りょう店長の競馬予想ブログ

【金鯱賞2018】予想オッズ2番人気のサトノダイヤモンドを徹底分析!

time 2018/03/09

今回は金鯱賞2018|予想オッズ2番人気のサトノダイヤモンドを徹底分析!についての記事です。

昨年の凱旋門賞からの休み明けになるサトノダイヤモンドですが、

今回はスワーヴリチャードに人気を譲り国内では日本ダービー以来の2番人気になりそう。

各メディアでは〝調教の不安〟などを含め色々と不安な要素が書かれていますが、

果たして実際はどうなのか…?

競馬ファンの中でも取捨選択の考えが分かれそうですが、

色々な角度から〝サトノダイヤモンド〟を分析して取り扱い方を考えて行きましょう!(^o^)/

sponsored link

【金鯱賞2018】予想考察

元々はデビューから注目されていた馬であり、

3歳時は菊花賞・有馬記念を制覇するなど日本の中でトップクラスの実力の持ち主。

実際に国内では3着以内を外した事のない安定感があり普通に考えれば1番人気でもおかしくないような馬だが、

昨年秋のフランス遠征(フォア賞・凱旋門賞)の大敗で手のひらを返したように今回は人気を落としそうだが、

・普通に危険な人気馬と考える人…

・このオッズで買えると逆に狙う人…

意見が分かれそうな所ではありますが、

個人的な見解はこの後の分析にてジックリと書きます!(^o^)/

ちなみに今回もサトノダイヤモンドに関するアンケートを作成したのでご協力お願いします!

 

<サトノダイヤモンドを徹底分析>

まずはサトノダイヤモンドの成績をご覧ください…

デビュー戦はたまたま現地観戦していて雨の中でパドックを見ていましたが、

1頭だけ古馬の風格がある様な落ち着きでサトノの馬らしい品のある馬と感じたのが第一印象。

3戦目のきさらぎ賞も現地で見ていて明らかに他の馬とは違うオーラ的がヒシヒシと伝わってきました。

その時に2016年のダービー馬はサトノダイヤモンドが勝つと確信を持ったのですが、

マカヒキに敗れて無念の2着…。

やはりダービーを勝つには実力以上に運の力も重要であると改めて再認識しましたね。

さて、余談はこの辺りにして本題の分析の方へ行きましょう!(^o^)/

 

今回はサトノダイヤモンドの適性云々を語るのではなく、

少し違う視点で取り扱い方を考えて行きます!

正直な所で今更サトノダイヤモンドの特徴を分析して今回の条件が向ている、向かないを考えても意味はないかと…。

これだけの実績があるスターホースですから問題はそこではないはず。

・自分の力を出せるのか?

・出せないのか?

この2点に尽きます。

まずはその辺りを含めながらディープ産駒の傾向を分析して行きます!(^^♪

 

まず、基本的にディープインパクト産駒は〝優等生タイプのお坊ちゃま〟が多く1回でも惨敗をしてリズムを崩すと立て直すのに時間を要する傾向があります。

例えやすく言うなら「上流家庭で可愛がられて育てられた子が一度の挫折から立ち直れなくなる」的な。笑

実際にこれまで芝・重賞を勝利したディープ産駒は152頭いますが、

その中で前走着順別の結果を見ると…

このデータを見ても分かる通り「前走着順が良い順に好成績」です。

特に前走・1着の馬が圧倒的な成績であり、

自分の予想根拠に頻繁に登場する〝勢いのあるディープ産駒〟と言うフレーズが間違っていないと裏付け数字ですね。

この辺りは深く掘り下げると面白いのですが、

話が大きく脱線しそうなので時間がある時にでもまた…。

 

さて、今回のサトノダイヤモンドは「前走14着」でありデータで見ると1番下に該当します。

数字を見る限り前走・10着以下から巻き返した馬も8頭は存在しますが、

ちなみにその馬はコチラ…

まず全てに共通することが「全馬・中5週以上を開けている」です。

前走でボロ負けした精神的な不安を取り除くには〝十分に間隔を開けてリフレッシュさせること〟が非常に重要。

その点で考えると今回のサトノダイヤモンドは凱旋門賞を惨敗した後から5ヵ月半の期間を開けての出走であり、

十分な間隔を取りフレッシュな状態で走らせるという点では好走条件をクリア。

状態面を抜きにして臨戦過程だけを見るのであれば十分に狙えると見ています!

調教に関しては全く見ない部分があり何とも言えないですが、

逆にこれだけメディア等で不安がささやかれて人気を落とすのであれば〝逆に狙い目…?〟と考えるのも悪い選択のではなさそう。

個人的には日本競馬界のスターとして頑張って欲しい所ですが、果たして…。

 

今回のまとめ

本記事ではサトノダイヤモンドについて徹底分析しましたが、

その他の馬&スワーヴリチャードに関しては下記の記事にアップしています。

【金鯱賞2018】予想考察|オッズと出走馬分析

【金鯱賞2018】予想オッズ1番人気スワーヴリチャードを徹底分析!

予想の際はご参考にして頂けると幸いです!m(__)m

 

最後にブログランキングでは金鯱賞の本命候補の馬・オススメの穴馬を公開中!

気になる方はリンク先、りょう店長の競馬ブログの紹介文からご確認ください(^-^)

 

<りょう店長の競馬新聞のご案内>

コチラではブログで書ききれない平場・特別レースの予想&馬券の買い目を配信中!

ご興味のある方は下記より購読登録をお願い致しますm(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<< 第54回 金鯱賞(G2)>>

先着100名様限定!

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年は施行条件や時期が頻繁に変わっているが、常に古馬中距離重賞として重要な意味を持つレースである金鯱賞。

昨年から大阪杯がGIへと昇格したが、金鯱賞勝ち馬のヤマカツエースが3着に好走。ステップレースとしてより注目を集めることになったが、

今年は前年覇者のヤマカツエースだけでなく、サトノダイヤモンドスワーヴリチャードなど、今年の古馬中距離路線を引っ張っていく馬たちの参戦が予定されている。

実力馬が集結するとなれば、馬券的には『堅い決着になるのでは?』と思いがちだが、

ここまでの前哨戦でも、京都記念でレイデオロが、中山記念でペルシアンナイトが、それぞれ敗れているように、本番を見据える一線級の中には「格好だけつけてくれればいい」と語る陣営も多く、前哨戦ならば、つけ入る隙きは十分にあるのだ。

そして、当社シンクタンクには、金鯱賞に出走する”ある有力馬”の大きな死角となるであろう極秘オフレコ情報を入手している。

もちろん、状況は刻一刻と変化するためだけに、現時点で『全くイラナイ』とは断言できないが、衝撃的な出来事が起こり得る可能性があることも確かという話だ。

今回は、シンクタンクを初めてご利用頂く会員様に限り、特別に金鯱賞の【3連単勝負馬券】や、重賞特捜部が関係者から入手した内部情報を無料公開させて頂く。

是非とも、シンクタンクが関係者から入手した極秘情報を馬券検討の参考にして頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

----------------

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約