りょう店長の競馬予想ブログ

【有馬記念2018】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)

time 2018/12/20

今回は【有馬記念2018】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)についての記事です。

中山競馬場・芝2500mで行われる有馬記念ですが、月曜日の記事で書いた通り、近年は1番人気の馬が堅実な成績を収めているGⅠレース。

実際に昨年のキタサンブラック、一昨年のサトノダイヤモンドと2年連続で1番人気の馬が勝利を収めていますが、今年のレイデオロは果たして…?

そして、その他の予想オッズを見るとキセキ・シュヴァルグラン・モズカッチャン・ブラストワンピースなどに続きそうですが、

上位人気の馬に騎乗する騎手の名前を見ても大半がカタカナであり、外国人騎手が怒涛の活躍を見せた2018年の1年を象徴する様なネームバリュー。

本当に馬券圏内に来る騎手が全て外国人ジョッキーになる可能性は十分でカタカタ騎手のワイドBOXを買えば高確率で当たりそうですね。(苦笑)

ただ、最後の最後ぐらいは日本人騎手の意地を見せて欲しいのが本音であり、人気所に騎乗している川田&池添騎手の1発を期待したい所です!(~_~メ)

 

ちなみに木曜日となる本日は毎年の恒例イベントとして定着しつつある「公開枠番抽選」が開催されますが、

〝枠番が結果を左右する〟と言っても過言ではなく、予想をする上でも非常にポイントとなる最重要事項。

果たして、今年はどの馬に競馬の神様は微笑むのか…?(^o^)/

個人的には注目しているアノ馬が絶好の枠番に入ってくれる事だけを祈り今日の1日を過ごしたいですね!グッドラック!

 

(PR)レイデオロから万馬券も狙える3連複とは…⁉

では、本題の前にひと口馬主ネタから…

今週は日曜日の阪神7R(3歳上500万下・ダート1400m)に出資馬のジャスパーゲランが出走します!

ちなみにコノ馬は6月の淀川特別(地方交流500万下)をシンガリ負けしてから長期間の成長放牧という名の放置プレイをされて以来の半年振りの実践ですが、

昨日の調教(栗東・坂路)は自己ベストをマークする好時計。体重の軽い川又騎手が騎乗した事を考慮しても(52.7 – 38.3 – 25.2 – 12.5)なら上々ですね。

後は本番のレースでどれだけの結果を残せるのか…?が最大の焦点となりますが、春先の成績を考えると苦戦が濃厚。普通に走れば最下位だと思います。(汗)

そして、休み明け+10日競馬+馬の能力を考えると初戦から期待するのは酷な状況ですが、高野厩舎で生き延びるためには最低でも10着以内は確保して欲しい所。

さすがに今回の1戦で見切られる事はないと思いますが、次、そしてその次ぐらいで結果を残さないと関東の厩舎に転厩が濃厚。

ここは休み明け一発目から今後を占う意味でも試金石となる1戦。かなり厳しい状況に置かれていますが、ミラクルを起こして欲しいですね!m(__)m

sponsored link

【有馬記念2018】予想考察

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 レイデオロ 2.9倍
2 キセキ 4.5倍
3 シュヴァルグラン 8.9倍
4 モズカッチャン 12.4倍
5 ブラストワンピース 14.8倍

以下、オジュウチョウサン・ミッキーロケット・サトノダイヤモンドなど…。

 

1番人気は天皇賞(秋)を制覇したレイデオロ

昨年の日本ダービー馬であり、今の日本の競馬をを牽引している日本のトップクラスの馬。

さらにルメール騎手と藤沢調教師と言えばお馴染みのコンビであり、前走の勝利後からここを目標に切り替えて勝負気配も十分。

極端に内過ぎたり外と過ぎない枠を引けば好勝負は必至。最後の最後までルメールか…となりそですね。(苦笑)

 

2番人気は天皇賞(秋)&ジャパンカップで大健闘をしているキセキ

昨年の菊花賞を勝利した後は成績不振に陥るも今年の秋初戦の毎日王冠から徐々に復調気配。

そして、天皇賞(秋)では逃げの競馬で活路を見出すと続くジャパンカップでも同様の競馬で2着に入選。

今回は秋4戦目のストレス疲労と中山コース替わりが最大のポイントとなりそうだが、果たして…?

 

3番人気は昨年の3着馬であるシュヴァルグラン

前回のジャパンカップは上位勢に差を付けられたとは言え、3着のスワーヴリチャードからは僅差。

そして、今回は久しぶりに主戦のボウマン騎手とのコンビに替わり前走以上のパフォーマンスが見込めるはず。

後は本来は得意としていない中山コースを鞍上の腕でどの様にリカバーするか?この点は名手に注目ですね。

 

後は牝馬のモズカッチャンを含め、3歳から参戦するブラストワンピースに続き、

武豊騎手が鞍上するオジュウチョウサンミッキーロケット・ミッキースワローの順番で売れるはず。

ただ、この有馬記念は枠番でガラリと人気が変わるのも事実であり、売れる傾向としては外枠<内枠。

レースの傾向から内枠をゲットした馬が過剰に売れる点は致し方ないですね…。

それでは現段階では枠番も未確定のまっさらな状況で各馬をシッカリと分析して行きましょう!(^o^)/

 

