りょう店長の競馬予想ブログ

【有馬記念2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2018/12/17

今回は【有馬記念2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

中山競馬場・芝2500mで行われる有馬記念ですが、JRAのホームページには〝スターが一堂に会する年末の国民的行事〟と書かれている様に世間的にも注目を集めるGⅠ。

実際に普段は全く競馬に興味がない人でも有馬記念だけは…と宝くじ感覚で馬券を買う人がチラホラと目に付く状況。

そして、前回記事の冒頭でも触れた通り、都心の駅では一面が有馬記念ムードであり、この1週間は特別なお祭りムードを存分に楽しめそう。

ちなみ自分の住んでいる滋賀県では「今週って有馬記念なの…?」と勘違いするレベルで普段と変わらない光景ですが、田舎ならではの現象…。(苦笑)

せめて滋賀県から発信してるりょう店長の競馬予想ブログだけでも盛り上がり、有馬記念の攻略に向けて予想考察をバッチリと行いたいですね!

それでは過去の傾向やデータを分析して狙える馬や危険な人気馬を発掘しましょう!(^o^)/

sponsored link

【有馬記念2018】予想考察

過去の傾向・データ分析

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2017】
1着:②キタサンブラック(ジャパンC:3着)
2着:③クイーンズリング(エリザベス女王杯:7着)
3着:⑩シュヴァルグラン(ジャパンC:1着)

【2016】
1着:⑪サトノダヤモンド(菊花賞:1着)
2着:①キタサンブラック(ジャパンC:1着)
3着:②ゴールドアクター(ジャパンC:4着)

【2015】
1着:⑦ゴールドアクター(アルゼンチン共和国杯:1着)
2着:⑨サウンズオブアース(ジャパンC:5着)
3着:⑪キタサンブラック(菊花賞:1着)

【2014】
1着:④ジェンティルドンナ(ジャパンC:4着)
2着:⑥トゥザワールド(菊花賞:16着)
3着:⑭ゴールドシップ(凱旋門賞:14着)

【2013】
1着:⑥オルフェーブル(凱旋門賞:2着)
2着:④ウインバリアシオン(金鯱賞:3着)
3着:⑭ゴールドシップ(ジャパンC:13着)

 

<ベタにローテーションが重要!>

有馬記念を攻略する上でローテーションは大きなポイントとなりますが、以前に比べてこの点に関しては各陣営も競馬ファンも周知済み。

実際に一昔前に見られた天皇賞(秋) ⇒ ジャパンカップ ⇒ 有馬記念の秋3戦ローテを組む馬は極端に減っているイメージであり、

仮にもその臨戦過程で参戦してくる馬は「使い過ぎのストレス疲労」を考慮して割り引く必要があります。

そして、基本的に最近のトレンドになりつつあるローテーションは天皇賞(秋) or ジャパンカップを叩いてのパータンですが、 近年は「ジャパンカップを経由する馬」が好相性。

特に〝ジャパンカップを人気で軽く負けた馬の巻き返し期待値が高いGⅠ〟であり、昨年のキタサンブラック、2年前のゴールドアクター、3年前のサウンズオブアースなどが該当。

今年に関しても上記の臨戦過程で参戦してくる馬には警戒が必要ですが、該当馬はサトノダイヤモンドの1頭。さすがにコノ馬に関しては厳しいと見ていますが、果たして…。

 

<ベタに内枠が有利!

一昔前から〝有馬記念=内枠が有利〟と言われ続けていますが、未だにその傾向は変わらず。実際に枠番抽選を見ても内枠と外枠を引いた陣営では明らかに顔色が違います。(苦笑)

特に「ひとケタ馬番で6番より内を引いた馬」は過去5年で7頭が馬券圏内に絡む好相性であり、トリッキーな中山芝・2500mで内々を立ち回れることの重要性が伺える結果。

実際に近5年で上記に該当した上で馬券圏内に絡んだのは下記の馬たち…。

【2017】
1着:②キタサンブラック(1番人気)
2着:③クイーンズリング(8番人気)

【2016】
2着:①キタサンブラック(2番人気)
3着:②ゴールドアクター(3番人気)

【2014】
1着:④ジェンティルドンナ(4番人気)

【2013】
1着:⑥オルフェーブル(1番人気)
2着:④ウインバリアシオン(4番人気)

果たして、神様が微笑んで枠番抽選会で見事に内枠をゲットすることが出来るのはどの馬か?

今年もBSでテレビ中継があるのでその時を楽しみに待ちたいと思います!(^o^)/

 

<1番人気の信頼度は…!?>

今年の大トリである有馬記念ということで〝大穴から一発!〟と考えている方も沢山いると思いますが、近10年の1番人気の馬の成績を見ると…?

