして、近走は冴えない成績が続いている現状だが、2走前のシルクロードステークスは強引なマクリで伸びない内を突いての5着なら負けて強しの競馬で調子は徐々に上向き加減。

さらに今回はGⅠからの相手ダウン戦で多頭数から少頭数替わり。後は基本的には1分6秒台の高速決着がベストだけに週末の雨予報で馬場が悪化する点だけをクリアすればチャンスは十分にある。

 

・ショウナンアンセム(藤岡康)

2走前のオーシャンステークスで久々にスプリント戦で5着に入選すると続く高松宮記念では17番人気の低評価を大きく覆す3着と大波乱を演出した馬だが、

前走の激走理由が未だに明確に分からない所が本音であり、あの走りをそのまま鵜呑みにするのは危険な印象。さらに今回は激走後のストレス疲労に警戒をすべきタイミングで疑うのが定石になるはず。

ただ、近2走の内容はまずまずで意外にもスプリント戦に適性がある可能性はアリ。ここは逃げの抑えで様子を疑うのがベター。

 

・セイウンコウセイ(幸)

昨年の函館スプリントステークスを制覇して以降は3戦連続で2桁着順が続き能力的な衰えを見せ始めたかと思えば前回の高松宮記念は12番人気の人気薄であわやの2着。

コチラもショウナンアンセムと同じく激走をした明確な理由が分からないことは事実であり、あの高速を鵜呑みにするのは危険。

さらにコノ馬に関してはスプリント戦に対する鮮度も無く年齢を考えれば激走後の疲労が出ると考えるのがベター。ここは軽視が妥当になるはず。

 

・ビップライブリー(和田)

2走前のシルクロードステークスと3走前の淀短距離ステークスは外から差し込む馬が優勢の中で内枠から内目を追走する競馬とチグハグな形だが、

前走の春雷ステークスは松岡騎手に乗り替わると積極的な先行策から鮮やかに抜け出す優勝と約1年半振りに勝利を収めた。

そして、近走はムラがあり勝ち切れずにいる状況だが、4歳の秋から5歳の春に残した実績から力さえ出し切れば重賞でも十分に戦える力の持ち主であり、馬場や鞍上がマッチすれば一発の可能性は大。

さらに今回は週末の雨予報で力の要る馬場が濃厚で鞍上には追える和田騎手。ここは激走後の疲労が気になる所とはいえ、リズムと言う点では上々。人気次第では積極的に狙いたい。

 

・レッドアンシェル(福永)

前走の彦根ステークスは初めてスプリント戦に距離を短縮すると直線では後続を突き放し結果的には0秒4差を付けての大楽勝と強い内容であり、高い適性を示したと考えてOK。

つまり、この停滞したスプリント戦線のメンバー構成の中では距離に対する高い鮮度と格上げ戦を考慮すれば今回は紛れもなく大注目の1頭。ここは人気になることが濃厚ながら無難に評価が必要となるだろう。

 

【CBC賞2019予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

前走は積極的な先行策を取ると鮮やかに抜け出す完勝。元々は重賞のひとつぐらいは…とイメージしていた馬が徐々に復調気配にあると考えてOK。

そして、今回は雨の影響を受けたタフな馬場が濃厚でコノ馬には追い風。後は追える鞍上を背に積極的な競馬で一発の可能性も…?

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

< 第55回 CBC賞(G3)>

今年も密かに一発を狙う
『伏兵の存在』を既にキャッチ

「CBC賞はこの5頭!」
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマーシリーズの第2戦となるCBC賞は去年が16万馬券、一昨年が41万馬券、その前年が13万馬券決着で、過去10年で10万馬券以上になったのが6回と波乱が前提となっているレース。開幕週のハンデ重賞という条件に加えて、サマーシリーズや秋のスプリンターズSなどを見据えて使う陣営の思惑が複雑に絡むゆえ、世間一般レベルの情報力では“難解”となってしまうのだ。

しかも、北海道シリーズが開幕したことで、新聞各紙の記者が地方へと分散する。通常から人手が足りていない現状で、そのまま人が分散するのだから、全ての場所で取材不足が加速するのは言うまでもない。まして、今の競馬界はマスコミの取材が及ばない“外厩仕上げ”も日常的で、その情報をアテにする一般ファンが、陣営の“本当の思惑”を知ることなど、ホボ不可能といっていい。だから、印はスッコ抜けだが、実は「ココが勝負」の人気薄が台頭することが毎年のように起こるわけなのだ。

こういった世間が“難解”と捉えるレースこそ、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師など競馬界の大物OBが情報ルートとして在籍し、“本物の関係者情報”を入手することができるシンクタンクの情報力がより生きることになる。

実は、今年も密かに一発を狙う『伏兵の存在』を既にキャッチしている。この馬が馬券に絡めば、例年の如く一般ファンでは掴むことができない大波乱決着もあり得るとの話だ。今週は『伏兵の存在』を含めたCBC賞の情報注目馬5選を特別無料公開する。その他にも、ココだけの話が見られる戦略会議もあわせて公開するので、あなたの馬券にぜひともお役立て頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約