りょう店長の競馬予想ブログ

【日本ダービー2020】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)

time 2020/05/28

【日本ダービー2020】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)

本記事は東京競馬場・芝2400mで行われる日本ダービー2020の予想考察に関する内容です。

出走馬はコントレイル、サリオス、サトノフラッグ、ワーケアなどが予定。それではレース展望と出走馬分析(前編)から予想のヒントを探して行きます。

sponsored link

【日本ダービー2020】予想考察(レース展望・出走馬分析)

今週は競馬界の祭典とも呼ばれる日本ダービー。1年間に行われるレースの中でも日本ダービーと有馬記念は特別であり、普段は馬券を買わない方からも注目を集めるGⅠのひとつ。

ただ、今年は競馬場やウインズが閉鎖されている事で初心者が軽い運試しで馬券を買うような場所がなく、インターネット投票を登録しているガチ勢のみが馬券の購入対象。この点は例年とは少し違うオッズ形成をしそうなイメージですが、特に気にせずに予想&馬券購入を行いたいですね!\(^o^)/

なお最後に日本ダービーの重要なポイントをご紹介。最近の競馬では必須となりつつあるベタな項目ですが…

【道中の位置取りが最重要】

基本的に超高速馬場の時計勝負になる影響から物理的に前々に付けている馬にアドバンテージがある状況。

現に今開催の東京GⅠを見ていても明らかに先行している馬が馬券圏内に来ている事実で後方から豪快に差し込むのは至難の業。ましてや上位勢と比べて能力の劣る馬に関しては前に付けていない段階でジエンドの可能性が濃厚。

つまり、今年もダービーポジションと呼ばれる位置にどの馬が収まるのか?が最大の焦点であり、枠番を含めてポジショニングの予想は重要となりそうですね!(^o^)/

 

出走馬分析(前編)

・アルジャンナ(浜中)

ディープインパクト産駒の初GⅠ挑戦はパフォーマンスを上げる絶好のタイミングで毎日杯を1番人気で2着後ならストレス疲労を残さない良好なローテーション。

後は単純にポテンシャルの証明が薄すぎる点が気になる所だが、昨年のロジャーバローズも同じような形で大金星の勝利をしているだけに抑える意味はありそうだ。

 

・ウインカーネリアン(田辺)

スクリーンヒーロー産駒の体力型で前走の皐月賞は上勢から離されはしたものの大健闘の4着は評価できるモノであり、現段階の完成を考慮すればポテンシャルの証明としては十分過ぎる内容。

ただ、今回はそのストレス疲労が出る局面で本質的には東京コースよりも中山向きのタイプ。来年の春頃にはポスト・ウインブライトとして活躍をしている姿がイメージできるがココはタイミングではないはず。厳しい戦いが濃厚だろう。

 

・ガロアクリーク(川田)

キンシャサノキセキ産駒らしからぬ強烈な末脚を秘めた存在であり、前走の皐月賞はスプリングステークスを6番人気で1着に激走した後の厳しいローテーションにも関わらず3着と非常に強い内容。

この結果から今回のメンバーを相手にしても十分に通用する力があると判断することは可能だが、物理的に2度も激走した後の臨戦過程は大幅な割引が必要。

そして、近走の内容から強いS質が見受けられる点からL的な要素が求められるダービーにはやや適性がズレる印象も否めず。ココは川田騎手が騎乗するとは言え、厳しい戦いになりそうだ。

 

・コルテジア(松山)

前走の皐月賞は4コーナーから直線に掛けて少々スムーズ差を欠く競馬で結果的にはVラインの位置取りで7着ならまずまずの内容で悲観することはないだろう。

そして、実際にシンザン記念⇒きさらぎ賞のパフォーマンスはストレス疲労レベルを考慮すれば強いモノで地味ながら力を秘めた存在であることは間違いないはず。ココは乗りに乗る松山騎手が鞍上ということもあり、枠次第では軽快をすべき存在になりそうだ。

 

・コントレイル(福永)

