りょう店長の競馬予想ブログ

【阪急杯2020】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2020/02/28

【阪急杯2020】予想考察|オッズと出走馬分析

本記事は【阪急杯2020】予想考察|オッズと出走馬分析に関する内容です。

阪神競馬場・芝1400mで行われる阪急杯は冬の阪神開催のオープニングを告げる名物重賞であり、高松宮記念の前哨戦として立ち位置にある重要な1戦。

そして、今年はスワンステークスの勝ち馬であるダイアトニックを含め、同条件で抜群の相性を誇るフィアーノロマーノにGⅠホースのステルヴィオなどマイルでも実績を残している実力馬が集結。

さらに中距離から短距離と適性の範囲が広いマイスタイルに気難しさはあるモノのハマれば侮れないクリノガウディーなど骨っぽい馬が出走を予定。オッズとしては混戦模様で10倍を切る馬が多数いる様なイメージ?馬券的にはやや難解となりそうだ。

それでは前回の記事に引き続き阪急杯の予想考察。今回は各馬をシッカリと分析して狙える馬を探して行きましょう!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

ではでは、本題の前に触れて少しは触れておく必要のあるコロナウイルスについて…。

昨今の日本情勢を受けてJRAは今週からの中央競馬を無観客競馬で行う事を発表。これは何とも致し方ないことですが、引退ジョッキー&調教師のラスト週であることは非常に残念。

もちろん、その大前提としては競馬が無事に開催される喜びがあるとはいえ、最後の最後の無観客は少々味気ないしココまで応援して来たファンの方を思うと心苦しいですよね、、、(汗)

ただ、上記でも書いた通りこのような状況化の中でいつも通りに競馬があることは不幸中の幸い。無観客でも今はネットで馬券を買える時代ですから、いつも通りに週末の競馬を楽しみたいですね。

それでは一刻も早く競馬場に歓声が戻ってくる日を祈って待ち続けたいと思います!(>_<)

sponsored link

【阪急杯2020】予想考察(オッズ・出走馬分析)

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 ダイアトニック 2.9倍
2 フィアーノロマーノ 3.9倍
3 ステルヴィオ 5.3倍
4 マイスタイル 6.4倍
5 クリノガウディー 8.9倍

 

1番人気はスプリント路線にシフトチェンジをしつつあるダイアトニック

昨年はスワンステークスを制覇して今年は京都金杯で2着を確保。重賞では秘めた力は上位クラスでスムーズに力さえ出し切れば順当に結果を残して来るはず…?

 

2番人気は舞台巧者のフィアーノロマーノ

昨年の阪神カップでは2着に来るなど同条件は抜群の相性。今回は悲願の重賞制覇に向けて視界良好…?

 

3番人気はGⅠホースのステルヴィオ

昨年の安田記念以降の休み明けとなるローテーションは気になる所だが、秘めたポテンシャルはメンバー最上位で力さえ出し切ればアッサリの可能性も大。ここは評価の取捨選択が悩ましい存在だとなりそうだ。

 

出走馬分析

・クリノガウディー(森裕)

前走の東京新聞杯は外目の枠から気付けば4番手位のインを確保した横山典騎手のミラクル騎乗だが、逆に現状の力を全て出し切って3着と捉えることは可能。

それでも気性面を考慮すれば距離短縮の方が無難で距離も1400mなら対応は可能。後は前回でやや激走をしたストレスと疲労が出なければチャンスはあるはず。

 

・ステルヴィオ(丸山)

2年前のマイルチャンピオンシップの勝ち馬で昨年は中山記念で3着に来るなど牡馬の中距離路線で高いレベルの活躍を披露している同馬。そして、今回は今後の路線をスプリントに切り替えるべく距離を短縮しての初1400mだが、流れにさえ乗れれば対応は可能。

後は安田記念以降となる半年の休み明けのブランクが無ければ単純なポテンシャルは上位。内目の枠からスムーズに立ち回る形なら警戒は必要だ

 

・ダイアトニック(北村友)

前走の京都金杯は内目の枠からロスなく立ち回ると直線ではバラけたインから差し込む鞍上の好騎乗で2着を確保する結果だが、ストレス疲労でガタっと崩れた2走前のマイルチャンピオンシップを除くと近走の成績は安定で力を付けて来ている1頭。

そして、今回は距離短縮で最も実績のある1400mに舞台が替わる点は歓迎材料。後は極端に後方過ぎるポジショニングにならなければ馬券圏内には届くはずだ。

 

・フィアーノロマーノ(川田)

前走の阪神カップでは2着に好走をするなど2年前のファイナルレースと含めて同条件はこう相性の舞台だが、いずれも12月最終という荒れ馬場の芝でオセアニア血統でパワー型の同馬の力が存分に発揮されたと考えるのが定石。

つまり、今回は同条件ながら3月の開幕週の阪神開催。単純な力でまとめられる可能性は大いにあるとはいえ、少なくとも馬場のアシストはないということはアタマに入れておきたい。

 

・マイスタイル(田中勝)

買い時と消し時が明確に分かりやすい馬で前回の阪神カップはマイルチャンピオンシップを激走したストレス疲労が出るタイミングでの惨敗でノーカウント。今回は凡走後のローテーションで巻き返しが濃厚。地味ながら近走は力を付けているイメージで内目の枠を引けば不動の本命候補。

 

【阪急杯2020予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

前回の敗因は明確で今回は巻き返しが濃厚のパターン。内目の枠を引けば鉄板級と見ています。

 

りょう店長の競馬新聞のお知らせ

りょう店長の競馬新聞では週末に役立つ競馬情報を配信中。そして、今週は日曜日に行われる中山記念の予想を公開予定!メールアドレスひとつで簡単に登録が可能。皆様の購読を心からお待ちしております!^^

▷ りょう店長の競馬新聞(無料)

ちなみに上記の無料メルマガでは書ききれないその他のレースを含めたフル予想はりょう店長の競馬新聞(完全版)にて配信中。主なコンテンツ内容としては…

・重賞レース予想
・厳選レース予想
・その他の狙い馬!
・りょう店長の複コロ!

を毎週末に絶賛配信中。コチラは競馬×有料という胡散臭さが漂うコンテンツですが、りょう店長の競馬に対する知識を余すことなくフルでお届けしている自信のメールマガジン。ちなみに最近or先週の主な的中は下記の通り。

【】

【】

【】

上記の馬券が示す通りひとレースの購入金額も常識の範囲内であり、目指すは単勝のクリーンヒットや三連複の万馬券というローリスクハイリターン。1日の馬券予算は概ね1万円以内(勝負レース時は例外)を心掛けているスタイルでお小遣い制のサラリーマンのお父様の相性は抜群だと自負しています。

そして、個人的には月単位の購読になるりょう店長の競馬新聞(完全版)をオススメさせて頂きたいですが、最初から1ヵ月も…という方に向けて日売りのnote販売も実施中。コチラは若干の割高価格で設定をしているとはいえ、有料コンテンツの入門編としては手の出しやすいツール。お手軽にお試し頂ければと思います。

▷ りょう店長の競馬予想ノート

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)

きっと今まで以上に週末の競馬が楽しくなり予想に対するプロセスが変化してくるはず。ぜひ、今週からりょう店長と共に競馬ライフを楽しみましょう!\(^o^)/

 


 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約