りょう店長の競馬予想ブログ

【福島牝馬ステークス2019】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2019/04/18

今回は【福島牝馬ステークス2019】予想考察|オッズと出走馬分析についての記事です。

福島競馬場・芝1800mで行われる福島牝馬ステークスはヴィクトリアマイルに繋がるステップレースとして争われる1戦ながらですが、出走メンバーの質を含め、

お世辞にも本番に直結するとは言い難いイメージ。ただ、今年は登録段階でフルゲート割れをしている10頭とやや寂しいメンバー構成とはいえ、

各馬の質を見ると昨年よりは明らかにレベルの高い印象であり、悲願の重賞制覇を狙うフローレスマジックを含め、

巻き返しを狙うランドネ、勢いに乗るディープインパクト産駒のダノングレースとコチラの3頭はこのメンバーの中なら正直に「能力上位の存在」です。

つまり、今回は牝馬限定×ローカルの重賞という荒れる先入観を持ち予想を組み立てそうなレースとはいえ、上位人気勢は素直に強いという点はアタマに入れて置きたい所。

変に穴馬に暗み点数を広げ過ぎるのであればシンプルに人気所の3頭を買う方が回収率の点を考えると良いかも…?

それでは土曜日に開催される福島牝馬ステークス。改めて各馬を分析して狙える馬を探して行きましょう!\(^o^)/

 

ちなみに本日の園田競馬場で開催される広峰山特別(JRA交流3歳未勝利)に出資馬のセレーネワルツが出走します。

【広峰山特別2019 予想】出資馬・セレネーワルツが出走!

そして、上記の記事の通り応援の意味を込めて馬券も購入予定。バシッと当てて週末の重賞に繋げたい所です!(^^)/

sponsored link

【福島牝馬ステークス2019】予想考察

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 ランドネ 3.6倍
2 フローレスマジック 4.2倍
3 ダノングレース 5.6倍
4 デンコウアンジュ 7.9倍
5 ウインファビラス 15.4倍

 

1番人気は中山牝馬ステークスからの巻き返しを狙うランドネ

その前回は厳しい展開と向かない馬場の影響で大敗しているが、マイペースで逃げれば意外にも渋い馬であり、

今回は開幕2週目のキレイな馬場で手頃な頭数となればアッサリと巻き返す可能性は大?

 

2番人気は初の重賞制覇を狙うフローレスマジック

近2走(中山牝馬ステークス・ターコイズステークス)は古馬の重賞の壁に直面する厳しい結果だが、

2戦ともに着差は僅かで噛み合えば牝馬限定の重賞なら十分に勝てるだけの力は秘めているはず。果たして、今回で悲願の重賞制覇となるのか?注目です。

 

3番人気は連勝中で初の重賞制覇を狙うダノングレース

蛯名騎手×国枝調教師というお馴染みのコンビの馬だが、元々はデビュー前から期待されていた良血馬がココに来て連勝。

そして、今回は初の重賞制覇を狙う満を持しての参戦となるが、ディープインパクト産駒の傾向を考えると素直に買うべき1頭?

 

後は6歳ながら渋く堅実な走りを続けるデンコウアンジュや前走の中山牝馬Sで意外にも差のない競馬をしているウインファビラスなどに続く。

 

出走馬分析

・ウインファビラス(松岡)

前走の中山牝馬ステークスは9着ながら勝ち馬からは0秒3差の競馬で大混戦の中で差なくゴールした点は評価できる内容だが、

タフな馬場+Hペースで上りの掛かる馬場+大混戦とステイゴールド産駒が高いパフォーマンスを発揮するタイミングであった点は事実。

つまり、その条件から一変して少頭数+軽い馬場に替わる今回はお世辞にも狙えるタイミングとは言い辛く、前回よりもパフォーマンスを下げると考えるのがベター。

ちなみにコノ馬は前回のレース内容から引退を撤回した経緯があり、陣営の本気度は恐らく高いモノ。ここは抑え程度の印でお茶を濁したい。

 

・カワキタエンカ(鮫島駿)

近走は3戦連続で二桁の着順が続いているが、いずれも明確な敗因があり、噛み合えばガラリと一変して馬券に絡む可能性は無きにしも非ず。

そして、特に前走の中山牝馬ステークスは当日の馬場を考えると前半の59秒8(1000mの通過)はハイペース。

さらにこの日の馬場は内が荒れて外が伸びる状況、つまり、展開も馬場も向かない中での大敗と考えてOK。

それでも近走の内容からやや能力的には衰えている印象は否めず、単純にポテンシャルの部分で通用しない可能性があるとはいえ、

今回は久々に楽なマイペースの逃げが打てそうなメンバー構成であり、前回と比べて苦 ⇒ 楽の流れ。ここは穴で警戒をしたい1頭。

 

・ダノングレース(蛯名)

