りょう店長の競馬予想ブログ

【新潟2歳ステークス2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2018/08/21

今回は【新潟2歳ステークス2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

新潟競馬場・芝1600mで行われる新潟2歳ステークスですが、

振り返ればハープスター・イスラボニータ・ジャスタウェイなど、

後々に輝かしい活躍をした名馬たちが出走をしていた重賞。

そして、暮れの朝日杯FSや阪神JFに繋がるレースであり、

この後の2歳路線を占う意味でも注目を集める1戦となりそう。

果たして、今回から暮れの大舞台に向けて名乗りをあげる馬はいるのか!?

 

ちなみに個人的に毎年のことですが、

この時期は全く2歳戦を完全にスルーして見もしない現状…。

正直にほぼほぼ知らない馬名ばかりがズラリと並ぶメンバー構成ですが、

これからジックリと時間をかけて各馬の特徴を掴む予定をしています。(苦笑)

それでは過去の傾向やデータから狙える馬を探して行きましょう!\(^o^)/

 

(PR)プロが買う新潟2歳Sの3連単とは⁉

では、本題の前に余談から…

先週の日曜日は昼からの競馬観戦会に備えて朝から大阪いて、

昼ご飯はWINS梅田の周辺で見つけた「浜キチ」で食べましたが、

ランチメニューの値段がリーズナブルで内容も豊富!コスパは最高でした!\(^o^)/

悩んだ末にまぐろユッケ丼を頂きましたが、

また機会があり訪れた時は違うリピートしたですね!(笑)

ぜひ、皆様もご賞味頂ければと思います!(^^♪

sponsored link

【新潟2歳ステークス2018】予想考察

過去の傾向・データ分析

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2017】
1着:⑧フロンティア(新馬戦:1着)
2着:⑮コーディエライト(未勝利戦:1着)
3着:③テンクウ(新馬戦:1着)

【2016】
1着:⑩ヴィゼットジョリー(新馬戦:1着)
2着:⑫オーバースペック(未勝利戦:1着)
3着:③イブキ(新馬戦:1着)

【2015】
1着:②ロードクエスト(新馬戦:1着)
2着:⑬ウインファビラス(未勝利戦:1着)
3着:⑦マコトルーメン(函館2歳S:5着)

【2014】
1着:④ミュゼスルタン(新馬戦:1着)
2着:⑦アヴェニールマルシェ(新馬戦:1着)
3着:②ニシノラッシュ(新馬戦:1着)

【2013】
1着:⑰ハープスター(新馬戦:1着)
2着:③イスラボニータ(新馬戦:1着)
3着:⑱ピークトラム(未勝利戦:1着)

 

<レース展望>

近5年は15頭・15頭・18頭・18頭・18頭

とフルゲート近い多頭数で開催されていた重賞ですが、

今年は現段階の登録メンバーで「12頭」となります。

そして、その中で未勝利の馬は2頭と実質は10頭で争われる1戦。

 

一体、なぜこのような状況になっているのか?

それは「札幌で開催されるワールドオールスタージョッキーズ」の影響です。

日本国内にいるトップジョッキーの大半がWASJに出場する訳ですから、

日曜日に新潟で行われるコチラのレースには騎乗できず。

つまり、クラシックを意識する有力馬は乗り替わりを嫌い回避する傾向にあります。

実際に今年は上位人気の馬に騎乗する騎手を見ても…

石橋脩騎手・幸騎手・石川騎手・鮫島克駿騎手と失礼ながら重賞とは思えない面々。

これまでは秋の2歳の重賞戦線や来年に向けて注目を集める1戦でしたが、

WASJと開催時期が被る間はどんどんと出走メンバーの質が落ちて行きそうですね…(汗)

 

<休み明けの馬に警戒!?>

近年の新潟2歳ステークスは「前走からの間隔」により大きな偏りを発見。

実際に過去5年の前走からの間隔別データを見てみると…

中5週以上開けてゆったとしたローテーションを組んだ馬が優秀な成績。

逆に間隔を詰めた中4週以内の馬が壊滅的な成績であり、

このデータからは「休み明けの馬が狙い目」と推測可能。

つまり、8月の新潟&小倉で勝利した馬より、

「6月の東京開催、7月の中京開催」を勝ち抜けた馬に警戒が必要。

今年も登録メンバーの一部が上記のデータに該当しますが、結果は如何に…。

 

<今の新潟の馬場は!?>

夏の新潟開催も残すところ2週間となり〝開催後半〟と呼ばれる時期になりました。

例年であれば「内の馬場が荒れて差しが決まる馬場」になるのがセオリーですが、

今年に関しては先週までの馬場を見る限りその兆候は全く見られず。

実際に早い時計の出る良好な馬場コンディションであり、

内・外で大きな差はなく脚質的には後ろ過ぎるより前目に付ける方がベター。

以前は豪快な大外一気が見られた新潟2歳ステークスですが、

そのイメージにとらわれ過ぎず予想を行いたいですね!(^^;)

 

【新潟2歳ステークス2018予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

ハイレベルの新馬戦で2着に来た内容&未勝利戦の勝ち方を含め、

今回の登録メンバーの12頭の中で1番強いのはコノ馬。

そして、少頭数でスムーズに競馬ができる点も歓迎材料であり、

新潟の舞台では普段の2割増しで評価できる◯◯騎手も込みで期待したい。

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を全て無料公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第38回 新潟2歳S(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
新潟2歳Sを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気馬の成績では、1人気[4.2.0.4]、2人気[0.0.3.7]、3人気[4.0.0.6]とな っており1人気で勝ったのはロードクエスト、ハープスター、シンメイフジ、セイウン ワンダーの4頭で後にGIでも活躍している実力馬。

平均配当では、馬連8510円、3連複3万3850円、3連単20万9550円。二桁人気馬が5頭馬券 圏に好走しているように人気薄が馬券に絡むレース。3連単では10万馬券以上が5度出て いるように荒れる2歳重賞戦。

過去の傾向では先行馬よりも差し、追い込み脚質の方が成績上位。上がり3ハロンの時 計が速い馬の連対率も高くなっており終い切れる脚を使える馬が有利。過去10年の優勝 馬もメンバー中1~2位(上がり3ハロン)となっている。

長い直線の外回りコースで約659Mある直線。逃げ馬には厳しい条件だが、穴を開けるの は逃げ・先行馬だろう。2歳若駒とあってキャリアが浅く、まだ未完成な馬が殆どで 、現時点での完成度と新潟コースに適した脚質の馬に勝つチャンスがあるだろう。

出世レースで知られる2歳重賞戦。競馬セブンでは社台系出走馬の情報は勿論、出走馬 全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の関係者情報など馬券に直結する内 部情報を入手済。週末の情報は必見です。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『新潟2歳S・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約