りょう店長の競馬予想ブログ

【東京新聞杯2018予想】ダイワキャグニーが得意舞台で本領発揮!

time 2018/02/04

今回は東京競馬場(芝1600m)で行われる東京新聞杯2018の予想を公開します。

雪の影響で土曜日は競馬開催に少し影響が出ましたが、

本日は何事もないように朝からレースが行われそうですね。

週中の予想考察の記事でも書いていた通り今年の東京新聞杯は非常に豪華な顔ぶれ。

本命は悩みそうですが初志貫徹で〝ダイワキャグニー〟から勝負します!

相手以下が難解で苦戦しましたが消す馬はビシッと消してキッチリと仕留めたいですね!(^-^)

では、東京新聞杯2018の予想へ…

 

<本日のイチオシ!うま>

本題の前に〝本日のイチオシ!うま〟のご紹介!

今回はゆりかもめ賞(東京9R)からコノ馬をチョイスします!(^_-)-☆


本命以下の印&予想見解はりょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)にて配信致します。

ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

⇒ りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

sponsored link

【東京新聞杯2018】予想

<予想と見解>

本命は◎ダイワキャグニーにします。

前走の中山金杯は完全に折り合いを教育する騎乗であり、

好スタートを切りながら(7-7-10-10)と馬のリズムに合わせてポジションを下げるVラインの位置取り。

それでも最後は勝ち馬から0秒3差の5着に追い込み一定のポテンシャルは証明した。

今回はバウンド短縮で実績のある東京コースに戻り力をフルで発揮できるはず。

ココで賞金を加算出来ないと秋の目標である安田記念への出走が危ぶまれるだけに陣営&騎手も完全に本気ムード。

過去には距離短縮で先行する逆位置取りショックの実績もありその再現が狙えるタイミング。

少し枠が外過ぎる点だけが気掛かりだが、

得意の東京コースで鬱憤を晴らす完勝を期待したい。

 

対抗は◯クルーガーにします。

ストレス疲労に顕著なキングカメハメハ産駒の同馬だが、

前走の京都金杯を3番人気2着ならギリギリ耐えられる範囲。

馬群を割れる器用さもあり東京芝1600mはベストの舞台に近いはず。

本命馬と同じキンカメ産駒だけにセットで来るイメージ。

 

3番手は▲グレーターロンドンにします。

前走のディセンバーステークスは走れるタイミングにも関わらず3着に惜敗だが、

本質は東京のマイルである点を考えれば致し方ない敗戦。

オープン特別を1番人気3着後でノーストレスの今回は力は出せるはず。

超スローペースでも追い込める馬だけに馬券圏内の可能性は十分にある。

 

4番手は人気ブログランキングにします。

近走は8戦連続で5着以内と堅実な末脚は魅力的。

地味ながら昨年で4着に来ている得意の同条件でコース適性は十分にある。

好走しても全く人気にならないタイプであり波乱の立役者になる資格あり一発を期待したい。

 

相手には△ハクサンルドルフ・△ディバインコード・△ダノンプラチナ・△マイネルアウラートを押さえます。

 

最後に恒例の人気馬をバッサリするコーナーですが、

今回は人気に支持されている下記の2頭を消しの評価とします。

 

リスグラシューはポテンシャル的には十分に通用する力があり1600mの実績もあるが、

休み明けで距離短縮の臨戦である今回はタイミングとして微妙。

近走を見ても後方からの競馬が濃厚であり高確率で差し損ねると見ています。

 

サトノアレスはL系のディープ産駒で前走はダウン戦に反応しての2着と全く評価できない1戦。

今回は重賞への相手アップで内枠と明らかに楽⇒苦のタイミングで厳しいはず。

 

<印のまとめ>
◎ダイワキャグニー
◯クルーガー
▲グレーターロンドン
人気ブログランキング
△ハクサンルドルフ

△ディバインコード
△ダノンプラチナ
△マイネルアウラート

 

<買い方推奨・勝負度>

馬券の買い目&勝負度に関してはりょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)で公開しています。

その他ではブログでは書ききれない平場・特別レースの予想も配信中!

ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第68回 東京新聞杯(G3)>

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

----------------

マイル路線を歩む馬たちにとって、春の大目標となるのは6月の安田記念。直近にもいくつか前哨戦は組まれているものの、実は、安田記念前に東京マイルで行われる重賞はココしかない。そのため、本番から約4ヶ月と間隔は開くものの、本番さながらの好メンバーが揃うケースも少なくない。

今年も出走予定馬には、アドマイヤリード、ダノンプラチナ、グレーターロンドンなど有力馬が名を連ねている。

そして、このレースで馬券の肝となるのが4歳馬の存在だ。安田記念週に行われるクラス再編成によって、4歳馬は賞金が半分になってしまうため、必然的に出走に必要な賞金ボーダーが高くなっていく。陣営とすれば「早い段階で賞金を加算して、本番までのローテーションを楽にさせておきたい」との思惑を持つのは当然の流れとなるが、とはいえ、4歳馬が全て勝負というわけではなく、その辺りは正確なジャッジが必要となる。

そのために必要となるのが、競馬関係者から入手した確かな情報。建前しか伝えることができない一般マスコミとは違い、増沢末夫、平井雄二、中野渡清一など競馬界の大物OBが情報ルートして在籍する当社シンクタンクには、トレセン内はもちろん、マスコミの取材が及ばない外厩施設や、馬主関係者など、あらゆる競馬関係者から隈なく情報収集を行っている。

本来、こうした情報を一般公開することはできないのだが、今週はより多くの方に本物の関係者情報を知って頂くべく、シンクタンクを初めてご利用の先着100名様限定で、東京新聞杯の【3連単勝負馬券】を特別に無料公開する。この機会に、是非シンクタンクの情報を体感してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

----------------

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約