りょう店長の競馬予想ブログ

【日本ダービー2019 予想】本命:サートゥルナーリア

time 2019/05/25

本記事では日本ダービー2019の予想を公開します。

東京競馬場・芝2400mで行われる日本ダービーは2016年に生まれたサラブレッドのチャンピオンを決める一生に一度の晴れ舞台であり、

今年もフルゲートの18頭による熾烈な争いが繰り広げられる訳ですが、今回の大注目は人気を見れば一目瞭然でサートゥルナーリアという怪物的な存在。

実際に同馬は無傷の4連勝で皐月賞を制覇して無敗のダービー馬を目指して満を持しての参戦。つまり、コノ馬に死角はないのか…?という悲壮感すら漂う現状ですが、

重箱の隅を突くようなら鞍上が直前で主戦のルメール騎手からレーン騎手に変更された点。現に日本ダービー×乗り替わりの成績はお世辞にも良いとは言えず、

馬券圏内の括りで見ればチラホラと入選している馬がいながらも勝ち馬で見ると過去10年では0頭でさかのぼること85年のシリウスシンボリのみという状況。

そして、個人的に上記の点から今回の単勝オッズと比較して勝つ確率は低いと見ている見解ですが、軸として考えれば変に逆らわずに順当に狙う方がベター?

従って予想上の印としてはサートゥルナーリアを本命で挑む予定ですが、妙味などを考えても馬券の買い方は上手く工夫したい所。

それでは日本ダービー2019。バシッと当てて令和最初のダービーを的中で締め括りたいですね!\(^o^)/

 

sponsored link

【日本ダービー2019】予想

本題の前にレース展望・過去の傾向・データ分析・出走馬分析など予想のヒントは下記の記事で公開中!

【日本ダービー2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【日本ダービー2019】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)

【日本ダービー2019】予想考察|血統傾向と出走馬分析(中編)

【日本ダービー2019】オッズと出走馬分析(後編)

最終結論の前にコチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

 

予想と見解

本命:◎サートゥルナーリア

父ロードカナロア×母シーザリオで兄弟にはエピファネイアやリオンディーズがいる言わずと知れた良血馬とはいえ、

この血統は高い能力とは裏腹に荒い気性面がネックであり、自身の持つ能力を競馬で発揮できないケースが多くみられるイメージだが、

この馬に関しては父の影響から素直で従順な気性と兄弟とはまるで違うタイプで爆発的な能力を気性面で邪魔することなく普通に発揮している。

つまりその結果がこの成績に表れている事実であり、クレバーなレースセンスを含め3歳馬ながら古馬並みの完成度があると言っても過言ではないはず。

そして、現に前走の皐月賞はホープフルステークスからの直行ローテで今回の日本ダービーを見据えた上でのレースにも関わらずキッチリと勝利とまさに強いの一言。

さらに皐月賞を1番人気1着後の臨戦で今年の2戦目ならストレス疲労もほぼほぼない状況で自信の力を遺憾なく発揮できる絶好のタイミング。

距離に関しても2400mは守備範囲であり、コノ馬のレースセンスがあれば距離が伸びた方がアドバンテージが出る印象。

つまり、今回はローテーションも完璧な上に舞台設定も完璧。後は乗り替わりとなる点が問題だが、レーン騎手なら特に心配することもなく杞憂に終わるはず。

ここは勝ち方次第では歴史に名を刻む1頭になることも十分にあり得る1頭。スムーズな競馬で好レースを期待する。

 

対抗:◯ダノンキングリー

ディープインパクト産駒×母父ストームキャットの血統背景で超高速馬場の東京コースはベスト条件であり、皐月賞からの王道ローテである点も好印象。

そして、前走の皐月賞は強豪(サートゥルナーリア・ヴェロックス)を相手に0秒0差の競馬と秘めた能力は高いモノがあり、舞台が中山から東京に変われば逆転の目はあるはず。

さらにローテーションも好相性を誇る皐月賞からの参戦で3番人気で3着ならストレス疲労も全くない状況であり、

鮮度が命取りとなるディープインパクト産駒である事を考えれば今回がキャリア5戦目という所は強調すべき点。ここは狙えるタイミングのディープ産駒という認識でOK。

後は鞍上の戸崎騎手がインコースの経済コースを追走する落ち着いたレース運びをすれば自然と結果は付いて来るはず。噛み合えば逆転まであると見ています。

 

△ヴェロックス

前走の皐月賞の内容からスムーズなら高いポテンシャルを秘めた馬であり、世代最強クラスの能力を秘めた1頭という認識でOKだが、

今回はその皐月賞を4番人気2着(0秒0差)と接戦で激走した後のローテーションからストレス疲労の懸念は大。

さらに今年に入り4戦目と蓄積的な部分でも気になる所は多々あり、この辺りでガタっと反動が出る可能性は否めず。

ココは3強ムードで3頭の決着が濃厚だが、崩れるならコノ馬になるはず。馬券的には飛んでもらい妙味を生み出したい所。

 