出走馬分析

ミッキースワロー

デビュー当初から高いポテンシャルを秘めていた馬だが、鞍上の菊沢騎手がクセ馬を乗りこなせずチグハグな競馬で出世が遅れていた。

そして、昨年のセントライト記念からジョッキーを横山典騎手にチェンジするとアルアインを完封する鮮やかな勝利と改めて高い力がある事を証明した。

ただ、その後は今年の4戦を含め勝ち切れないレースが続き、現状のポテンシャルを考えるとGⅠの一線級の馬を相手にするとやや能力は1枚落ちるイメージ。

実際に前走のジャパンカップも大外から追い込んで5着に入選しているとは言え、ノーストレスなレース運びで後方から追い込んだだけの結果と評価できるかは微妙なライン。

それでも今回は距離延長でトリッキー中山コース。先行する位置取りショックを仕掛けられるタイミングでもあり、この鞍上なら平然とやる可能性は大。

仮にもその展開になればアッと驚く粘り込みがあるかも…?ここは取捨に悩む1頭になりそうです。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆
期待値:D

 

ミッキーロケット

以前から善戦マンのイメージで大舞台ではワンパンチ足りない馬という認識をしていたが、2走前の宝塚記念では鮮やかな抜け出しで悲願のGⅠ制覇。

実際に内枠から鞍上が最大限に上手くエスコートして全てが上手く噛み合った上の勝利である点は否めないが、あの競馬で勝利したことは評価できる内容。

ただ、失礼な言い方をすれば今年の1月の日経新春杯で4着、京都記念で7着であるコノ馬が宝塚記念を制覇するぐらい今の中距離路線は低薄。

改めて宝塚記念の着順を見ても2着のワーザーを除くと3着はノーブルマーズ、4着は適性外の条件であるヴィブロス、5着はダンビュライトとお世辞にも好メンバーとは言えず…。

今回は単純に臨戦過程の良さと舞台の適性から人気を集めそうなイメージだが、冷静に考えるとポテンシャルの証明としては不十分。こちらも取捨に悩みそうな1頭です。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆
期待値:D

 

モズカッチャン

ハービンジャー産駒にしては異例のC要素を多く秘めた馬で内枠・混戦を得意として使われる度にパフォーマンスを上げるタイプ。

実際に昨年もローズステークス⇒秋華賞⇒エリザベス女王杯と徐々に着順を上げている経緯があり、典型的な叩き良化型と考えてOK。

そして、今年の秋は頓挫の影響から府中牝馬ステークスを回避してエリザベス女王杯からの始動。

絶好の好位置から最後に伸びを欠いて3着に敗れた内容は不満とは言え、本来は苦手の休み明けである点を考えれば上々の結果とも判断可能。

さらにコノ馬に関しては今年の京都記念&札幌記念で高いポテンシャルは証明済みであり、このメンバーの中でも単純に能力が足りないことはないはず。

今回はエリザベス女王杯を叩いての2戦目。内枠を引いて前々から運ぶレースが出来れば簡単にはバテないはず。ここは是が非でも内枠を引いて欲しい。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆☆
臨戦:☆☆☆☆
期待値:C

 

リッジマン

前走のステイヤーズステークスは1番人気で1着とは言え、アルバートが不在のメンバーを考えるとレベル的にはオープン特別並み。

さらに近年のこのローテーションは壊滅的であり、数年前のフォゲッタブルで4着が限界なら今後もこの臨戦から馬券圏内に来る馬は現れないはず。

現状は馬のポテンシャル・適性を考えると苦戦必至。人気は全くなさそうだが買う必要もない。

能力:☆
適性:☆
臨戦:☆
期待値:F

 

レイデオロ

キングカメハメハ産駒のL系であり、摩擦の少ないスムーズな競馬でパフォーマンスをフルに発揮するタイプ。

実際に前走の天皇賞(秋)も少頭数でルメール騎手の完璧なアシストで最後は突き抜けての完勝。

そして、振り返れば昨年の日本ダービーも外からスムーズに動くレースで優勝とコノ馬に関しては「揉まれずスムーズにレースが出来るか?」が最大のポイント。であり、

馬のキャラを考えると内枠が圧倒的に有利な有馬記念の傾向とは反して揉まれる可能性が高まる内枠はNG。

それでもジャパンカップのアーモンドアイをはじめこの手のタイプをアッサリと先行させて勝たせる事をためらいなく行うこの鞍上。

今回も内枠で揉まれる…などと騒いでもスタートして3秒で杞憂に終わる可能性は十分にある。(苦笑)

能力:☆☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆☆
期待値:C

 

【有馬記念2018予想考察】のまとめ

本記事では予想オッズ出走馬分析について書きましたが、過去の傾向・データ分析・レース展望・血統傾向は下記の記事にアップしています。

【有馬記念2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【有馬記念2018】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)

【有馬記念2018】予想考察|オッズと出走馬分析(中編)

コチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

 

最後に有馬記念の注目の穴馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

当初は軽視の予定でしたが、ローテーションだけを見るならコノ馬が最大の狙い目。

勢い&鮮度のある◯歳馬であり、1番人気4着後とストレス疲労に関しては全くない状況。

後はスタートを決めて中段より前でレースが出来れば一発の可能性は十分にあるはず。

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を余す事なく公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第63回 有馬記念>

有力馬を脅かす人気薄
激走穴馬の正体とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

シンボリクリスエス、ゼンノロブロイで有馬記念を制している藤沢和雄厩舎。今年は17年のダービー、18年の天皇賞秋の優勝馬レイデオロで3度目の有馬記念制覇を狙う。天皇賞秋を快勝してからは、ジャパンCを使わず有馬記念を視野に調整し万全の状態で出走する。また、ジャパンC上位組みからキセキ、シュヴァルグラン、ミッキースワローが上位人気になるだろう。スワーヴリチャードの回避は残念だが、ジャパンCでは驚異的なレコードタイムが出たように負担も大きいはず。ジャパンCの上位組は状態がカギになるだろう。実は、競馬セブンでは人気の盲点となり出走する人気薄情報馬の大駆け情報を極秘入手!人気薄激走馬が馬券圏内に激走すれば高配当間違いなし!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『有馬記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約