りょう店長の競馬予想ブログ

【桜花賞2020】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2020/04/10

【桜花賞2020】予想考察|オッズと出走馬分析

本記事は阪神競馬場・芝1600mで行われる桜花賞2020の予想考察に関する内容です。

出走馬はレシステンシア、サンクテュエール、デアリングタクト、マルターズディオサ、リアアメリアなどが予定。それではオッズと出走馬分析から予想のヒントを探して行きます。

sponsored link

【桜花賞2020】予想考察(オッズ・出走馬分析)

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 レシステンシア 3.2倍
2 サンクテュエール 3.9倍
3 デアリングタクト 4.5倍
4 マルターズディオサ 5.4倍
5 リアアメリア 6.9倍

 

1番人気は快速牝馬のレシステンシア

昨年の暮れに行われた阪神ジュベナイルフィリーズを警戒なラップを踏んで鮮やかな逃げ切り勝ちを納めた同馬だが、今回はデビュー戦以来となる武豊騎手に乗り替わり必勝態勢。

強い逃げ馬に乗れば天下一品のパフォーマンスを引き出してくれるレジェンドを背に逃げ切り勝ちとなるか…?

 

2番人気はルメール騎手×藤沢厩舎で連覇を狙うサンクテュエール

シンザン記念からのローテーションは予定通りで近年ではトレンドとなりつつある異端臨戦。ココは狙い済ました参戦で鞍上を含めるとやや過剰気味に売れそうな印象があり、上位人気の一角となりそうだ。

 

3番人気はエルフィンステークスを目の覚める末脚で完勝したデアリングタクト

ノルマンディーの馬らしからぬ豪快な末脚を秘めた同馬であり、前走で見せたパフォーマンスは改めて驚異的なモノ。今回は初のGⅠで相手強化やフルゲートと克服すべき課題は多々ある事は重々承知ながら、それを差し引いても楽しみが大きい存在である。

 

後はチューリップ賞を完勝しながらも世間的には少々舐められた評価をされそうなマルターズディオサに阪神ジュベナイルフィリーズからの巻き返しを狙うリアアメリアなどに続く。

 

出走馬分析

・ウーマンズハート(藤岡康)

昨年は新潟2歳ステークスを制覇して暮れの阪神ジュベナイルフィリーズでは4着に入選をした実績馬だが、前回のチューリップ賞は休み明けにも関わらず-10キロと状態面に異常がある中で6着に惜敗。

そして、内容としては外から差し損ねる形で少々不満の残るモノだが、展開や馬場等を考慮すれば酌量の余地はあるレースで決して実力の全てではないはず。

つまり今回は状態面さえ万全であれば前走以上のパフォーマンスを披露してくる可能性は大。後はその上で上位勢にどこまで迫れるか。上手く噛み合えば3着ぐらいはあり得るだろう。

 

・クラヴァシュドール(デムーロ)

昨年はサウジラビアカップでサリオスに続く2着に入選、さらに阪神ジュベナイルフィリーズでは超高速馬場で立ち遅れ気味に外々を回るロスの追いレースで3着を確保するなど、高いポテンシャルを秘めた1頭で地味ながら不気味な存在。

そして、前走のチューリップ賞は初コンビとなるデムーロ騎手を背に順当な2番人気2着。本質的にはハーツクライ産駒である点を考慮すれば緩い前哨戦よりは激戦の本番向きで相手アップとなるGⅠ戦は絶好のローテーション。

後は桜花賞よりもオークス向きであるイメージだが、ココは力だけで上位に進出をしてくる可能性は大。軽々をしておきたい1頭だ。

 

・サンクテュエール(ルメール)

ディープインパクト産駒の初GⅠ挑戦で近年ではブームとなりつつあるシンザン記念からの異端臨戦。さらに鞍上がルメール騎手で藤沢厩舎の所属となれば一定の過剰人気が必至の状況だが、安易に軽視は禁物であるはず。

後はややポテンシャルの証明という点で気掛かりな所があるとはいえ、この臨戦過程でこの枠を考慮すれば払拭できるだけのモノはあるだろう。 当日の馬場次第では不気味な存在だ。

 

・デアリングタクト(松山)

ノルマンディーから桜花賞で人気になる馬が出るとは…。コノ馬は出資対象の眼中にも無かったことが非常に悔しいという独り言はさて置き、前走のエルフィンステークスの勝ち方は度肝を抜かれるパフォーマンスであり、大物感を彷彿させる壮大な内容。

実際に追われてからの切れ味は異次元であの時の京都の馬場を考慮すれば34秒の末脚は驚異的。後は初めてのフルゲートで強敵を相手にするメンバー構成など課題は沢山とある状況だが、それを覆すだけの力はあるはず。ココはよほどの事が無い限りは本命で挑むつもりです。

 

・マジックキャッスル(浜中)

ハイレベルなファンタジーステークスの2着馬で前走のクイーンカップも出遅れて大外をブン回すフォーリー騎手のミス騎乗を考慮すれば負けて強しの2着であり、ポテンシャルの証明としては十分。

