りょう店長の競馬予想ブログ

【菊花賞2019 予想】本命:ヴェロックス

time 2019/10/20

本記事では菊花賞2019の予想を公開します。

京都競馬場・芝3000mで行われる菊花賞は牡馬3冠シリーズの最終戦であり、皐月賞馬とダービー馬が不在の今年は最後の1冠を狙いフルゲートの18頭が登場。

ただ、今回は例年と比べるとやや低調なメンバー構成で正直な所でヴェロックスの力が1枚以上抜けているイメージは否めず。現状では他の馬は前回で見せた力よりも1段階パフォーマンスを上げないと厳しい状況ですが、伸びしろのありそうな上り馬が多くいることも事実。

現に春を休養期間に充てたワールドプレミアやルメール騎手に鞍上を強化して参戦するニシノデイジーに阿賀野川特別を大楽勝したホウオウサーベルと未知の可能性を秘めた馬がスタンバイ。さらにはスミヨン騎手で不気味な存在のヒシゲッコウや京都巧者のレッドジェニアルなどを含め、意外な馬の一発がある可能性も…?

つまり、今年の菊花賞はヴェロックスの力が抜けつつもヒモには穴馬が入り込みそうなイメージで意外にも小波乱の結末を迎える可能性は大。ココは本命はシンプル&ベタにアノ馬から入りつつ相手を工夫して良い配当を狙いたい所です!

それでは今の京都スタンドで行われる最後の菊花賞。これまでの思い出を噛み締めつつバシッと当てたいですね!\(^o^)/

 

ちなみに本題の前に余談ですが、土曜日の競馬は絶好調でブログで全体公開をした富士ステークス以外は全て的中と言う最高の結果。実際に配信した内容と成績は下記の通り。

【新潟9R】勝負度D/自信度D

本命:◎カフェプリンス(1着・5番人気)

⇒ 単勝:710円

芝⇒ダート替わりのショックで逃げれば逃げられなかった逃げ馬が使える絶好のタイミング。2走前の内容から1勝クラスなら勝ち上がりは時間の問題であり、スムーズな競馬なら逃げ切り勝ちの可能性は大。

 

【久多特別】勝負度E/自信度E

本命:◎ピエナミント(2着・5番人気)

⇒ 複勝:250円

前走は東京の輸送でマイナス12キロと馬体を大きく減らしたうえに本来とは違う先行策で最後は甘くなる5着なら見直しは可能。今回は間隔を明けてのフレッシュなローテーションでふわっと溜めれる秋山騎手に乗り替わる点はコノ馬には合いそうなイメージ。今回は差す競馬で巻き返しを期待する。
【岩船特別】勝負度C/自信度D

本命:◎サンアップルトン(1着・4番人気)

⇒ 単勝:640円

3走前の水仙賞ではリオンリオンに迫る2着とポテンシャルの証明は十分であり、鞍上が足を引っ張り敗れた近2走に目を瞑れば今回の人気落ちは絶好の条件。ココは鞍上をベテランの善臣騎手に強化してスムーズな競馬なら一変の余地は大いにあるはずだ。

上記の馬券は某YouTubeの企画で購入をした馬券ですが、久々に渋れる大勝負でした…(苦笑)

既に日曜日のプラスがほぼほぼ確定した気楽な状況とはえ、本日も攻める気持ちを忘れずに挑みたいですね。

 

<日曜日のイチオシ!うま>

〝本日のイチオシ!うま〟北陸ステークス(新潟11R)のコノ馬!

