りょう店長の競馬予想ブログ

【皐月賞2019 予想】本命:ニシノデイジー

time 2019/04/14

本記事では皐月賞2019の予想を公開します。

中山競馬場・芝2000mで行われる皐月賞は牡馬クラシック戦線の幕開けを告げる注目の1戦であり、今年の3歳世代の豪華なメンバーが集結した印象。

そして、その中でも人気の中心は異例とも言えるホープフルステークスから前哨戦を経由しない直行ローテで挑むサートゥルナーリアですが、

昨年のアーモンドアイやブラストワンピースを含め、先週の桜花賞を勝利したグランアレグリアと異例のローテーションながらキッチリと結果を残すノーザンファーム。

今回も常識的に考えればやや厳しいイメージもありますが、ここは変に嫌い過ぎず無難に評価する必要がありそうですね!

ちなみに今年の皐月賞は同馬の1強ムードであり、そこに共同通信杯を制覇したダノンキングリーや前年の2歳王者のアドマイヤマーズなどが続く形ですが、

果たして、牡馬クラシックの第1弾を制覇するのはどの馬か?個人的には勝浦騎手に運命を託して楽しみたいと思います!\(^o^)/

 

<日曜日のイチオシ!うま>

〝本日のイチオシ!うま〟阪神12R(4歳上1000万下・D1400m)のコノ馬!

▷ 【人気ブログランキング】

好走と凡走を繰り返す交互質の馬であり、凡走後の今回は巻き返しが濃厚のタイミング。

さらに馬のキャラを含めた近走の成績から内枠より外枠の方がベター。ここは好枠から先行する位置取りショックで巻き返しを期待する。

sponsored link

【皐月賞2019】予想

本題の前にレース展望・過去の傾向・データ分析・出走馬分析など予想のヒントは下記の記事で公開中!

【皐月賞2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【皐月賞2019】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)

【皐月賞2019】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)

最終結論の前にコチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

 

予想と見解

本命:◎ニシノデイジー

昨年は夏に札幌2歳ステークスを勝利して秋には東スポ2歳ステークスを制覇するなど世代屈指の実力の持ち主であり、近2走の大敗でここまで人気を落とすなら絶好の狙い目。

実際に2走前のホープフルステークスは最内枠がアダとなり道中派動きたい所で動けない窮屈な競馬。

さらに前走の弥生賞は当日の雨で異様に外からの差しが決まる状況であり、その中を最内から差し込んでの4着なら決して悲観する内容ではない。

つまり、この2戦はいずれも度返し出来る競馬で参考外。スムーズに力を出せる状況なら一気にパフォーマンスを上げて来る可能性は十分にあるだろう。

今回はやや時計の掛かる馬場に加えて人気所が積極的に競馬をする点で展開面の恩恵もあり、漁夫の利を狙える立ち位置。後は勝浦騎手の意地に期待をしたい。

 

対抗:◯サートゥルナーリア

父に世界のロードカナロア、母に名馬を輩出しているシーザリオを連ねる超良血馬であり、そのネームバリューに負けじとデビューから鮮やかな3連勝。

そして、今回は昨年暮れのホープフルSから前哨戦を使わない異例の直行のローテーションであり、

さらに非情にもこの段階でデビューから珍しく教育騎乗を続けて来たデムーロ騎手からルメール騎手に乗り替わり。(さすがは徹底的に勝利に拘るノーザンファーム、容赦ない…)

まさに近代競馬の結晶とも言える同馬だが、実際に前走のホープフルステークスは圧巻のパフォーマンスであり、相手関係に恵まれたとはいえ、

コノ馬に関しては終始内目で窮屈なチグハグな競馬となり完全に脚を余しスムーズ差を欠く内容。

それでいて最後の直線では一瞬のスキを見付けて抜け出すと一瞬で後続を突き放す完勝は非常に評価できるモノ。

さらに道中の折り合い・切れ味・スタミナと全てを高いレベルで秘めているタイプでどの様な馬場でも対応できそうなイメージであり、今回も外からスムーズならレースが出来れば大崩はないはず。

