りょう店長の競馬予想ブログ

【東海ステークス2020】プレ予想と先週の結果

time 2020/01/20

【東海ステークス2020】プレ予想と先週の結果

本記事は【東海ステークス2020】プレ予想と先週の結果に関する内容です。

京都競馬場・ダート1800mで行われる東海ステークスはフェブラリーステークスに向けた前哨戦であり、今年のダート戦線を占う注目の1戦。

そして、今年は京都競馬場改修工事に伴う番組編成から中京ではなく京都で東海ステークスが施行されるイレギュラーケースですが、中京と比べてクセの少ない舞台設定。内枠の先行馬が圧倒的に有利ということにはならず、ある程度は後方から差し込む馬にも出番がありそうだ。

ちなみに過去の傾向とデータ分析に関しては近年とは全く異なる条件で施行される点を考慮して今回はパスをする予定。次回の記事はいきなり出走馬分析なりますので悪しからず…。

それでは、東海ステークス2020のプレ予想の前に先週の予想結果を振り返りを行います。

sponsored link

【先週の結果】

重賞・厳選レース予想

【日経新春杯】
1着:△モズベッロ(2番人気)
2着:△レッドレオン(5番人気)
3着:・エーティーラッセン

4着:◎タイセイトレイル(4番人気)

 

【京成杯】
1着:・クリスタルブラック(7番人気)
2着:☆スカイグルーヴ(1番人気)
3着:◎ディアスティマ(6番人気)

ワイド(☆◎):760円

 

【愛知杯】
1着:・デンコウアンジュ(9番人気)
2着:☆アルメリアブルーム(5番人気)
3着:・レイホーロマンス(11番人気)

15着:◎レッドランディーニ(8番人気)

 

その他の狙い馬!(単複予想)

【土曜日】
京都2R:クリノイコライザー(1着・2番人気)
京都10R:ヒルノマリブ(1着・1番人気)
京都12R:パーティナシティ(10着・6番人気)

【日曜日】
京都10R:イノセントミューズ(5着・3番人気)
中山12R:オジョーノキセキ(3着・7番人気)

 

りょう店長の複コロ!

【土曜日】
京都2R:クリノイコライザー(1着)
京都9R:ノーブルカリナン(1着)
京都10R:ヒルノマリブ(1着)

【日曜日】
京都10R:イノセントミューズ(5着)
京都11R:タイセイトレイル(4着)
中山12R:オジョーノキセキ(3着)

 

先週の振り返り

先週は今年初の3重賞(愛知杯・日経新春杯・京成杯)が行われるも重賞に関してはダメダメな予想でトリガミの京成杯を含め全敗に等しい結果。今年は年の初めから重賞レースを当てることを強くしていただけに悔しいのひと言ですね。今週こそは!の気持ちで改めて頑張ります。

そして、今年の競馬も3週間が経過をして色々な傾向が見えつつある現状ですが、中山の芝コンディションは明らかに外目から差す馬が優勢。土曜日の雪でその傾向が強くなったイメージで完全に外差し馬場にシフトチェンジしていると考えてOK。

ちなみにその馬場状態を把握した上で迎えた日曜日の中山12R。りょう店長の本命は7番人気の◎オジョーノキセキから単複を購入。京成杯の決着を見てより一層と期待が湧いたので端数分を追加で購入した結果は…?

【中山12R(日曜日)】
1着:・タマモメイト
2着:・ヴァルスパー
3着:◎オジョーノキセキ(3着・7番人気)

複勝(◎):310円

想定以内である立ち遅れ気味のスタートから道中はロスの少ない内目を追走。この段階ではまさか内を突くのでは…?という不安があったことは本音ですが、最後はキッチリと外に持ち出すと鋭く伸びて3着。

改めて力の要る馬場で外からの差し馬が有利と認識をした最終レースであり、この馬場状態は今週も継続することが濃厚。いい形で馬場が読めているので今週の中山芝は決め打ちをした予想で狙うのもひとつの作戦ですね!^^

この土日はひょっとすると中山をがメインになるかも…?ぜひお楽しみにして頂ければ幸いです!

