りょう店長の競馬予想ブログ

【弥生賞2018予想】ジャンダルムから勝負!

time 2018/03/04

今回は中山競馬場(芝2000m)で行われる弥生賞2018の予想を公開します。

近年は皐月賞への最有力トライアルレースとは言い辛くなっている印象のある弥生賞ですが、

今年は昨年の2歳チャンピオン・ダノンプレミアムを含めてクラシックを賑わせるである有力所が揃って集結。

非常に豪華なメンバーで予想としては難解な1戦ですが、

今回は4強の中では最も人気のない〝ジャンダルム〟から勝負します!

ちなみにこのレースは普段は購入しない三連単をメインで馬券を組み立てる予定。

組み合わせ次第では意外と跳ねる配当もあるのでキッチリと仕留めたいですね!(^o^)/

では、弥生賞2018の予想へ…

 

<本日のイチオシ!うま>

本題の前に〝本日のイチオシ!うま〟のご紹介!

今回は総武ステークス(中山10R)からコノ馬をチョイスします!(^_-)-☆


本命以下の印&予想見解はりょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)にて配信致します。

ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

⇒ りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

sponsored link

【弥生賞2018】予想

<予想と見解>

本命は◎ジャンダルムにします。

前走のホープフルステークスはハイペースで結果的に動かずジッとしていた馬が上位に来た1戦。

その中を途中から動き横綱相撲で押し上げて2着を確保した競馬は強いの一言。

2走前のデイリー杯2歳ステークスを見る限りスローペースからの瞬発力勝負にも対応可能だが、

本質は自分から動く競馬の方が合っているようなイメージで小回り・コーナー4回の中山2000mはベスト。

今回はメンバー的に少頭数のスローペースが濃厚だが、

1番人気のダノンプレミアムが前々で競馬をする点を考えてもレースの比重としては前にありそう。

その結果として前に厳しいレースになればコノ馬には有利な展開になり馬券圏内に来れる確率はグッと上がる。

鞍上の武豊騎手が次を見据えて溜め過ぎる騎乗をする事だけが心配だが、

その他では特に不安もなくオッズを考えればコノ馬から入り勝負したい。

 

対抗は人気ブログランキングにします。

前走はメンバーレベルを含めても決して評価できる内容ではないが、

2走前のパフォーマンスは圧巻でありスローペースからの瞬発力勝負になれば最後は堅実に伸びて来る馬。

変に動かずジックリ溜めて最後で差すが出来れば勝機まである。

 

3番手は▲ダノンプレミアムにします。

新馬戦⇒サウジアラビアロイアルカップ⇒朝日杯FSと3連勝で向かえる今回だが、

これまで1600mで見せた圧倒的なパフォーマンスを見る限り距離延長は決して歓迎とは言えない。

それでもポテンシャルが頭ひとつ抜けている可能性があり、

変に相手に合わせず自分の強気の競馬が出来れば大崩はないはず。

 

4番手は☆オブセッションにします。

ディープインパクト産駒の初重賞挑戦でありパフォーマンスを大きく上げるタイミング。

前走のシクラメン賞は破格の競馬で一躍ダービー候補に名乗りを上げたが、

今回の条件は中山芝2000m(内回り)と少し適性とはズレる条件。

藤沢厩舎が弥生賞を使ってくる事も少し疑問で様子見を含めてコノ評価とします。

 

△サンリヴァルは近2走の内容は非常に強く実際にペースを見ると…

2走前:芙蓉ステークス(38.0-34.3)⇒1着

前走:ホープフルステークス(35.8ー36.9)⇒4着

スローペース⇒ハイペースであり完全に楽⇒苦の臨戦になる前回で大きく崩れる事なく4着に踏ん張った内容は高く評価できる1戦。

さすがに決め手に欠ける点で勝ち切るまでは厳しい印象だが、

他がミスれば馬券圏内に残れる可能性は十分に考えられる。

 

△リビーリングを近2走は東京コースで好走を続けているが、

血統背景や前々から粘り込む脚質を考えると中山コースは意外と向きそうなイメージ。

有力所がミスれば馬券圏内に残る可能性を考えて最後に押さえます。

 

<印のまとめ>
◎ジャンダルム
人気ブログランキング
▲ダノンプレミアム
☆オブセッション
△サンリヴァル
△リビーリング

 

<買い方推奨・勝負度>

馬券の買い目&勝負度に関してはりょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)で公開しています。

その他ではブログでは書ききれない平場・特別レースの予想も配信中!

ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<<第55回 弥生賞(G2)>>

自信のペナルティ付き!もし、この
弥生賞を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

牡馬クラシック第一弾・皐月賞の前哨戦となる弥生賞。コースや距離も同条件となり本番前の重要なトライアルレースとなる。

過去の勝ち馬には名馬揃い。3冠馬ディープインパクトを筆頭にクラシック路線での活躍馬や古馬でもGI戦線で中心になっていた馬が多く出世レースでもある。弥生賞を勝てば将来の出世は約束されたものになる。

過去20年の弥生賞で成績上位の騎手では武豊(5勝2着4回)、福永祐一(3勝2着1回)、横山典弘(1勝2着4回)と3人が弥生賞での連対が多い。

過去10年、中山2000Mでの騎手の成績(20回以上騎乗)、ベスト5はC.ルメール[14.7.5.23]連対率42.9%、M.デムーロ[4.9.1.23]連対率35.1%、川田将雅[6.4.2.21]連対率30.3%、戸崎圭太[28.26.17.119]連対率28.4%、福永祐一[6.9.7.32]連対率27.8%。美浦所属で騎乗回数の多い戸崎の連対率の高さが目立つ。

90年以降、無敗で弥生賞を制したのはフジキセキ、アグネスタキオン、ディープインパクト、ロジユニヴァース、サトノクラウン、マカヒキの6頭。今年は朝日杯FSを制した2歳王者ダノンプレミアム(3戦無敗)、東スポ杯2歳Sの勝ち馬ワグネリアン(3戦無敗)、オブセッション(2戦無敗)、ホープフルS2着馬ジャンダルム(3戦2勝)などの素質馬が激突。

無敗馬3頭の対決にも注目が集まるが、前哨戦を制するのは果たして!?
競馬セブンでは厩舎・騎手・馬主・生産各方面から各陣営の本音話を独占入手済ですので週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『弥生賞・3点勝負』を特別公開。

情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

----------------

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約