りょう店長の競馬予想ブログ

【東京スポーツ杯2018】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)

time 2018/11/16

今回は【東京スポーツ杯2歳ステークス2018】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)についての記事です。

東京競馬場・芝1800mで行われる東京スポーツ杯2歳ステークスですが、来年のクラシックに向けた出世レースに今年は16頭が出走を予定。

近年は朝日杯フューチュリティステークスや来年のダービー戦線を予想する意味でも注目を集めている1戦ですが、果たして今年はどの様な結末を迎えるのか?

そして、人気の方は大混戦のメンバーでイマイチ読み辛い状況ですが、ルヴォルグ・ヴェロックス・カテドラル・ダノンラスターなどが鞍上面を含めて人気を集めそうなイメージ。

ちなみに今年の東スポ2歳ステークスは豪華メンバーゆえに意外と妙味が出て来そうな1戦。特に自信がある訳でもないですが…バシッと仕留めて日曜日につなげたいですね!

それでは予想オッズを含めて出走馬を分析して狙える馬を探して行きましょう!\(^o^)/

sponsored link

【東京スポーツ杯2歳ステークス2018】予想考察

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 ルヴォルグ 2.9倍
2 ヴェロックス 3.9倍
3 カテドラル 4.5倍
4 ダノンラスター 5.6倍
5 ホウオウサーベル 8.5倍

以下、ナイママ・アラガス・ヴァンドギャルドなど…。

 

1番人気はデビュー戦を圧巻のパフォーマンスで勝利したルヴォルグ

今回は先約の関係でルメール騎手からムーア騎手に乗り替わりだが、ノープロブレム。

あまり例を見ない藤沢厩舎×この鞍上とは言え、前回の内容を見る限りここでも好勝負になるはず。

 

2番人気は前走からの巻き返しを狙うヴェロックス

デビュー戦 ⇒ 野路菊ステークスと浜中騎手が手綱を取って来た馬だが、ココに来てルメール騎手に乗り替わり。

非常にも見える鞍上交代にも見えるが、大きなところを勝つにはやむを得ないと言った状況…。

ここは前回よりは高いフォーマンスを出すことが濃厚であり、チャンスは十分にある。

 

3番人気は野路菊ステークスを制覇したカテドラル

新馬戦から無傷の2戦2勝で鞍上が福永騎手である点を含めても上位の人気にはなるはず。

後は完成度の高さを活かして素質馬を圧倒できるか?将来的には…もここはチャンスあり。

 

後はモレイラ騎手が騎乗するダノンラスターホウオウサーベルなどに続く形。

冒頭でも書いた通り、混戦のメンバーゆえに配当妙味のある1戦となりそうですね!\(^o^)/

 

出走馬分析

ニシノデイジー

夏の函館でデビューして未勝利を勝ち上がると続く前走の札幌2歳ステークスは強豪を相手に重賞を制覇。

実際にレースはタフな馬場の中で途中からナイママが動き上りの掛かる展開とコノ馬にはシメシメの状況とは言え、あのメンバーを相手にキッチリと勝ち切った点は評価できる内容。

ただ、今回は軽い芝の東京コースに替わり切れ味・瞬発力が問われるとディープ勢には敵わないはず。

後は現段階の完成度の高さとポテンシャルを活かして展開&馬場が向いてくれることを願うだけ。

能力:☆☆☆
適性:☆☆
臨戦:☆☆
期待値:E

 

ホウオウサーベル

兄弟にはビッシュがいる良血馬であり、デビュー戦は新潟・芝1800mでデムーロ騎手を背に圧巻のパフォーマンスを披露。

レースの内容を見るとディープ産駒の様にスパッと切れる馬ではなく、いかにもハーツクライ産駒と言えるジワジワと加速して長く良い脚を使うタイプと考えてOK。

つまり、今回はスローペースから32秒~33秒の高速上りが問われると物理的に間に合わない可能性もあるが、この頭数であればミドルぐらいのペースでは流れるはず。

後はディープ勢よりは前目の位置でアドバンテージを持たせて早め抜け出しからの粘り込みを期待したい。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆
期待値:D

 

ルヴォルグ

前回のデビュー戦は後続に0秒7差を付ける圧巻の内容であり、道中の折り合いや追われてからの反応を見ても総合的に高いレベルにある馬。

今回は圧勝後のローテーションで格上げの初重賞挑戦+外国人騎手とディープインパクト産駒が最もパフォーマンスを発揮するタイミング。

真ん中~外目の枠を引いて揉まれずスムーズにレースが出来れば堅実に着はまとめて来るはず。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆☆
期待値:C

 

ヴァンドギャルド

前回のデビュー戦は内枠から終始も揉まれる厳しい展開であり、最後の直線も中々前が空かずと初戦にしてはハードなレース内容。

ただ、それらを跳ね返して最後の100mだけで2着馬に0秒2差を付ける競馬と見所は十分に見られる1戦だった。

そして、今回は鞍上をC.デムーロ騎手に強化して初重賞挑戦とディープ駒が最も得意とするパターン。意外と人気は控えめになりそうだが、チャンスは十分にあるはず。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆☆
期待値:C

 

ヴェロックス

初戦は小倉・芝1800mで後続に8馬身の差を付ける圧巻の内容で衝撃のデビューを飾った馬だが、前回の野路菊ステークスではまさかの敗戦…。

ただ、乗り方等々の問題よりは馬の状態面や展開による部分が大きなウエイトを占めている内容であり、決して前走で負けた馬より能力が低いことはないはず。

今回は重賞を取るために鞍上をルメール騎手に強化しての参戦であり、恐らく仕上がりに関してもシッカリとした状態で出して来るはず。

さすがに高速馬場の上り勝負になるとディープ勢からは劣りそうだが、やや時計の掛かる展開&馬場であれば十分に太刀打ちできるだろう。

ここは来年のクラシックを占う意味でも良いレースを期待したい。

能力:☆☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆☆
期待値:B

 

【東京スポーツ杯2歳ステークス2018予想考察】のまとめ

本記事では予想オッズ出走馬分析(後編)について書きましたが、

レース展望・出走馬分析(前編)は下記の記事にアップしています。

【東京スポーツ杯2歳ステークス2018】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)

コチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

 

最後に注目の穴馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

今回の出走メンバーはキャリアが浅く緩いレースの経験しかない馬が大半の状況だが、その中でもコノ馬の前走は非常に中身の詰まった好内容。

ここは他のディープインパクト産駒や良血馬の陰に隠れそうな存在とは言え、前回の経験や内容を考えれば十分に勝機はあるはず。

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を余す事なく公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

10月も予告の天皇賞で3点目的中!
さらに予告の菊花賞10万0590円的中!
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】
実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━

=100名限定 特別無料配信=

マイルCS(GI) 鉄板3点勝負

馬連平均4890円(過去10年)の
荒れるGIをプロは絞って勝負!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

マイルCSを無料で見る方法

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約