りょう店長の競馬予想ブログ

【高松宮記念2020】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)

time 2020/03/27

【高松宮記念2020】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)

本記事は中京競馬場・芝1200mで行われる高松宮記念2020の予想考察に関する内容です。

出走馬はタワーオブロンドン、グランアレグリア、ダノンスマッシュ、モズアスコット、ダイアトニックなどが予定。それではレース展望と出走馬分析(後編)から予想のヒントを探して行きます。

sponsored link

【高松宮記念2020】予想考察(オッズ・出走馬分析)

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 ダノンスマッシュ 2.9倍
2 タワーオブロンドン 3.4倍
3 グランアレグリア 4.8倍
4 ダイアトニック 9.2倍
5 モズアスコット 12.9倍

 

1番人気は悲願のGⅠ制覇に燃えるダノンスマッシュ

昨年は春秋のスプリントGⅠで上位人気の支持を集めるも無念の惜敗。今回はドバイ中止の影響を受けて改めて川田騎手に手綱が戻る点は好材料であり、タイトル獲りとなるか?

 

2番人気は真のスプリント王者を目指してタワーオブロンドン

昨年は矛先をスプリント路線に向けると堅実な成績でスプリンターズステークスを完勝。今回は福永騎手との新コンビでGⅠ、2勝目となるか?

 

3番人気は藤沢厩舎が送り出す2頭目のグランアレグリア

前回の阪神カップのパフォーマンスは驚愕の内容であり、未知の可能性を大いに秘めた存在。後は高速馬場がベターだけにタフな道悪馬場の時に一抹の不安はありそうだが…?

 

後はスプリント路線で素質開花を狙うダイアトニックにフェブラリーステークスを制覇したモズアスコットなどに続く。

 

出走馬分析(後編)

・タワーオブロンドン(福永)

昨年から徐々に距離をシフトチェンジしてスプリント路線に矛先を向けて来た同馬だが、秋にはスプリンターズステークスを制覇するなど見事に同路線のトップに君臨をした。

そして、前走のオーシャンステークスは58キロの斤量に加えて休み明けのローテーションで叩き台と考えれば2番人気3着はストレス疲労を残さない最適な負け方であり、ココに向けては視界良好。

後は基本的には高速馬場がベストである馬だけに週末の雨予報は少々気になる所だが、それだけで安易に評価を下げない様には心掛けたい。

 

・ダイアトニック(北村友)

前走の阪急杯は近走とは異なる形の先行策から直線では少々斜坑をする場面が見られるものの2着に入選(事実上は3着降着)と前哨戦としては好内容で1番人気で軽く負けた点を考慮すれば悪くない形。

そして、今回は初めて距離を短縮してのスプリント戦だが、スタートから出負けせずスムーズな追走が出来ればチャンスはあるはず。少々使い詰めの面に目を瞑れば一発の可能性は大いにあるはずだ。

 

・ダノンスマッシュ(川田)

昨年は高松宮記念とスプリンターズステークスの両スプリントGⅠで1番人気の支持を集めるも4着、3着と勝ち切れない善戦の結果。それでも今のスプリント路線では高いレベルで安定をした力の持ち主であり、スムーズに力さえ出し切れば馬券圏内に入選をする可能性は大。

後は個人的に疑問視している左回り+坂コース。前回のオーシャンステークスで坂に対しての懸念は少々和らいだ印象だが、左回りコースに関しては露骨にパフォーマンスを落としている点は気になる所だ。

 

・ナックビーナス(田辺)

7歳の牝馬とは思えない安定感のある成績で高いパフォーマンスを維持している同馬だが、前回のオーシャンステークスの内容を見る限りは一線級のスプリンターとは少々差がある印象。

ココは堅実さは評価しつつもGⅠに入るとやや荷が重い点は否めず。馬券的には抑えの評価が無難である。

 

・ノームコア(横山典)

昨年は超高速馬場で行われたヴィクトリアマイルを制覇するなどハービンジャー産駒らしからぬ摩擦の少ない条件を得意とする馬であり、休み明け成績の(2-0-1-0)が示す通りにフレッシュな状態は歓迎材料。