そして、社台ファーム×ディープインパクト産駒は良質なC系の馬を輩出する傾向にあるが、コノ馬も例に漏れずそれに該当。今回は浜中騎手に鞍上を強化して集中力を活かす競馬が出来れば穴を明ける可能性は大いにあるはずだ。

 

・マルターズディオサ(田辺)

今をときめくキズナ産駒で好走しても人気にならない美味しいタイプのキャラであり、前回のチューリップ賞も4番人気で1着に激走。そして今回はさすがに売れる局面だが、チューリップ賞を激走した馬の好走率はお世辞にも良いとは言い辛くローテーションからは苦戦ムード。ココは人気が予想れるとはいえ、馬券的には抑え程度の軽視がベターであるはず。

 

・ミヤマザクラ(福永)

ディープインパクト産駒の初GⅠ挑戦でパフォーマンスを上げるタイミングだが、母ミスパスカリでパワーや持久力を問われる舞台を得意とする馬のキャラを考慮しても桜花賞の適性からはややズレるイメージ。

そして、実際に札幌の2000mの未勝利戦を大楽勝して前走のクイーンカップはハイペースを先行して押し切る競馬と切れ味勝負になると分が悪い点は否めず。さらに2番人気とは言え0秒0差で激走した点を考慮してもココは抑え程度の評価が無難になるはずだ。

 

・リアアメリア(川田)

前走の阪神ジュベナイルフィリーズは後方から末脚が不発となる6着だが、アルテミスステークスを追い込んで勝利した後のストレス疲労が出たと考えれば度外視できる内容でまともならアレほど負ける馬ではないはず。

つまり、今回はそれ以降の休み明けでフレッシュな状態であれば巻き返せる体制にはあるはず。珍しく直行ローテで挑む中内田厩舎も少々不気味で注目をしておきたい存在である。

 

・レシステンシア(武豊)

昨年の阪神ジュベナイルフィリーズは快足を飛ばし後続に0秒8差を付ける大楽勝と一躍世代のトップに名乗りを挙げた存在だが、あの時は馬場と展開が全てコノ馬に噛み合ったことが好走要因でもあり、着差=実力と見るのは禁物。

ただ、前走のチューリップ賞をスローペースの溜め逃げで3着に敗れたことは本番に向けては絶好の材料。さらに非情にも北村友一騎手から武豊騎手に乗り替わることは強い馬を勝たせると言う点においては大歓迎。ココは主導権を握るレースをされた場合には完勝されるまで頭に入れておきたい。

 

【桜花賞2020予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

例年の桜花賞のセオリーを考えれば外から差せる馬であり、デアリングタクトを本命する予定の人間としては同キャラの馬にも注目をすべきである。

その点を考慮すればコノ馬の末脚は魅力的でフラッシュな休み明けで直行のローテーションは絶好のクチ。ココは上位の印に入れることも考えておきたい所です。

 

りょう店長の競馬新聞のお知らせ

りょう店長の競馬新聞では週末に役立つ競馬情報を配信中。そして、今週は日曜日に行われるアメリカジョッキークラブカップの予想を公開予定!メールアドレスひとつで簡単に登録が可能。皆様の購読を心からお待ちしております!^^

▷ りょう店長の競馬新聞(無料)

ちなみに上記の無料メルマガでは書ききれないその他のレースを含めたフル予想はりょう店長の競馬新聞(完全版)にて配信中。主なコンテンツ内容としては…

・重賞レース予想
・厳選レース予想
・その他の狙い馬!
・りょう店長の複コロ!

を毎週末に絶賛配信中。コチラは競馬×有料という胡散臭さが漂うコンテンツですが、りょう店長の競馬に対する知識を余すことなくフルでお届けしている自信のメールマガジン。ちなみに最近の主な的中は下記の通り。

【大阪杯】
1着:◎ラッキーライラック(2番人気)
2着:☆クロノジェネシス(4番人気)
3着:△ダノンキングリー(1番人気)

単勝(◎):420円
馬連(◎☆):1110円
三連複(◎☆△):1350円
三連単(◎☆△):7810円

上記の馬券は勝負レースということで大きな金額を張っていますが、通常の購入金額は常識の範囲内であり、目指すは単勝のクリーンヒットや三連複の万馬券というローリスクハイリターン。1日の馬券予算は概ね1万円以内(勝負レース時は例外)を心掛けているスタイルでお小遣い制のサラリーマンのお父様の相性は抜群だと自負しています。

そして、個人的には月単位の購読になるりょう店長の競馬新聞(完全版)をオススメさせて頂きたいですが、最初から1ヵ月も…という方に向けて日売りのnote販売も実施中。コチラは若干の割高価格で設定をしているとはいえ、有料コンテンツの入門編としては手の出しやすいツール。お手軽にお試し頂ければと思います。

▷ りょう店長の競馬予想ノート

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)

きっと今まで以上に週末の競馬が楽しくなり予想に対するプロセスが変化してくるはず。ぜひ、今週からりょう店長と共に競馬ライフを楽しみましょう!\(^o^)/

 


 

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約