フレッシュな4歳馬で連勝中+格上げ戦+古馬初重賞とディープインパクト産駒がパフォーマンスを上げる絶好のタイミングであり、素直に買うのが吉。

さらに4走前の西郷特別で今回の舞台となる福島・芝1800mの実績もあり、コースに対する適性も不要。ここはベタに買いの評価でOK。

 

・デンコウアンジュ(柴田善)

今年で6歳を迎えるおばさんランナーながら、ここまで極端に能力が衰えた印象はなく常に自分の力は出し切る堅実なタイプ。

そして、実際に近2走(中山牝馬ステークス・ターコイズS)は共に二桁人気の低評価を覆す4着・3着であり、牝馬限定の重賞ならまだまだ戦えることを証明しているが、

今回に関して考えれば激走続きのストレス疲労が出るタイミングであり、この2戦で披露している末脚を同じだけ使えるかは微妙な所。

つまり、人気薄で激走⇒人気薄で激走という流れで来ているココは人気で凡走となる可能性は大。少なくとも馬券的な妙味は薄いとはアタマに入れて置きたい。

 

・フローレスマジック(石橋脩)

前走の中山牝馬ステークスは淀みなく流れる展開を早めにスパートして直線半場では早々と先頭に立つ勇敢な競馬を試みるも最後は脚が鈍り5着だが、

レースの内容としては非常に優秀なモノであり、展開と馬場を含めれば負けて強しの内容で個人的には「オッ!」と驚いた競馬。

つまり、前回の同じパフォーマンスを再現できれば今回のメンバーなら能力は最上位で無様な競馬になることはないはず。

後は気性面に課題のある馬だけにペースが落ち着き過ぎた時に折り合いがどうか?という心配はあるが、その点は2回目の騎乗となる石橋脩騎手。難なく対応してくれるだろう。

 

・ランドネ(戸崎)

コノ馬に関しては単騎で楽な逃げが打てるのか?これが好走のカギを握る大きなポイントであり、現に好走をしている時は全てそのパターンに該当。

つまり、今回は手頃なメンバー構成で単騎の逃げが見込めるメンバー構成となれば好走する可能性は大。

さらに前回の中山牝馬ステークスは楽逃げ後のハイペースと楽⇒苦という状況の中での惨敗だが、今回のシチュエーションは苦⇒楽で巻き返しの期待値が高いパターン。

ちなみに個人的にはお世辞にも高いポテンシャルを秘めた馬というイメージはないが、ここは色々な状況を考えると買わざるを得ない1頭になるだろう。

 

【福島牝馬ステークス2019予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

前走は展開を考えると負けて強しの内容であり、今回のメンバーであれば能力は最上位。

そして、今回は前回と比べて相手関係がグッと落ちる相手ダウン戦。スムーズな競馬が出来れば順当に勝つだろう。ここはコノ馬を中心に組み立てる予定です。

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第50回 マイラーズC>

ダノンプレミアム?モズアスコット?
【情報注目馬5頭】を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

古馬マイル路線の大目標となる安田記念は、古くから中距離路線からの参戦もあり、出走するための賞金ボーダーが上がり、メンバーレベルも高くなることが多い。そのため、前哨戦から有力馬がぶつかることもしばしばで、例年、マイラーズCも本番を占う上で重賞な1戦となる。

今年はモズアスコットにケイアイノーテックといったマイル路線のGI馬だけでなく、長期休養明けの金鯱賞を完勝したダノンプレミアムがマイル路線に矛先を向けることとなり、ココへ出走を予定している。その他にも、インディチャンプ、パクスアメリカーナといった新興勢力の名前も見られ、例年通り注目のレースとなりそうだ。

しかし、前哨戦はあくまで前哨戦に過ぎず、どこが目標でどこを狙いにしているのかは、各陣営毎に思惑は違う。だからと言って、

「本番では勝負にならないのでココがメイチ」

「賞金は足りているから、ココを叩いて次に良くなってくれれば。格好は付けて欲しい」

などと、公に“本音”を語ることはまずない。大衆の目に触れる新聞やネット上で真実を語ったところで、一銭の得にもならないどころか、デメリットにしかならないことは、関係者であれば誰でもわかっているから。世間に出るほとんどの情報は、“建前”に他らない。

だが、関係者が全く“本音”を語らないかと言えば、それは違う。いつも親しくしている人間や、過去にお世話になった先輩、大物馬主関係者など、個人的な付き合いや公にならない筋の関係者には“本音”を語る。こういった裏情報が、すなわち本物の関係者情報であり、大物情報ルートが揃う弊社シンクタンクが聞き出せる情報なのだ。

今週はマイラーズCにフローラS、そして土曜日には福島牝馬Sと3つの重賞が行われる。既にトレセン内外から情報が集まってきているが、そうした情報を、元JRA調教師の平井雄二氏が率いる重賞・メイン特捜部が厳選し、会員の皆様に公開している。今週はこの3重賞の【情報注目馬5頭】を無料公開する。先日も12番人気2着のアマルフィコースト(阪神牝馬S)をズバリと抜擢した情報だ。間違いなく見ておいて損はない。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約