そして、前回の香港マイルは休み明けの富士ステークスを完勝した後の間隔を詰めたローテーションが原因で参考外。今回は初のスプリント戦にさえ適応すればタイミングとしては巻き返す可能性は大。後はこの条件なら高速馬場よりも少し時計の掛かる馬場の方が追走の面では良さそうな印象だ。

 

・モズアスコット(デムーロ)

今年はダート路線に矛先を向けると根岸ステークス⇒フェブラリーステークスの連勝で一気にダート街道で名を轟かせた存在だが、元々は母父ヘネシーの血統背景が示す通りのダート血統でポテンシャルだけで好走をしていた芝よりも適性があったと考える方がベター。決して鮮度とショックだけで好走をしていた訳ではないはず。

そして、実際に近走の芝成績は正直な所で不甲斐ない内容であり、低レベルなスワンステークスの2着を除くと惜敗続きの現状。今回はダートから芝戻り+距離短縮のショックがあるとはいえ、苦しい戦いになるはずだ。

 

・モズスーパーフレア(松若)

基本的には間隔を詰めるとダメな馬でフレッシュな休み明けがベター。昨年はオーシャンステークスからの臨戦でボロ負けした経緯があるだけに今年は少しゆとりのあるシルクロードステークスから参戦する点は好材料。

そして、前走のシルクロードステークスは外からの差し馬が上位を独占する中で逃げ粘りの4着はまずまずの内容であり、スムーズに先行が出来ればアッサリと巻き返す可能性は大いにあるはず。ココは昨年のスプリンターSの実績を考慮しても舐められるようなら侮れない。

 

【高松宮記念2020予想考察】のまとめ

最後に現段階の穴馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

スプリントの名門厩舎である安田厩舎の馬であり、同厩舎は人気薄を狙えの格言を思い返せばダノンスマッシュよりもコチラ?内目の枠からソツのない立ち回りが出来ればチャンスはあるはずだ。

 

りょう店長の競馬新聞のお知らせ

りょう店長の競馬新聞では週末に役立つ競馬情報を配信中。そして、今週は日曜日に行われる高松宮記念の予想を公開予定!メールアドレスひとつで簡単に登録が可能。皆様の購読を心からお待ちしております!^^

▷ りょう店長の競馬新聞(無料)

ちなみに上記の無料メルマガでは書ききれないその他のレースを含めたフル予想はりょう店長の競馬新聞(完全版)にて配信中。主なコンテンツ内容としては…

・重賞レース予想
・厳選レース予想
・その他の狙い馬!(単複予想)

を毎週末に絶賛配信中。コチラは競馬×有料という胡散臭さが漂うコンテンツですが、りょう店長の競馬に対する知識を余すことなくフルでお届けしている自信のメールマガジン。ちなみに先週の主な的中は下記の通り。

【川西特別】
1着:◎コンカラー(1番人気)
2着:◯ウインフォルティス(5番人気)
3着:△シャンパンクーペ(10番人気)

三連複(◎◯△):10940円

上記の馬券が示す通りひとレースの購入金額も常識の範囲内であり、目指すは単勝のクリーンヒットや三連複の万馬券というローリスクハイリターン。1日の馬券予算は概ね1万円以内(勝負レース時は例外)を心掛けているスタイルでお小遣い制のサラリーマンのお父様の相性は抜群だと自負しています。

そして、個人的には月単位の購読になるりょう店長の競馬新聞(完全版)をオススメさせて頂きたいですが、最初から1ヵ月も…という方に向けて日売りのnote販売も実施中。コチラは若干の割高価格で設定をしているとはいえ、有料コンテンツの入門編としては手の出しやすいツール。お手軽にお試し頂ければと思います。

▷ りょう店長の競馬予想ノート

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)

きっと今まで以上に週末の競馬が楽しくなり予想に対するプロセスが変化してくるはず。ぜひ、今週からりょう店長と共に競馬ライフを楽しみましょう!\(^o^)/

 


 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約