りょう店長の競馬予想ブログ

【日経新春杯2020】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2020/01/17

【日経新春杯2020】予想考察|オッズと出走馬分析

本記事は【日経新春杯2020】予想考察|オッズと出走馬分析に関する内容です。

京都競馬場・芝2400mで行われる日経新春杯は1月の京都開催ではお馴染みである古馬のGⅡであり、今後の中長距離戦を占う注目の重賞レース。

そして、今回の出走馬は菊花賞からの巻き返しを狙う相性の良い4歳馬のレッドジェニアルを含め、5歳勢からはアルゼンチン共和国杯を好走したアフリカンゴールドタイセイトレイルなど骨っぽいメンバーが集結。

さらには中日新聞杯を自慢の末脚で完勝したサトノガーネットや小柄な馬体で一躍注目を集めたメロディーレーンと話題性もバッチリなメンバー構成…?(苦笑)馬券としては色々な切り口があり、意外にも妙味のある決着になる可能性がありそうだ。

ちなみに今年の日経新春杯は現地で観戦を予定。当日は最終レースの終了後にリスグラシューの引退式もありますから、シッカリと馬券を当てて清々しい気持ちでその時を迎えられれば最高ですね!それでは馬券的中を目指して各馬を分析した上で狙える馬を探して行きましょう!\(^o^)/

sponsored link

【日経新春杯2020】予想考察(オッズ・出走馬分析)

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 レッドジェニアル 3.8倍
2 アフリカンゴールド 4.8倍
3 タイセイトレイル 6.2倍
4 メロディーレーン 12.9倍
5 レッドレオン 15.3倍

 

1番人気は武豊騎手を新たに迎えて必勝態勢のレッドジェニアル

当レースと相性の良い4歳馬で菊花賞の内容から古馬を相手にしても通用するポテンシャルは証明済み。実績のある京都芝2400mなら巻き返しが濃厚…?

 

2番人気は昨年のリベンジを狙うアフリカンゴールド

奥手なステイゴールド産駒らしく4歳の秋ごろから成績が安定。昨年は4番人気の支持を集めるも15着に敗れるほろ苦い結果だけに今年こそは…?

 

3番人気はジャパンカップの巻き返しを狙うタイセイトレイル

昨年は11戦をして10戦で馬券に絡む安定した実績の持ち主であり、京都の中距離のGⅡなら能力は上位の部類。さらに矢作厩舎-川田騎手のコンビも珍しく勝負気配がありそう…?

 

後は小柄なガッツあふれる牝馬のメロディーレーンに勢いのあるレッドレオンなどが続く。

 

出走馬分析

・アフリカンゴールド(福永)

昨年は気性面の課題から去勢をすると初戦のマレーシアカップで敗れた後は六社ステークスを優勝、アルゼンチン共和国杯では3着と成績が安定。効果は抜群であるイメージ。

そして、本質的にはステイゴールド産駒のパワー型である点を考慮すれば今の京都のタフな馬場は向くはずであり、1番人気で3着に敗れた後のローテーションならストレスと疲労もなく力は出せると判断が可能。今回は無難に評価すべき存在になりそうだ。

 

・サトノガーネット(坂井)

前走の中日新聞杯は目の覚める様な末脚で直線一気を決める大金星の勝利とはいえ、ハマった感は強く8番人気で激走した後のローテーションを考慮すれば今回はやや買い辛いタイミングである点は否めず。

さらに牝馬には酷な条件で斤量も53キロの前回から2キロ増えた55キロ。ココは厳しい戦いを強いれそうだ。

 

・タイセイトレイル(川田)

昨年は11戦して10戦で馬券圏内に来るなど高い安定感を誇る存在でアルゼンチン共和国杯の内容から重賞でも通用するポテンシャルは証明済み。

そして、前走のジャパンカップは敷居が高すぎて15着に敗れる大惨敗だが、激走後のローテーションでストレス疲労がある状況を考慮すれば参考外と判断が可能であり、凡走後の休み明けとなる今回は絶好の狙い目。ココはスムーズな競馬なら巻き返しが濃厚だ。

 

・メロディーレーン(岩田望)

小柄な牝馬ながらガッツで走るステイゴールド産駒のC系であり、前走の江坂特別(2勝クラス)を2番人気で4着に敗れた後のアップ+混戦は歓迎すべき材料。さらに淀みないペースでタフなレースになればより良さが活きるイメージで小柄な馬というだけで過剰人気は必須ながら侮れないはず。

 

・レッドジェニアル(武豊)

バウンド短縮で実機のある京都芝2400mに舞台を変える点は大きなアドバンテージであり、前走の菊花賞は外目の枠からややロスの多いレース内容を考慮すれば勝ち馬から0秒6差の7着は評価できる結果。

さらに近年は相性の良い4歳馬で菊花賞からのローテーション。鞍上が武豊騎手に替わる点も歓迎のクチでスムーズな競馬なら無様なことにはならないはずだ。

 

・レッドレオン(北村友)

ディープインパクト産駒の古馬初重賞挑戦で比延ステークスから相手アップ+間隔の空いたローテーションなら同産駒が力を発揮する絶好のタイミング。シンプルな理由ながら警戒は必要だ。

 

・ロードヴァンドール(太宰)