 

りょう店長の競馬新聞のお知らせ

りょう店長の競馬新聞では週末に役立つ競馬情報を配信中。そして、今週は日曜日に行われるアメリカジョッキークラブカップの予想を公開予定!メールアドレスひとつで簡単に登録が可能。皆様の購読を心からお待ちしております!^^

▷ りょう店長の競馬新聞(無料)

ちなみに上記の無料メルマガでは書ききれないその他のレースを含めたフル予想はりょう店長の競馬新聞(完全版)にて配信中。主なコンテンツ内容としては…

・重賞レース予想
・厳選レース予想
・その他の狙い馬!(単複予想)

を毎週末に絶賛配信中。コチラは競馬×有料という胡散臭さが漂うコンテンツですが、りょう店長の競馬に対する知識を余すことなくフルでお届けしている自信のメールマガジン。

馬券の購入金額も常識の範囲内であり、目指すは単勝のクリーンヒットや三連複の万馬券というローリスクハイリターン。1日の馬券予算は概ね1万円以内(勝負レース時は例外)を心掛けているスタイルでお小遣い制のサラリーマンのお父様の相性は抜群だと自負しています。

そして、個人的には月単位の購読になるりょう店長の競馬新聞(完全版)をオススメさせて頂きたいですが、最初から1ヵ月も…という方に向けて日売りのnote販売も実施中。コチラは若干の割高価格で設定をしているとはいえ、有料コンテンツの入門編としては手の出しやすいツール。お手軽にお試し頂ければと思います。

▷ りょう店長の競馬予想ノート

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)

きっと今まで以上に週末の競馬が楽しくなり予想に対するプロセスが変化してくるはず。ぜひ、今週からりょう店長と共に競馬ライフを楽しみましょう!\(^o^)/

【東海ステークス2020】プレ予想

最後に現段階の本命馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

砂を被ると全くダメになる大きな欠点がある馬だが、バウンド延長でスムーズに先行をする位置取りショックなら絶好のチャンス。さらに週末の雨予報も歓迎のクチでまともなら完勝するはずだ。

 

--【PR】----------

<第37回 東海S(G2)>

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を無料で教えます!^^

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

その名が示す通り、本来は中京で行なわれるレースだが、変則的な開催日程となった今年は、年始に中京開催が行なわれず、そこに組み込まれていた重賞だけは他場で行う形となった。京都ダート1800mで行なわれる今年は異例、過去のデータは参考程度にしかできず、ますます関係者情報の重要性が問われる。

施行条件が違うとは言え、フェブラリーSの前哨戦であるという位置づけに変わりはない。中央のダートGIは2つしかない上に、フェブラリーSは1600mであるため、1400mを主戦場とする馬たちの参戦も増える。賞金ボーダーが高くなるため、「ココ(東海S)で何とか賞金を加算したい」と力の入る陣営が出てくるのは必然。そういった陣営の存在を正確に把握することが、馬券攻略の大きなポイントとなる。

だが、勝負度合いが高ければ高いほど、自信があればあるほど、表向きに強気なコメントを出すことは極めて稀だ。そんなコメントを出せば他から警戒されることになるのだから、自分の首を絞める行為に等しい。また、オーナーサイドに過剰な期待を抱かせて、万が一、結果が出なければ、デメリットにしかならない。世の中に出回り、誰でも知ることができる表の情報には、“限界”があるのだ。

そういった表の情報と一線を画し、各陣営の本音である裏の情報を入手できるのは、関係者と蜜な関係を築いているひと握りの人間のみ。もちろん、競馬界の大物が情報ルートとして多数在籍している弊社シンクタンクは、本音を知ることができる側にいるから、25年に渡り競馬ファンの方からもご支持を得ている。

競馬には表だけでなく、裏の情報があることを知れば、今以上に楽しむことや儲けることも可能になる。今週は東海Sで、弊社が入手する関係者情報と馬券候補が一気に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。同日のアメリカJCC(G2)と合わせて、ぜひとも馬券検討の参考にしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 


 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約