りょう店長の競馬予想ブログ

【根岸ステークス2018予想】カフジテイクの末脚炸裂!

time 2018/01/27

今回は東京競馬場(ダート1400m)で行われる根岸ステークス2018の予想を公開します。

フェブラリーステークスの前哨戦になる根岸ステークスですが、

週中の考察記事で書いたように基本的には「差し追い込み馬」が有利なレース。

速い上りを使える馬が上位に来る傾向で今年もその通りに決め打ちの予想を組み立てたいですね。

と言う事を含めて、「カフジテイク」の末脚炸裂を期待したいと思います!(^-^)

では、根岸ステークス2018の予想へ…

sponsored link

【根岸ステークス2018】予想

<予想と見解>

本命は◎カフジテイクにします。

昨年の勝ち馬であり東京ダート1400mの成績は(3-0-0-0)と全て勝利している得意舞台。

近走は4着⇒5着⇒7着と奮わない成績が続いているが、

全て言い訳が可能な敗戦でありノーカウントでOK。

内容を見ても決して最後の脚が衰えている訳ではなく得意コースで展開さえ向けば突っ込んで来る力はあるはず。

今回は距離短縮で相性の良い舞台に戻り豪脚が炸裂すると見た。

 

対抗は人気ブログランキングにします。

近6走の内5回が上り最速である様に最後の脚は魅力的であり差しが決まりやすい同レースの傾向にもドンピシャ。

それに加えて後方から競馬をする馬にしては珍しくイン差しを得意としているタイプであり馬込みを全く気にしない。

昨年は4着に敗れているが今年はどう見ても手薄なメンバー構成で同じぐらい走れば勝ち負けになるはず。

 

3番手は▲サンライズノヴァにします。

前走の師走ステークスは各コーナーでの通過順位を見ても分かるように(8-6-11-4)と明らかにスムーズ差を欠く競馬。

結果的に内枠がアダとなり力を出せない状況で2着とまずまずの内容。

これまでの勝ち鞍を見ても3走前のグリーンチャンネルカップ&5走前のユニコーンステークスから

本来は広い東京コースでスムーズな外からの差し競馬がベスト条件。

差し追い込み馬が有利なレース傾向と脚質もマッチして一発を期待したい。

 

4番手は☆ノンコノユメにします。

一時期はサッパリと見せ場のない負け方をしていたが、

近2走は少し復調気配を感じる内容の競馬。

最後の脚は衰えておらずレース傾向と脚質がマッチする当レースでは要警戒が必要。

 

△ブルドッグボスは南関東に移籍しているが元々は中央の馬で今回のメンバーなら能力上位。

距離短縮で差しに回る位置取りショックで追い込んで来る可能性は十分にある。

 

△モンドクラッセは前走はスタート後の不利で結果的に差し競馬となるも上り最速で7着と新たな面を見せた。

単純に位置取りショックがハマったようにも見えるが、

今回も控える競馬をする事が濃厚でレース傾向とマッチする。

この人気であればもう一度追い込んでくる方に賭けてみたい。

 

消:アキトクレッセントは今回はストレス疲労が顕著に出るタイミング。

枠とコメントから先行を示唆するようだが、

仮にも前に行けば体力切れを起こしてズルズル後退してくるはず。

控えて内で揉まれる競馬になればストレス耐えれずレースを投げ出しそう。

人気・タイミング・レース傾向を考えれば消しの評価が適切と考えています。

 

<印のまとめ>
◎カフジテイク
人気ブログランキング
▲サンライズノヴ
☆ノンコノユメ
△モンドクラッセ
△ブルドッグボス

 

<買い方推奨・勝負度>

馬券の買い目&勝負度に関してはりょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)で公開しています。

その他ではブログでは書ききれない平場・特別レースの予想も配信中!

ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第32回 根岸S(G3)>

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

----------------

GI・フェブラリーSの前哨戦として、ココから本番に向かう馬は多いものの、この組で本番も勝利したのは、過去10年でモーニン(16年)とテスタマッタ(12年)の2頭しかいない。

関係者からは「1400mと1600mは別物」との声もあるように、フェブラリーSを本気で狙う馬の多くは、暮れのチャンピオンズCや東京大賞典からの直行、東海Sや川崎記念など、マイルより長い距離のレースから本番へ臨むことがほとんどだ。

では、ココに参戦する陣営の意図とはどこにあるのか。1つは「ココは本番前に使うだけ」と完全に叩き台とするパターン。

もう1つは「フェブラリーSに出すためには賞金加算しておかないといけない」「本番では用なしだからココがメイチや」と勝負であるパターンだ。

しかし、レースに臨む各陣営にとっては、わざわざ”叩き台”と公言して馬主を不快にする理由もなければ、強気な発言を連発して他陣営からのマークをキツくする必要はない。

そのため、叩き台だとしても勝負だとしても、世間には当たり障りのないコメントが出ることになる。

当社は、昨年の重賞競走でも、12番人気馬◎エポワスから【3連単11万4130円】の特大万馬券的中をお伝えしたが、今年も愛知杯にて【3連単12万1160円的中】とイキナリ特大万馬券的中お届け。

名馬・サクラスターオーで2冠を制した平井雄二元調教師が率いる【重賞・メイン特捜部】の下に、関係者の確かな“本音”が集まってくるからこそ、重賞でもこれだけの特大万馬券的中を必然的にお伝えできるのだ。

今週は、その【重賞・メイン特捜部】の情報力を体感して頂くため、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、根岸Sの【3連単勝負馬券】を特別に無料公開させて頂く。皆様には、このチャンスを是非とも活用してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

----------------

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約