りょう店長の競馬予想ブログ

【阪急杯2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2019/02/19

今回は【阪急杯2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

阪神競馬場・芝1400mで行われる阪急杯は高松宮記念に向けた前哨戦であり、その他の短距離路線に向けても注目の1戦。

実際に昨年は2着のモズアスコットが後の安田記念を制覇していますが、過去にはコパノチャーリーミッキーアイルなどもコチラをステップにGⅠの舞台で活躍を披露。

つまり、今年のスプリントからマイル路線を予想する意味でも要チェックとなりそうですね!

ちなみにまずは目の前の高松宮記念に向けてですが、今回は同じく前哨戦を制覇したダノンスマッシュが強敵。恐らく打倒・コノ馬になることが濃厚ですが、

この阪急杯から同馬を脅かす様な馬は出てくるのか?本音を言うとメンバー的に低レベルな感は否めませんが、果たして…?(苦笑)

それでは過去の傾向とデータを分析して狙える馬を探して行きましょう!\(^o^)/

 

まずは本題の前に余談ですが…

先週は土・日・月と関東の方に遠征してきました!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

たまたま土曜日に東京に行く用事があり、そのついでと言うことで日曜日(フェブラリーステークス)と月曜日(観光)で滞在。

個人的にも久々の連泊での遠出で非常に有意義な時間になりました。(さすがに色々とハードで疲れましたが…苦笑)

そして、今週はその遠征ネタをちょこちょこと小出しで冒頭部分でお話しする予定です。ぜひ、適当に流す程度にお付き合い頂ければ幸いです!m(__)m

ちなみに日曜日のフェブラリーステークスは例年人が少ないことで有名なGⅠですが、今年は「ナナコ効果」で朝から大賑わい。

先々週の京都記念の時とは全く違う場内の盛り上がりで見ていても声援が大きいと高揚感があり楽しい!

そして、フェブラリーS!個人的には◎サンライズソアが垂れて行くのを横目にコパを見ていましたが、菜七子ちゃんが追い込んで来た時が盛り上がりの最高潮でしたね。

詳細は重賞回顧で配信する予定ですが、コパノキッキング×藤田菜七子騎手はGⅠ初騎乗とは思えない落ち着いた手綱捌き。これはシンプルに凄いことです。

今回は初の女性騎手のGⅠ騎乗ということで世間的な注目を集めていましたが、普通のいちジョッキーとしても最近の成長は目を見張るモノ。今後も活躍に期待ですね!(^^ゞ

sponsored link

【阪急杯2019】予想考察

過去の傾向・データ分析

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2018】
1着:⑬ダイアナヘイロー(阪神C:1着)
2着:⑰モズアスコット(阪神C:4着)
3着:⑥レッドファルクス(マイルSC:3着)

【2017】
1着:②トーキングドラム(洛陽S:4着)
2着:④ヒルノデイバロー(シルクロードS:4着)
3着:⑫ナガラオリオン(大和S:5着)

【2016】
1着:⑬ミッキーアイル(香港スプ:7着)
2着:⑪オメガヴェンデッタ(京都金杯:12着)
3着:③ブラヴィッシモ(タンザナイトS:5着)

【2015】
1着:⑬ダイワマッジョーレ(阪神C:3着)
2着:⑤ミッキーアイル(阪神C:2着)
3着:⑥ローブティサージュ(京成杯:14着)

【2014】
1着:①コパノリチャード(阪神C:10着)
2着:⑥サンカルロ(阪神C:4着)
3着:⑦レッドオーヴァル(マイルSC:8着)

 

<レース展望>

近年は低レベル問題が指摘されていたスプリント界ですが、昨年は突如に力を付けたファインニードルが春秋のスプリントGⅠを制覇。

そして、暮れに開催された香港スプリントの内容から2019年も引き続きコノ馬が中心のスプリント路線になると誰もが考えた矢先の電撃種牡馬入り。

正直な所でまだまだ稼ぎしろは十分にあり、今のスプリント界なら今年も安堵であることが濃厚でしたが、この引退により再びスプリント路線は大混戦ムードに一変?かと思えば…

今度は新たに京阪杯とシルクロードステークスを連勝したダノンスマッシュが登場。コチラは短距離と言えばの安田厩舎で近2走の内容から一躍、高松宮記念の最有力候補に浮上。

つまり、今回の阪急杯は打倒・ダノンスマッシュに向けて名乗りを上げる馬はいるのか?この点が最大のポイントになりそうですね!\(^o^)/

ちなみにフレッシュな顔ぶれを見るとミスターメロディー(阪神カップ2着)・エントシャイデン(3連勝中)ぐらいしか見当たらないメンバー構成であり、

その他はお馴染みとも言える高齢馬のおじさんランナー。お世辞にもレベルの高い前哨戦とは言い難いですが、本番を予想する意味でも注目は必要ですね。

 

<重賞実績が重要!>

過去10年で3着以内に入選した馬は過去に1400mのGⅡ・GⅢで4着以内に入選経験があり、該当馬の複勝率は32.2%を超える優秀な成績。

つまり、阪急杯は過去に重賞で好走した実績などを含めた「格」が問われるレースであり、一見して次走のGⅠに向けた叩き台?と思うような馬の好走には警戒が必要ですが、

今年はメンバー的にフレッシュな格持ちの馬が少ないイメージ。さすがに明らかに衰えている馬を上記の理由だけで狙うのはセオリー違反な気がするだけに取捨が難しそうですね。

 

<前走の人気に注目?>

近年の阪急杯は「前走(国内)で単勝人気が5番人気以内の馬」が好成績ですが、過去4年の3着以内の馬の12頭中10頭が該当。実際にその内訳を見ると…

5番人気以内:(3-3-4-15)
6番人気以下:(0-1-0-37)

これを分析すると前走で人気を集めていた実績のある馬 or 人気に支持されて凡走したストレス疲労の無い馬が好走していると推測可能ですが、

今年に関しても上記のデータに関してはフルに活用できそうな予感。今回は前走の単勝オッズには要警戒が必要ですね!\(^o^)/

 

【阪急杯2019予想考察】のまとめ

最後に阪急杯現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

コノ馬に関しては今回の考察で書いた「前走で5番人気以内の馬」「1400mの重賞で4着以内の実績」の共に該当して傾向に狙う価値のある馬。

そして、前回は人気を裏切る惨敗とは言え、2走前の阪神カップを激走したストレス疲労が全面的に出た形で参考外であり、凡走後の今回は巻き返しの期待値はアップ。

さらに実際に近走の内容からこのメンバーなら十分に通用する公算は大。ここは内目の枠を引けば巻き返しの可能性が高いと見ていますが、果たして…。

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第63回 阪急杯(G3)>

【万馬券ハンターの馬券指南】
3種勝負馬券を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万馬券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、万馬券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、『人気に左右されず馬の良し悪しを見分けること』です。

例えば、新聞紙にこれでもかというほど重い印が打たれていたり、単勝1倍台だったりすると、ついつい買ってしまいたくなるでしょう。

あるいは二桁人気だったり、単勝100倍を超えていたりというだけで消してしまったこともあるのではないでしょうか。

これこそが万馬券を効率的に狙う上では罠なのです。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】は、凄腕の万馬券ハンターと提携することで、人気に左右されず“情報力”だけで勝負しています。

▼最近も万馬券ハンターが驚きの的中率を達成!▼

こんな的中お届けしてます!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『阪急杯(G3)』を始めとして、「どんなに悪くても5割は下らない的中率」と言われる“的中請負人”の勝負買い目を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目・見解はレース当日に【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

━━━━━━━━━━━━━━━

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約