りょう店長の競馬予想ブログ

【桜花賞2019】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)

time 2019/04/05

今回は【桜花賞2019】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)についての記事です。

阪神競馬場・芝1600mで行われる桜花賞は近年人気サイドで決まる手堅い決着がイメージですが、

今年も正直な所でダノンファンタジー・グランアレグリア・クロノジェネシスの3頭がやや抜けている印象は否めず、ガチガチの決着でレースを終える可能性は無きにしも非ず。

ただ、以前の桜花賞は外からの差しがバンバンと決まるポテンシャル勝負である印象でしたが、近年は内目の馬場も良好で必ずしも外枠が良いとは言えない状況。

実際に先週の大阪杯も道中で上手くインを立ち回った馬の1・2・3着であり、過去のイメージで枠の優劣に関しては無理に内枠<外枠とは考えない方が良さそうですね。

それでは今回も桜花賞の攻略に向けて前回の記事に引き続き出走馬分析の後編。シッカリと分析して狙える馬を探して行きましょう!\(^o^)/

 

ではでは、本題の前に余談の巨人ネタから…

先週から開幕したプロ野球ですが、自分が熱狂的に応援している巨人はあれよあれよの連勝で気付けば単独の首位!

改めてFAで丸を獲得したことが功を奏している印象ですが、吉川~坂本~丸~岡本の上位打線が噛み合うと破壊力は抜群。

そして、ベンチ内の雰囲気を見ても丸がホームランを打てば◯ポーズ、岡本がホームランを打てば敬礼と昨年とはガラリと一変したムードですね。

これはひょっとすると…?と思える今の巨人であり、まだまだ長いペナントレースは何がある分からないとは言え、順調に進めば本当に優勝も見えてくるかも…?

今後も今年は本当に期待が出来る!と色気を持って応援して行きたい所です!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

sponsored link

【桜花賞2019】予想考察

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 ダノンファンタジー 1.8倍
2 グランアレグリア 3.5倍
3 クロノジェネシス 3.9倍
4 ビーチサンバ 7.5倍
5 アクアミラビリス 12.9倍

 

1番人気は王道のローテーションで桜花賞制覇を狙うダノンファンタジー

3歳牝馬クラシックを歩む上では王道と呼ばれる阪神JF⇒チューリップ賞を経ての参戦だが、前回のパフォーマンスから死角らしい死角は見つからない状況。

ここはスムーズに力を出し切れば能力は最上位クラス。頼れる鞍上を込みで大崩の心配はなさそう…?

 

2番人気は異例の朝日杯FSからローテーションで挑むグランアレグリア

前走はルメール騎手の都合もあり、王道の阪神ジュベナイルフィリーズではなく牡馬の朝日杯FSに出走して3着と上々の内容。

今回はそれ以降の休み明けだが、ディープインパクト産駒である点を考慮すれば大きなマイナス材料ではないはず。ここもスムーズに先行すれば大崩までは…。

 

3番人気はクイーンカップを勝利したクロノジェネシス

昨年の暮れの阪神ジュベナイルフィリーズではダノンファンタジーに僅差で敗れた2着だが、あの内容なら立ち回りや展開ひとつで逆転は可能。

そして、ここは2週連続でGⅠ制覇に燃える北村友一騎手の手腕が試されそうな枠でもありますが、果たして…?

 

後は堅実な走りを見せているビーチサンバを含め、デムーロ騎手が騎乗して一発の魅力があるアクアミラビリスなどに続く。

 

出走馬分析

・シゲルピンクダイヤ(和田)

新馬戦をチグハグなVラインの位置取り(3-9)で3着に入りポテンシャルを証明すると続く未勝利戦を楽々の完勝。

そして、前走のチューリップ賞は最後方からの大外一気で2着に入選して見事に桜花賞への優先出走権をゲットしたが、

同レースを激走した馬の本番の成績は非常に悪く数年前のミスパンテールと被るイメージ。

さらに前回は-10キロと馬体を絞り完全に仕上げた中での結果であり、それ以上の上積みとなると微妙な所。ここはローテーション的には買い辛い1頭になりそう。

 

・ダノンファンタジー(川田)

2走前の阪神ジュベナイルフィリーズはココまでの3歳世代の牝馬限定GⅠの中では最もハイレベルなレースであり、その中でキッチリと勝利している点は非常に評価できる内容。

さらに前走のチューリップ賞も乗り難しい最内枠から上手く折り合いを付けると最後の直線では楽々と抜け出し大楽勝。改めて高いポテンシャルを証明した。

そして、王道と言われているチューリップ賞 ⇒ 桜花賞のローテーションだが、近年の成績を見ると前哨戦の同レースを1番人気で1着した馬の複勝率は100%の好成績であり、