▷ 【人気ブログランキング】

元々はダートの準オープン(現3勝クラス)で勝ち負けを演出していた馬であり、一時期のスランプから脱却しつつある今なら巻き返しの可能性は大。さらに芝⇒ダートのショックで鞍上には積極策には定評のある横山武ジョッキー。今回はスムーズな競馬で逃げ粘りが濃厚だ。


 

おはようございます、りょう店長です。

昨日は密かに笠松競馬場に参戦して冒頭でもチラッと触れた通り某YouTubeの撮影をして来ました。その模様はアップされ次第、お伝えをするので今しばらくお待ちください!^^

ちなみに土曜日は新潟5Rに出走をした出資馬のチェアリングソングが見事に1着!遅かれながら今年の初勝利となりましたが、改めて菜七子ちゃんの上手さをまざまざと見せ付けられた騎乗であり、本当にお見事のひとこと。

もちろん馬の頑張りも褒めてあげたい所ですし、人馬共にお疲れ様!次走は順調なら11月10日の福島2歳ステークスになりそう…?適性からも当面は来年のファルコンステークスに向けて順調に駒を進めて欲しい所です。

そして、菊花賞dayの本日は京都2Rにジャストポケットが登場。待望のダート替わりも上手く無いスタートを考慮すれば最内枠はマイナス材料ですが、逆に発馬を決めればチャンスは大。

鞍上には引き続き乗れている坂井騎手ですから、会心の騎乗を期待したいですね。初の2日続けての出資馬の勝利が見たいぞ~!\(^o^)/

それでは冒頭が個人的な話で長くなりましたが、本題の菊花賞の予想に参りましょう!

sponsored link

【菊花賞2019】予想

菊花賞の予想考察は下記のリンク先で公開中!

【菊花賞2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【菊花賞2019】予想考察|オッズと出走馬分析

 

予想と見解

本命:◎ヴェロックス

GⅠの大舞台でベタに1番人気の馬を本命にする事は勇気のいる選択だが、皐月賞を激走した後の日本ダービーで3着に健闘した内容から改めて高いポテンシャルを証明。世代のトップクラスの力を秘めた馬である事に間違いはないはず。

つまり、そんな馬が神戸新聞杯を2番人気2着とストレス疲労の無いローテーションで参戦してくるなら順当に結果を残して来る可能性は大いにあり、アクシデントでも発生しない限りは馬券圏内を外すことはないだろう。

今回は何かに足元を救われれの2・3着はあり得るとは言え、軸としての信頼度は最も高いと判断。牡馬3冠シリーズの最終戦はコノ馬から狙いたい。

 

対抗:◯人気ブログランキング

前哨戦の神戸新聞杯を4番人気で4着ならストレス疲労の残らない良い負け方であり、強気の先行策を打ったことが今回に向けての布石になるはず。

つまり、距離延長ながら差しに回れば逆位置取りショックで同じパターンで京都新聞杯を制覇した内容からあの再現が見られる可能性は大いにあるだろう。ココは外目からジックリと構える競馬で一発を期待する。

 

3番手:▲ホウオウサーベル

昨年のユーキャンスマイルと同じ阿賀野川特別からの参戦であり、ハイペースの展開を中段待機から徐々に押し上げて直線では鋭く伸びて後続に5馬身の差を付けた内容は非常に評価できるモノ。

そして、明らかに近2走は春シーズンとは見違える競馬で奥手なハーツクライ産駒が徐々に完成形に近づいて来たイメージで得意の長丁場で一気にパフォーマンスを上げて来る可能性も…?

さらに鞍上の蛯名騎手も淀の長丁場は大の得意条件。枠がやや外過ぎる点は気掛かりだが、上手く内に入れてロスの名立ち回りが出来ればチャンスは大いにあるはずだ。

 

4番手:☆ニシノデイジー

デビュー戦から勝浦騎手が手綱を取り続けていた馬だが、ホープフルステークス・皐月賞の騎乗に引き続きセントライト記念のダメダメ騎乗でオーナーの堪忍袋の緒が切れてルメール騎手に鞍上がスイッチ。

ネットでは色々な声があるとはいえ、よくココまで我慢したな…というのが正直な所であり、GⅠで戦うのはアノ鞍上では荷が重いことは事実。

そして、今回は気性面に問題を抱えて折り合い難のある馬だけに名手がどの様なエスコートをするか非常に注目だが、ポテンシャルはメンバー上位だけにスムーズに前々で折り合う形なら一発のチャンスは大いにありそう。

