りょう店長の競馬予想ブログ

【皐月賞2020】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)

time 2020/04/17

【皐月賞2020】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)

本記事は中山競馬場・芝2000mで行われる皐月賞2020の予想考察に関する内容です。

出走馬はコントレイル、サリオス、サトノフラッグ、ヴェルトライゼンデなどが予定。それではレース展望と出走馬分析(後編)から予想のヒントを探して行きます。

sponsored link

【皐月賞2020】予想考察(オッズ・出走馬分析)

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 コントレイル 2.8倍
2 サリオス 3.4倍
3 サトノフラッグ 4.2倍
4 ヴェルトライゼンデ 8.4倍
5 マイラプソディ 12.6倍

1番人気は福永騎手と共に皐月賞制覇に燃えるコントレイル

昨年のサートゥルナーリアと同じくホープフルステークスからの直行ローテで態勢としては盤石の状態。ココは無傷の4連勝でクラシックの第一関門を突破となるか…?

 

2番人気は堀厩舎が久々に送り出す大物のサリオス

鞍上のレーン騎手がコロナ対策の意味を込めて2週間前から来日をする程に期待をされている馬で前回の朝日杯フューチュリティ―ステークスのパフォーマンスは驚異的。ココは前回と同じく他を一蹴する結果となるか…?

 

3番人気は弥生賞を制覇したサトノフラッグ

重馬場を苦にせず前哨戦の弥生賞を完勝して挑む同馬だが、今回は新たにルメール騎手との初コンビ。近走の内容から噛み合えば大金星も狙える存在…?

 

後は池江厩舎が送り込むヴェルトライゼンデに武豊騎手×友道厩舎のマイラプソディなどに続く。

 

出走馬分析(後編)

・ダーリントンホール(デムーロ)

ガリレオを父に持つニューアプローチ産駒で北海道シリーズでデビューをして札幌2歳ステークスなどの好走歴を含めタフな馬場に高い適性を示す馬で前回の共同通信杯も東京コースながら稍重の馬場で上り時計を少々要したことが勝因のひとつ。

そして、共同通信杯からのローテーションと言えば数年前のトレンドである臨戦過程でそこを勝利して来た点は評価できるモノだが、今年に限れば低レベルな凡戦で過大評価は禁物。

さらにルメール騎手が騎乗をしない点や激走後のストレス疲労などを考慮すればバッサリと消しの評価で問題はないはずだ。

 

・ビターエンダー(津村)

ヒダカブリーダーズユニオンでオルフェーヴル産駒で皐月賞と言えばエポカドーロと被る馬だが、単純にココまでの臨戦過程&ポテンシャルは大きく異なり期待は禁物。今回は前回の共同通信杯を-10キロで激走をしたストレス疲労を含めて大きく崩れるはずだ。

 

・ブラックホール(石川)

昨年は出世レースと呼ばれる札幌2歳ステークスを制覇するもその後はホープフルステークス(9着)に前走の弥生賞では上位3頭からは完全力の差を見せ付けられた4着とポテンシャル不足の点は否めず。つまり、前回以上に相手が強化される今回は物理的に考えて厳しい戦いを強いられるはずだ。

 

・マイラプソディ(武豊)

キーファーズ×武豊騎手で挑むクラシック挑戦。昨年は衝撃の新馬戦から順当にパフォーマンスを上げて京都2歳ステークスを優勝。デビュー戦と2戦目の野路菊ステークスで見せた非凡な切れ味に3戦目の京都2歳Sで披露した持久力とあらゆる展開に対応できる力の持ち主で秘めたポテンシャルはメンバー最上位。

そして、今回は前回の共同通信杯の惜敗で実力を甘く見られそうな局面だが、少頭数でスローペースの展開を差し損ねただけのパターンでハーツクライ産駒によくありガチなこと。

つまり、負け方は度外視できるモノで1番人気で4着に敗れてストレス疲労が残していない点だけに注目をすればOK。ココは噛み合えば大金星まで大いにあり得ると見て期待をしたい。

 

・ラインベック(岩田康)

アパパネを母に持つ金子オーナーの期待馬だが、ひと言でいうなら現段階の完成度では上位勢に歯も立たないはず。今回は若葉ステークスを1番人気3着後とローテーションとしては悪くない形だが、単純なポインシャルを考慮すれば少々荷が重いだろう。

 

・レクセランス(北村友)

ディープインパクト産駒の初GⅠ挑戦でパフォーマンスを上げるタイミングであり、取りえずの警戒は必要になるだろう。ココは無理に消す必要もなく抑えるのが無難なイメージ。

 

・ヴェルトライゼンデ(池添)

ワールドプレミアにワールドエースを兄弟に持つ期待馬であり、昨年のホープフルステークスはハイレベルなメンバーを相手に2着ならポテンシャルで上位勢に全く立ち向かえない事はないはず。

そして、今回はスプリングステークスを1番人気2着後とストレス疲労を残さない最適な負け方の後で絶好のタイミング。枠は少々外目な気は否めないとは言え、恵みの雨で馬場が悪くなるようなら楽しみな存在だ。

 

【皐月賞2020予想考察】のまとめ

最後に現段階の穴馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

正直な所で前回の負け方はあれ?と思う所があることは事実だが、単純にハーツクライ産駒にありがちなポカ負けと考えれば悲観することはないだろう。昨年の秋に見せた力通りに走れば巻き返しは大いにあるはずだ。

 

りょう店長の競馬新聞のお知らせ

りょう店長の競馬新聞では週末に役立つ競馬情報を配信中。そして、今週は日曜日に行われる皐月賞の予想を公開予定!メールアドレスひとつで簡単に登録が可能。皆様の購読を心からお待ちしております!^^

▷ りょう店長の競馬新聞(無料)

ちなみに上記の無料メルマガでは書ききれないその他のレースを含めたフル予想はりょう店長の競馬新聞(完全版)にて配信中。主なコンテンツ内容としては…

・重賞レース予想
・厳選レース予想
・その他の狙い馬!
・りょう店長の複コロ!

を毎週末に絶賛配信中。コチラは競馬×有料という胡散臭さが漂うコンテンツですが、りょう店長の競馬に対する知識を余すことなくフルでお届けしている自信のメールマガジン。ちなみに先週の主な的中は下記の通り。

重賞・厳選レース予想

【桜花賞】
1着:◎デアリングタクト(2番人気)
2着:△レシステンシア(1番人気)
3着:・スマイルカナ(9番人気)

単勝(◎):420円

 

【ニュージーランドT】
1着:☆ルフトシュローム(2番人気)
2着:△シーズンズギフト(5番人気)
3着:◎ウイングレイテスト(7番人気)

三連複(☆△◎):8800円

上記の馬券が示す通りひとレースの購入金額も常識の範囲内であり、目指すは単勝のクリーンヒットや三連複の万馬券というローリスクハイリターン。1日の馬券予算は概ね1万円以内(勝負レース時は例外)を心掛けているスタイルでお小遣い制のサラリーマンのお父様の相性は抜群だと自負しています。

そして、個人的には月単位の購読になるりょう店長の競馬新聞(完全版)をオススメさせて頂きたいですが、最初から1ヵ月も…という方に向けて日売りのnote販売も実施中。コチラは若干の割高価格で設定をしているとはいえ、有料コンテンツの入門編としては手の出しやすいツール。お手軽にお試し頂ければと思います。

▷ りょう店長の競馬予想ノート

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)

きっと今まで以上に週末の競馬が楽しくなり予想に対するプロセスが変化してくるはず。ぜひ、今週からりょう店長と共に競馬ライフを楽しみましょう!\(^o^)/

 


 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約