上記の臨戦で参戦してくる馬は全て馬券圏内に入選する圧巻の成績。つまり、同馬も折り合いや枠が外過ぎ懸念があるとはいえ、無理に逆らう必要はないだろう。

ここは鞍上の川田騎手がGⅠの大舞台で大きなミスをするとも思えず順当に結果を残して来るはず。断然の1番人気が濃厚だが、中心的な存在には変わりない。

 

・ノーブルスコア(岩田)

デビューから全て馬券圏内に入選している安定した実績の持ち主であり、前走のチューリップ賞ではギリギリ3着に入選して桜花賞への切符を駆け込みでゲットしたが、

シゲルピンクダイアの考察時にも書いた通り、桜花賞は同レースを激走した馬には厳しい成績。さらに-12キロと馬体をシッカリ絞り激走した点を含め、

ここまで桜花賞に駒を進めるためにレースを多く消費して上り目は正直な所で無いに等しいはず。今回はローテーションとポテンシャルから苦戦必至。

 

・ノーワン(坂井)

前走のフィリーズレビューは最内の窮屈な所から強引に前をねじ明けてギリギリの所で勝利を収める結果だが、12番人気で1着と大激走のモノであり、今回はストレス疲労が顕著に出るタイミング。

ただ、コノ馬に関しては距離は1400mよりマイル戦の方が向いているイメージはあり、例年のフィリーズRの激走馬とはややズレる印象とはいだが、単純なポテンシャルを考えると買い辛い。

 

・ビーチサンバ(福永)

2走前の阪神JFは強敵を相手に外から豪快な差し脚で決定的な差を付けられたとは言え、内目からセコセコと競馬をして勝ち馬から0秒2差の3着なら上々の内容であり、

前走のクイーンカップではクロノジェネシスに着差以上の完敗を期する結果だが、改めて同世代の一線級の馬を相手にしても互角に戦えるポテンシャルを証明した。

そして、この2戦のレース内容から今回のメンバーの中でも能力は上位の部類であり、噛み合えば割り込みや逆転の可能性は十分にあるはず。

さらに鞍上の福永騎手も現在は2週連続でGⅠで馬券圏内と絶好調。ここは上位勢がヘグれば3着以内の確率はグッとあがりそうだ。

 

・フィリアプーラ(丸山)

未勝利戦は中山で最後方から大外一気を決める大味な競馬で勝利を収めると続くフェアリーSも自慢の末脚で前を捉えて見事に初重賞制覇を収めたが、

前走に関しては相手関係に恵まれた点は否めず、レースの内容としてもハマった印象が強く、単純なポテンシャルには疑問が残る所。

そして、フェアリーステークスからの直行ローテはお世辞にも良いとは言えず、今回は相手関係と臨戦過程を含めて苦戦必至。

 

・プールヴィル(秋山)

前走のフィリーズレビューは内枠で集中力を活かし最後の直線ではギリギリに迫り同着と言う形で1着をゲット。見事に本番への切符を手に入れたとはいえ、

コノ馬に関しては近3走の内容を含め、集中力タイプのC系で強い相手との競馬=相手アップや多頭数=混戦でパフォーマンスを上げる馬。つまり今回の大外枠は痛恨の枠番…。

さすがにこの枠から内目に入れて収集させることは至難の業であり、チグハグなレースになることが濃厚。ここは厳しい戦いを強いられるはず。

 

【桜花賞2019予想考察】のまとめ

最後に注目の穴馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

桜花賞は直線でスムーズに脚を伸ばした上り最速の馬が好走する傾向だが、コノ馬がその条件に外とする可能性は大。

実際に前回の末脚は展開や馬場の利があるとは言え、強烈なインパクトがあり、噛み合えば爆発力があるタイプ。枠番も良好で今回は久々に鞍上の本気が見られるかも…?

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第79回 桜花賞>

・ダノンファンタジー?
・クロノジェネシス?
・グランアレグリア?
・危険な人気馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年は、昨年の2歳女王ダノンファンタジア(5戦4勝)、阪神JF2着クロノジェネシス(4戦3勝)、朝日杯FS3着グランアレグリア(3戦2勝)、3強対決となる今年の桜花賞。昨年はシンザン記念から桜花賞に直行した異例のローテーションで優勝したアーモンドアイだが、今年も異例のローテーションとなるフェアリーSから直行するフィリアプーラが参戦。昨年の続き間隔をあけたぶっつけ直行でGIを制することができるのか注目。

3歳牝馬重賞ではクイーンC的中、フラワーC的中やフィリーズRでは馬連1万4320円、3連単15万4980円の特大万馬券的中!3歳牝馬クラシックの1戦目となる桜花賞は3強対決が注目される中、虎視眈々とGIタイトルを狙う激走穴馬の存在が。あのジョッキーが「勝てる力はある」と豪語する人気薄激走穴馬の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『桜花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約