1番人気で無傷の4連勝中と勢いのあるディープインパクト産駒で前回の皐月賞も危なげなく完勝と一見して逆らいようのないローテーションに見えることは事実だが、鮮度が命の同産駒でGⅠを3連発で使われている点はマイナス材料。

さらに休み明けの方がベターで皐月賞から少々間隔を詰めたローテーションもお世辞にもプラスとは言えず。ココは重箱の隅を突くようなことを気にすれば付け入る隙はありそうだ。

 

・サトノインプレッサ(坂井)

父ディープインパクト、母サプレザの良血馬だが、デビューから無傷の3連勝で挑戦した前回のNHKマイルカップは3番人気を裏切る13着に大敗。言い訳をするならトラックバイアスとは反する競馬で馬場不向きと片付けることが可能とはいえ、日本ダービーで勝ち負けをするレベルに求めるならもう少し善戦して欲しいということが事実。

そして、一昔前にトレンドしてブームをしたNHKマイルカップからのローテーションであれば連対が最低限もの必須条件。ココは臨戦過程&ポテンシャルからも厳しい戦いになりそうだ。

 

・サトノフラッグ(武豊)

前走の皐月賞は弥生ステークスを2番人気で1着という厳しいローテーションの中で2番人気を裏切る5着と酌量の余地のある結果でストレス疲労レベルを考えれば最も良いと言われる臨戦過程。

そして、操縦性の高い量的なL系要素が多いディープインパクト産駒で距離延長は歓迎のクチ。後は前回で少々負け過ぎている点が気になるとはいえ、定石通りなら巻き返しが濃厚。ココはレジェンド武豊に再び鞍上を戻して一発を期待する。

 

【日本ダービー2020予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

前走後に日本ダービーの一本に照準を合わせたローテーションは非常に不気味で臨戦過程に問題は全くなし。さらに鞍上が引き続き継続して騎乗をする点も気になる材料のひとつであり、ポテンシャルには半信半疑ながらも警戒をすべき存在になるだろう。

 

りょう店長の競馬新聞のお知らせ

りょう店長の競馬新聞では週末に役立つ競馬情報を配信中。そして、今週は日曜日に行われる日本ダービーの予想を公開予定!メールアドレスひとつで簡単に登録が可能。皆様の購読を心からお待ちしております!^^

▷ りょう店長の競馬新聞(無料)

ちなみに上記の無料メルマガでは書ききれないその他のレースを含めたフル予想はりょう店長の競馬新聞(完全版)にて配信中。主なコンテンツ内容としては…

・重賞レース予想
・厳選レース予想
・その他の狙い馬!
・りょう店長の複コロ!

を毎週末に絶賛配信中。コチラは競馬×有料という胡散臭さが漂うコンテンツですが、りょう店長の競馬に対する知識を余すことなくフルでお届けしている自信のメールマガジン。ちなみに先週の主な的中は下記の通り。

【韋駄天ステークス】
1着:◎ライオンボス(1番人気)
2着:☆ジョーカナチャン(5番人気)
3着:△ダイメイプリンセス(6番人気)

三連複(◎☆△):4220円

上記の馬券が示す通りひとレースの購入金額も常識の範囲内であり、目指すは単勝のクリーンヒットや三連複の万馬券というローリスクハイリターン。1日の馬券予算は概ね1万円以内(勝負レース時は例外)を心掛けているスタイルでお小遣い制のサラリーマンのお父様の相性は抜群だと自負しています。

そして、個人的には月単位の購読になるりょう店長の競馬新聞(完全版)をオススメさせて頂きたいですが、最初から1ヵ月も…という方に向けて日売りのnote販売も実施中。コチラは若干の割高価格で設定をしているとはいえ、有料コンテンツの入門編としては手の出しやすいツール。お手軽にお試し頂ければと思います。

▷ りょう店長の競馬予想ノート

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)

きっと今まで以上に週末の競馬が楽しくなり予想に対するプロセスが変化してくるはず。ぜひ、今週からりょう店長と共に競馬ライフを楽しみましょう!\(^o^)/

 


 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約