△ロジャーバローズ

ディープインパクト産駒の初GⅠ挑戦で最内枠の先行馬と日本ダービーで穴を明ける条件には該当。ここは単純にポテンシャル不足の点は否めずだが、抑えには入れて置く。

 

△エメラルファイト

頓挫明けの休み明けで日本ダービーとやや厳しいローテーションである点は重々承知の上だが、昨年の朝日杯FSの内容から底を見せていない馬である点も事実。

今回は絶好枠からインコースで溜を効かせた競馬をすれば奇跡的に馬券圏内に来る可能性も多少なりともあるはず。オッズを考えれば抑える価値はある。

 

△ニシノデイジー

前走の皐月賞は全く意図の読めないチグハグな競馬での大敗と参考外。今回も引き続きこの鞍上が騎乗する点は大きなマイナス材料だが、馬は高いポテンシャルの持ち主。

これまでの実績を考えればココまで人気が落ちるようなら勝浦騎手には目を瞑り抑えたい。

 

△クラージュゲリエ

前走の皐月賞は鞍上のファインプレーもあり5着に好走する結果だが、強敵を相手に勝ち馬から0秒6差の内容は評価できるモノ。

今回は上位勢に破綻があれば繰り上がりで上位に来る可能性は十分にあり、スタミナが問われる展開になればチャンスは出て来るはず。

 

△アドマイヤジャスタ

前走の皐月賞は大外枠からチグハグな競馬である点を考えれば上々の8着であり、今回は距離延長で先行すれば位置取りショックが掛かる絶好のタイミング。

鞍上のデムーロ騎手もココに来て調子を上げているイメ―ジで人馬共に気分よくスムーズに前付けすれば粘り込みの可能性は十分にある。

 

△ランフォザローゼス

キングカメハメハ×母父ディープインパクトと筋の通った血統背景であり、青葉賞を1番人気2着とストレス疲労の無いローテーションは好印象。

後は単純にポテンシャルの面でやや疑問が残るとはいえ、臨戦過程は上々。後は他馬に破綻があれば上位進出の可能性は高まる。

 

△タガノディアマンテ

前走の京都新聞杯は1番人気を裏切る5着だが、勝ちに行く先行策が裏目と出る形でノーカウントと考えてOK。

そして、実際に皐月賞で6着に入選した実績などを含め噛み合えば全く通用しないことはないはず。ここは本来の差し競馬で巻き返しを期待する。

 

印のまとめ

◎サートゥルナーリア
◯ダノンキングリー
△ヴェロックス
△ロジャーバローズ
△エメラルファイト
△ニシノデイジー

△クラージュゲリエ
△アドマイヤジャスタ
△ランフォザローゼス
△タガノディアマンテ

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

 <第86回 日本ダービー>

乗り替りの…
サートゥルナーリアは大丈夫!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

牡馬クラシック第一弾・皐月賞は1番人気のサートゥルナーリアが無キズの4連勝で一冠目を奪取。着差は僅かアタマ差であったものの、レース前から複数の他陣営に「あの馬は別格」と評されていただけあって、休み明けでもしっかりと勝ち切る辺りに底知れない地力を感じさせる。

ただ、皐月賞でコンビを組んだルメール騎手が騎乗停止のため、ダービーでは乗り替わりを余儀なくされるアクシデント。短期免許で来日予定のレーン騎手を手配する予定になっているが、さすがに周りのジョッキーたちも「テン乗りで勝たすまい」と包囲網を敷いてくるはず。一度使っての上積みもあるにしろ、皐月賞より厳しい競馬になることが想定される。皐月賞直後は「ダービーもあの馬で仕方ない」といったムードが漂っていたが、この乗り替わりでトレセンの雰囲気も一変した。

当然、皐月賞2着のヴェロックス、3着ダノンキングリー辺りはダービーでの巻き返しを誓うところ。特にヴェロックスの主戦・川田将雅騎手はダノンチェイサーとのコンビで挑んだNHKマイルCで、ルメール騎手のグランアレグリアから悪質なタックルを食らって4着に敗れた。ダービーに向けての執念・意地といった点では、どのジョッキーよりも熱いモノを心に秘めているに違いない。4着ダノンキングリーの主戦・戸崎圭太騎手も昨年のダービーでエポカドーロを駆り、僅差の2着に敗れているだけに、今年こそリベンジしたいと考えているはずだ。

そして何より、2歳時にサートゥルナーリアの主戦を務めたMデムーロ騎手はNHKマイルC終了時点で騎乗馬未定となっているだけに、他陣営からの代打騎乗でサートゥルナーリアを意識した競馬をする可能性もある。今年のダービー、無敗の皐月賞馬を中心に回っていくことは間違いないが、世間の評価とは裏腹に、混戦ムードが漂い始めたのもまた確かな事実である。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日本ダービー・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約