ただ、春先は完成度の高さで活躍をしていたことは事実で成長という点では他の馬よりは見劣るはず。そこの力差だけは気になる所だろう。

 

△サダル

デビュー戦の取り消しを除くと4戦して1着3回3着1回という堅実な成績であり、前走のセントライト記念も内枠からスムーズに競馬をしたとはいえ、3番人気で3着ならストレス疲労を残さないまずまずの内容。

そして、インベタでロスのない競馬ながら結果的にはVラインの位置取り(5-6-5-7)と最後に盛り返した精神力は評価できるモノでキャリアの少ない点などから鮮度も高く伸びしろに十分期待が出来る1頭。

さらに今回は絶好枠とも言える1枠1番をゲットして父のトーセンラーと同様に一発のチャンスは大いにあるはずだ。

 

△ワールドプレミア

デビュー前から期待を集めていた注目馬であり、春シーズンはクラシックの出走権を得るも馬の完成度が低く回避して秋に備えることを選択。

そして、休み明け初戦となる前回の神戸新聞杯は上位2頭からは離された3着とはいえ、シッカリと権利を取り菊花賞への出走権利をゲットした訳だが、前走の内容は後方から3着を狙いに行くお世辞にも強いとは言い難い競馬であり、鵜呑みにするのは危険。

さらに馬体重も大きく増えず逆に-2キロで出て来た点も不安材料のひとつで春先と比べてグッと良くなったとは言えないなず。ただ、今回はディープインパクト産駒の初GⅠ著戦の鮮度があるタイミングでストレス疲労の無いローテーション。鞍上が武豊となれ何かを仕掛けて来る不気味さもあり抑えの評価は必要になるはずだ。

 

△ヒシゲッコウ

北海道シリーズで2連勝を飾り満を持して登場する夏の上り馬であり、距離延長の前回を鮮やかに勝利している点から長丁場に対する適性は高くタフな馬場コンディションでも対応は可能。

そして、前走は4角ではやや絶望的な位置取りからジワジワとエンジンを掛けて行くと直線では早い上りを使い鮮やかな差し切り勝ち。さらに道中に折り合いで苦労をするタイプではなく送受性も良さそうなイメージだが、あのエンジンの掛かりの遅さを見ると多頭数のフルゲートはやや不安な材料。

つまり、今回はスミヨン騎手の騎乗と上り馬という点から過剰気味に売れることが濃厚とはいえ、内目でスムーズ差を欠く競馬となれば末脚が不発に終わる可能性は大いにあるだろう。

 

後は△ヴァンゲドミンゴ・△カリボール・△カウディーリョまでを抑えて馬券を組み立てます。

 

印のまとめ

◎ヴェロックス
人気ブログランキング
▲ホウオウサーベル
☆ニシノデイジー
△ザダル
△ワールドプレミア
△カリボール
△ヒシゲッコウ
△ヴァンゲドミンゴ
△カウディーリョ

 

【PR】 りょう店長の競馬新聞(完全版)

りょう店長の競馬新聞(完全版)では当ブログで掲載した菊花賞の予想の他に平場&特別の狙い馬を配信中。

Mの法則をベースに臨戦過程・能力比較・適性判断から勝ち馬を導き出す斬新な予想スタイルに乞うご期待ください!

<重賞予想>
1.菊花賞

<単複予想>
1.東京1R(2歳未勝利・D1600m)
2.京都6R(3歳以上1勝クラス・D1400m)
3.東京7R(3歳以上1勝クラス・D1400m)
4.鷹巣山特別
5.甲斐路ステークス
6.桂川ステークス
7.ブラジルカップ
8.北陸ステークス
9.東京12R(3歳以上2勝クラス)

りょう店長の競馬新聞(完全版)@購読はコチラから

 


 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約