りょう店長の競馬予想ブログ

【日経新春杯2019 予想】+日曜日のイチオシ!うま

time 2019/01/13

本記事では日経新春杯2019の予想を公開します。

京都競馬場・芝2400mで行われる日経新春杯は1月の京都で開催される名物重賞であり、春の中長距離戦線を占う意味でも注目の1戦ですが、

今年は4歳のグローリーヴェイズ・メイショウテッコンを含め、古馬勢のムイトオブリガード・シュペルミエールと非常に豪華なメンバーが集結。

近年の日経新春杯と比べても最もハイレベルではないか…?と思うレベルのメンバー構成であり、この後の大舞台に向けて目の離せないレースとなりそうですね。

ちなみに個人的に今回の日経新春杯は好きな重賞のひとつですが、数年前にルーラーシップの単勝を当てて以降は的中の記憶が…?

と言うことで調べると、実に7年連続で外している相性の悪いレースと言うことが発覚しました。(苦笑)

特に意味も根拠もないですが、さすがに8年連続で外すことはない!とポジティブに考えて今年こそはバシッと当てたいと思います!\(^o^)/

 

<日曜日のイチオシ!うま>

〝本日のイチオシ!うま〟京都8R(4歳上500万下・芝1600m)のコノ馬!

▷ 【人気ブログランキング】

前走はオーバーペースを先行した上に直線では不利と散々ながらも掲示板は死守。

今回は叩き2戦目+主戦ジョッキーに手綱が戻り必勝態勢。今の馬場もコノ馬には歓迎で豪快に突き抜けるはず。


 

おはようございます、りょう店長です。

本日は3日間開催の真ん中となりますが、昨日は本命馬がことごとく4着で非常に悔しい結果の連続…。

狙いは悪くないと頭を切り替えつつも、やはり馬券圏内に来ないと惜しい4着も最下位も同じ。

という訳で、今日はあと1つ、いや2つ着順を挙げて1着に来る馬をバシッとチョイスして行きたい所です!(^^ゞ

sponsored link

【日経新春杯2019】予想

本題の前にレース展望・過去の傾向・データ分析・出走馬分析など予想のヒントは下記の記事で公開中!

【日経新春杯2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【日経新春杯2019】予想考察|オッズと出走馬分析

最終結論の前にコチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

 

予想と見解

今年の日経新春杯は逃げ先行馬が多い点を考えると縦長の隊列になることが濃厚であり、ペースしても淡々と流れるミドル~ハイペースと予想。

そして、今のタフな京都の馬場を加味すると切れ味や瞬発力で豪快に差し切る競馬は難しく、馬券圏内に絡むには最後の4角を6番手以内で通過することが最低条件となりそう。

今回は意外にも好メンバーが集結したG2とは言え、思わぬ馬の粘り込み&台頭には十分に警戒をして予想を組み組み立てる必要がありそうですね!という訳で…

 

本命は◎ルックトゥワイス

前走のグレイトフルステークスは勝ち切れないキャラの馬が後続を突き放す完勝劇を見せた点を含め、

デビュー時から期待されていた素質馬が6歳を迎えてようやく本格化したと考えて問題はないはず。

実際に今回は2走前のアルゼンチン共和国杯の負け(8着)を指摘する声が上がりそうだが、

あの時は出遅れた上に超スローペースとコノ馬の文字味を全く活かせない条件であり、ノーカウントの1戦。

ちなみに3走前の六社ステークスではムイトオブリガードと差のない競馬をしていた点を含め、今回の重賞のメンバーが相手でも能力面で劣ることはないだろう。

さらにステイゴールド産駒の集中力系で条件戦を1番人気1着後の格上げ戦+タフな馬場+淀みなく流れる事が濃厚な展開は絶好の条件であり、

近走で披露した事のない高い未知のパフォーマンスを引き出せる最大のチャンス。

後は脚を余さない途中からジワジワと動くレース運びをすれば最後まで長く良い脚を使い前を捕まえるはず。全ての条件がコノ馬に向いている今回は悲願の重賞制覇を期待したい。

 

対抗は人気ブログランキング

前走は超スローペースからの瞬発力勝負と全く向かない展開であり、持ち味を1ミリも活かすことなく惨敗しているが、

昨年の梅花賞(京都・芝2400m)の勝ち方や京都新聞杯&神戸新聞杯で披露したパフォーマンスから秘めたポテンシャルは高いはず。

そして、マンハッタンカフェ産駒である点を考えると凡走後でノーストレス&ノー疲労の今回は走れるタイミングであり、先行すれば位置取りショックが掛かる絶好のタイミング。

後は同型のタイプが多い点が気掛かりだが、スムーズにのびのびと走ればポジショニングは特に問題はないだろう。

さらに今回は馬場&展開を考えれば持久力が売りのコノ馬にはシメシメの状況になる可能性は非常に高い。ここはスムーズな競馬で前回からの巻き返しを期待する。

 

印のまとめ

◎ルックトゥワイス
人気ブログランキング

3番手以下の印&見解はりょう店長の競馬攻略マガジンでの限定配信となります。ご了承ください。

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第66回 日経新春杯>

正月開催の目玉★大人のお年玉馬券★

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の優勝馬パフォーマプロミスは日経新春杯で初重賞制覇。後にアルゼンチン共和国杯を制し有馬記念にも出走。また、17年の優勝馬ミッキーロケット(皐月賞13着・菊花賞5着)、16年の優勝馬レーヴミノル(ダービー5着)、15年の優勝馬アドマイヤゼウス(皐月賞9着・ダービー7着)、14年の優勝馬サトノノブレス(菊花賞2着)は3歳時にクラシック路線に出走していたように、クラシック出走馬の活躍が目立つ。

ここ10年、人気馬の成績では、1人気[3.4.1.2]、2人気[4.1.0.4]、3人気[0.3.0.7]と1.2番人気の活躍が目立つ。また、15年フーラブライド(10人気2着)、13年カポーティスター(10人気1着)、10年レッドアゲート(12人気3着)、09年テイセムプリキュア(11人気1着)など、ニ桁人気馬が好走。平均配当では、馬連3480円、3連複1万0890円、3連単6万3290円。馬連万馬券が2度、3連単では10万馬券を超える特大馬券が2度出ている。年齢別の成績では4歳馬が7勝(2着6回)、5歳が2勝(2着3回)、6歳馬が1勝(2着1回).7歳上は連対なしと4歳馬が圧倒的に強い。

今年の日経新春杯には人気にならないとある厩舎の隠し玉が出走!競馬セブンでは早くからココ狙いの激走穴馬のスクープ情報を極秘入手!正月開催の目玉となるお年玉情報『日経新春杯』は絶対にお見逃しの無い様にご注意下さい。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日経新春杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約