 

3番手:▲アドマイヤマーズ

ダイワメジャー産駒である点を含め、大物の雰囲気はやや欠けるイメージだが、朝日杯FSの完勝を見る限りは自分の持ち味を活かせば高いパフォーマンス発揮するタイプ。

そして、前走の共同通信杯は自身の売りである持久力を全く活かせないスローペースの逃げであり、最後は案の定で切れるディープインパクト産駒に交わされての2着だが、

本番に向けての前哨戦と考えればストレス疲労を残さない最高の負け方で持ち味を活かせず敗れた点も好印象。

つまり、今回は多頭数のフルゲートに替わり前回と比べて前半からの淀みなくペースが流れる展開で持ち味のスタミナと持久力をフルに活かせるお膳立ては完了。

ここは絶好とも言える最内枠から積極的なレース運びで前走からの巻き返しを期待。そろそろミルコが来る頃だろう…。

 

4番手:☆人気ブログランキング

近2走は低レベルなメンバーを相手に完勝している点で能力に関しては半信半疑な所もあるが、

3走前の向かないコース設定の中で不利を受けながら4着に入選した実績から今回のメンバーの中でも大きく見劣ることはないはず。

そして、実際にこの2連勝は自らの持ち味である持久力を活かすレース運びゆえの高パフォーマンスであり、今回も舞台設定を含めてその点をフルに活かせる可能性は大。

後は単純にガチンコ勝負を挑んでポテンシャルが足りるのか?という所だが、そこはこれまでのパフォーマンスから通用すると判断して狙うことにする。

 

△ファンタジストは前走のスプリングステークスは1番人気2着と前哨戦としては上々の負け方であり、今回は距離延長で先行すれば位置取りショックが掛かる絶好のタイミング。

後はややタフな馬場で持ち味のスピードが削がれそうな点は不安だが、この人気を考えれば十分に来る方の期待値は高いはず。2~3着の割り込みを期待する。

 

△ダノンキングリーは内枠とややタフな馬場はマイナスの要素だが、連勝中のディープインパクト産駒で格上挑戦+初GⅠの鮮度があるタイミングであり、ベタに抑えるのが仏。

 

印のまとめ

◎ニシノデイジー
◯サートゥルナーリア
▲アドマイヤマーズ
人気ブログランキング
△ファンタジスト
△ダノンキングリー

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

 <第79回 皐月賞>

サートゥルナーリア、
ダノンキングリーを脅かす穴馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

サートゥルナーリア、ダノンキングリーは3戦無敗、無傷で皐月賞制覇を狙う。朝日杯FSの覇者アドマイヤーマーズはメンバー唯一の4勝馬。3連勝中のサトノルークス、2連勝中のヴェロックス、重賞2勝のニシノデイジー、デビューから5戦連対パーフェクトのアドマイヤジャスタ、弥生賞の優勝馬メイショウテンゲン、キャリア2戦で弥生賞2着馬シュヴァルツリーゼ、毎日杯の優勝馬ランスオブプラーナ、スプリングSの連対馬エメラルファイト、ファンタジストなどがスタンバイ。

過去10年の人気別の成績では、1人気[2.2.1.5]、2人気[1.3.0.6]、3人気[1.1.2.6]。上位人気は4勝のみと苦戦。平均配当では、単勝1070円、馬連4600円、3連複3万3770円、3連単20万5280円。3連単100万馬券が1度、10万馬券以上が2度出ているように荒れる牡馬クラシック第一弾。

まだ記憶に新しい、あの大波乱となった17年皐月賞は◎ペルシアンナイト(4人気)穴アルアイン(9人気)で馬連8710円ズバリ的中!5連敗中の1人気だが、今年はサートゥルナーリア、ダノンキングリーの無敗馬が人気を集めるが果たして!?実は競馬セブンでは無敗馬2頭を脅かす人気薄激走情報馬の大駆け情報を独占入手!皐月賞の馬券を買う前に必ず午ご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『皐月賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約