2017年:キタサンブラック(1着)
2016年:サトノダイヤモンド(1着)
2015年:ゴールドシップ(15着)
2014年:ゴールドシップ(3着)
2013年:オルフェーヴル(1着)
2012年:ゴールドシップ(1着)
2011年:オルフェーヴル(1着)
2010年:ブエナビスタ(2着)
2009年:ブエナビスタ(2着)
2008年:ダイワスカーレット(1着)

1番人気の馬=(6-2-1-1)と10頭中9頭が馬券圏内と驚異的な安定感であり、ほぼほぼ信頼できると考えてOK。

そして、今年はそのポジションにレイデオロ(ルメール騎手)が該当。個人的にはケチの付け所が少なく順当に走ると見ていますが、果たして…。

 

【有馬記念2018予想考察】のまとめ

最後に有馬記念の現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

有馬記念で◯◯◯◯産駒は一昔前のトレンドだが、今年に関しては久しぶりに狙えそうな同産駒が現れたイメージ。

昨年のグレイトフルステークスの内容を含め同舞台の適性は証明済みであり、今年で唯一崩れた2走前も位置取りの悪さが全て。

今回は内目の枠を引いてスッと先行する形に持ち込めば馬券圏内に飛び込んで来ても驚けない。

ちなみに鞍上に関してはイマイチ信頼できないとは言え、T騎手よりは買えるはず…。ここは内からセコセコと乗るレース運びで1発を期待したい。

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を全て無料公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第63回 有馬記念(GI)>

レイデオロ危うし!?
好配当を狙える【激走穴馬情報】を無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

年度代表馬となることが濃厚な”今年の顔”と言うべき3冠牝馬アーモンドアイこそ参戦しないものの、オールカマー、天皇賞・秋と2連勝を飾り完全復活を印象づけたダービー馬・レイデオロを筆頭に、GI馬7頭(障害GI馬オジュウチョウサンを含めれば8頭)が参戦を予定し、今年もグランプリにふさわしいメンバーが揃ったと言える。

有馬記念と言えば、スポーツ紙は週頭から一面で取り上げ、普段は馬券を買わない層までもが興味を持ち、年末の風物詩となっているのは周知の通り。それだけに新聞社にとっては絶好の書き入れ時で、新聞を売るために、とにかく話題になり興味を引きそうな話をピックアップする。読者にとって、それが馬券の役に立つか立たないかは二の次であり、有名人やタレントの予想を大々的に取り扱い、全く勝負にならないような馬ですら『大穴』として取り上げたりするのだ。

そして今年は、障害界の大スター・オジュウチョウサンの参戦が大きな話題の1つとなる。しかも鞍上は武豊騎手、マスコミにとっては格好のネタになることは明らかで、取材がそこに注力されることは間違いない。また「有馬記念がラストラン」という馬も多くなるが、今年もサトノダイヤモンド、サウンズオブアースがこのレースで引退を予定している。平成最後の有馬記念、オグリキャップの劇的な復活勝利の再現を……と、根拠もなく煽り立てる可能性もあるだろう。

世間一般の競馬ファンは、こうした情報を新聞やネットを通じて目にして馬券を買うのだから「なかなか馬券が当たらない」となるのは、ある意味、必然とも言えるだろう。そもそも、有馬記念の1着賞金はジャパンカップに並ぶ3億円、これだけの賞金がかかるレースを前にして、本気でココを勝ちに行く陣営が、わざわざ自分たちのマークをキツくするような本音を、多くの人の目が触れる新聞やネットといった媒体に語ることはないのだ。

弊社には、名前を公表できるだけでも、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫・元JRA調教師、マルゼンスキーの中野渡清一・元JRA調教師、安田富男・元JRA騎手、境征勝・元JRA調教師、平井雄二・元JRA調教師など、現役競馬関係者の『大先輩』にあたる人物が数多く情報ルートとして在籍しており、確かな情報網を構築している。当社が入手する『本物の内部関係者情報』は、一般マスコミが世間に報じるような情報とは一線を画している。

既に弊社の下には有馬記念に関する様々な情報が入ってきている。過去の有馬記念でも、エアシェイディ(11番人気3着)、エイシンフラッシュ(7番人気2着)、トゥザグローリー(9番人気3着)、オーシャンブルー(10番人気2着)など、マスコミノーマークの穴馬をしっかりとマークして的中させてきた実績があるが、今年もこれらに匹敵するような激走穴馬の存在を掴んでいる。そこで、今週は特別も特別に、当社が掴んだ有馬記念の【激走穴馬情報】を無料公開する。この情報、有馬記念の馬券を買うつもりならば、絶対にチェックしてもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約