近走の成績はやや奮わないイメージだが、逃げずに競馬が出切るように成長をしている点は大きなプラス材料で2走前のアンドロメダステークスの内容から能力的な衰えは無いと考えてOK。

そして、最近の内容から2000mの距離は少々忙しい印象で久々の距離延長で2400mに舞台を変える点は歓迎のクチ。今のタフな京都の馬場もコノ馬のスタミナを考慮すれば絶好の舞台であり、スムーズに2・3番手からのレースなら穴で警戒をすべき存在だ。

 

【日経新春杯2020予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

昨年は驚異のペースで逃げた阪神大賞典で3着に粘る内容からスタミナの裏付けは大いにあり、持ち前の持久力を活かせる条件なら警戒すべき存在。つまり、タフな馬場で淀みないレースで流れそうな今回は絶好の狙い目と判断が可能。近走の成績で舐められるようなら侮れないはず。

 

りょう店長の競馬新聞のお知らせ

りょう店長の競馬新聞では週末に役立つ競馬情報を配信中。そして、今週は日曜日に行われる日経新春杯の予想を公開予定!メールアドレスひとつで簡単に登録が可能。皆様の購読を心からお待ちしております!^^

▷ りょう店長の競馬新聞(無料)

ちなみに上記の無料メルマガでは書ききれないその他のレースを含めたフル予想はりょう店長の競馬新聞(完全版)にて配信中。主なコンテンツ内容としては…

・重賞レース予想
・厳選レース予想
・その他の狙い馬!
・りょう店長の複コロ!

を毎週末に絶賛配信中。コチラは競馬×有料という胡散臭さが漂うコンテンツですが、りょう店長の競馬に対する知識を余すことなくフルでお届けしている自信のメールマガジン。ちなみに最近or先週の主な的中は下記の通り。

【京都金杯】勝負度D/自信度C
1着:◎サウンドキアラ(3番人気)
2着:▲ダイアトニック(2番人気)
3着:△ボンセルヴィーソ(14番人気)

単勝(◎):550円
馬連(◎▲):1260円
三連複(◎▲△):21910円

 

【フェアリーS】勝負度D/自信度E
1着:◎スマイルカナ(3番人気)
2着:△チェーンオブラブ(7番人気)
3着:◯ポレンティア(5番人気)

三連複(◎△◯):15040円

上記の馬券が示す通りひとレースの購入金額も常識の範囲内であり、目指すは単勝のクリーンヒットや三連複の万馬券というローリスクハイリターン。1日の馬券予算は概ね1万円以内(勝負レース時は例外)を心掛けているスタイルでお小遣い制のサラリーマンのお父様の相性は抜群だと自負しています。

そして、個人的には月単位の購読になるりょう店長の競馬新聞(完全版)をオススメさせて頂きたいですが、最初から1ヵ月も…という方に向けて日売りのnote販売も実施中。コチラは若干の割高価格で設定をしているとはいえ、有料コンテンツの入門編としては手の出しやすいツール。お手軽にお試し頂ければと思います。

▷ りょう店長の競馬予想ノート

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)

きっと今まで以上に週末の競馬が楽しくなり予想に対するプロセスが変化してくるはず。ぜひ、今週からりょう店長と共に競馬ライフを楽しみましょう!\(^o^)/

 

--【PR】----------

<第67回 日経新春杯(G2)>

正月開催の超目玉
大人のお年玉馬券

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

直近6年の勝ち馬グローリーヴェイズ(菊花賞5着)、ミッキーロケット(皐月賞13着・菊花賞5着)、レーヴミノル(ダービー5着)、アドマイヤゼウス(皐月賞9着・ダービー7着)、サトノノブレス(菊花賞2着)は前年のクラシック路線に出走していたように、クラシック出走馬の活躍が目立つ。今年はレッドジェニアル(ダービー8着・菊花賞6着)が参戦予定。

ここ10年、人気馬の成績では、1人気[4.4.1.1]、2人気[4.1.0.5]、3人気[0.2.1.7]と1.2人気で8勝(14連対)の好成績だが、15年フーラブライド(10人気2着)、13年カポーティスター(10人気1着)、10年レッドアゲート(12人気3着)などニ桁人気馬が好走。平均配当では、馬連2090円、3連複8610円、3連単4万2980円。ヒモ荒れのケースが多い。

昨年もお年玉馬券として公開した日経新春杯は◎ルックトゥワイスから馬連1320円・3連複2640円・3連単1万0530円のパーフェクト的中!

今年はアルゼンチン共和国杯2着タイセイトレイル、アルゼンチン共和国杯3着のアフリカンゴールド、中日新聞杯の勝ち馬サトノガーネット、京都大賞典の勝ち馬ドレッドノータス、京都新聞杯の勝ち馬レッドジェニアルなどがスタンバイ!

競馬セブンでは早くから「正月開催のお年玉情報」と関係者から大ヤリ情報を独占入手!ここ目標の確勝級情報馬のヤリ話は超必見!さらに人気薄確実な穴馬の激走情報も極秘入手!◎-穴での決着なら馬連でも好配当確実!正月開催の目玉となるお年玉情報『日経新春杯』は絶対にお見逃しの無い様にご注意下さい。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日経新春杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 


 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約