りょう店長の競馬予想ブログ

【平安ステークス2019】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2019/05/16

今回は【平安ステークス2019】予想考察|オッズと出走馬分析についての記事です。

京都競馬場・ダート1800mで行われる平安ステークスは6月末の帝王賞のステップレースとして定着しているイメージですが、

秋のJBCクラシックやチャンピオンズカップに向けても目の離せない重賞であり、今後のダート戦線を占う意味でも注目の1戦。

そして、今年は昨年の東京大賞典を制覇したオメガパフュームを中心として近走でメキメキと頭角を現して来たチュウワウィザードを含め、

昨年の勝ち馬であるサンライズソアやアンタレスSを勝利したアナザートゥルースなど骨っぽいメンバーが大集合。冒頭で書いた通り注目のレースとなりそうですね!

ちなみに昨年は1&2番人気のグレイトパールとテイエムジンソクがともに敗れる結果となり、波乱の結末を迎えた平安ステークスですが、

今年も上位人気勢の斤量が58キロ~59キロと別定戦で致し方ないとはいえ、重めの負担重量。

さらに目標がこの後にあることを考えれば…去年の様に上位人気がコロッと負けるケースは無きにしも非ず。ここは荒れる可能性も頭に入れて予想を組み立てたい所です。

それでは土曜日に開催される平安ステークス2019。各馬をシッカリと分析して狙える馬を探して行きましょう!\(^o^)/

sponsored link

【平安ステークス2019】予想考察

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 チュウワウィザード 3.8倍
2 オメガパフューム 4.2倍
3 サンライズソア 5.8倍
4 アナザートゥルース 6.9倍
5 ロンドンタウン 10.4倍

 

1番人気は成長著しい4歳馬でメキメキと力を付けているチュウワウィザード

2走前の東海ステークスではインティからは大きな着差を付けられたとはいえ、強い内容で負けて強しの競馬。

そして、今回は前走のダイオライト記念を制覇して満を持しての参戦で秋に向けてキッチリと勝利して賞金を加算したい所だが、果たして…?

 

2番人気は実績はナンバーワンも斤量面の懸念があるオメガパフューム

前走のフェブラリーステークスはお世辞にも向くとは言えない条件の中で大敗とノーカウントの結果であり、見直し可能。

今回は実績のある右回りの中距離戦に戻り反撃体制と行きたい所だが、斤量の59キロは杞憂に終わる可能性があるとは言えども気になる材料。

ココは実力と能力は認められつつも1番人気は譲る形になると見ていますが、果たして…?

 

3番人気は昨年に引き続き連覇を狙うサンライズソア

前回のフェブラリーステークスは絶好の展開の中で伸びを欠くイマイチ敗因が不可解な内容だが、

昨年の秋の成績からコーナー4回の中距離がベスト舞台である可能性は否めず。この条件替わりがマイナスになることはないはず。

今回は今年に入り重賞ではダメダメな結果が続く田辺騎手ながら、積極的な競馬でチャンスは十分にあるはず…?

 

後はノルマンディーの馬でアンタレスステークスを制覇したアナザートゥルースや近走で復調気配を見せるロンドンタウンなどに続く。

 

出走馬分析

・アナザートゥルース(大野)

キョウエイトゥルースの仔でサウンドトゥルーやルールソヴァールを兄に持つ良血馬であり、デビュー前から注目を集めていたノルマンディーの募集馬だが、

前走のアンタレスステークスでは外目の中段前をスムーズに追走すると末脚を炸裂させて重賞を制覇と改めて血の持つ偉大さをまざまざと見せつけられた結果。

そして、その前回は正直な所で相手関係に恵まれたことは事実だが、奥手な血統背景がココに来て本格化を迎えて来た印象も否めず。

つまり、今回はストレス疲労の懸念はあるとはいえ、勢いとリズムを考えればそのまま馬券圏内に突破する可能性は十分にあるはず。ここは警戒すべきだろう。

 

・オメガパフューム(デムーロ)

前走のフェブラリーステークスはスタートから積極的な位置取りで距離短縮ながら先行する逆ショックを仕掛けるも最後はバテバテとなり10着だが、

本質は中距離で溜める競馬がベターである点を考えれば酌量の余地はある内容であり、勝ち馬からは1秒7差がありながらも悲観することは無い。

そして、2走前の東京大賞典で豪快な末脚を披露してゴールドドリームをねじ伏せた実績からこのメンバーであれば能力は最上位であり、

実績のある中距離に戻り前半から急がさず脚を溜める競馬が出来れば最後は必ず鋭い差し脚を見せてくれるはず。

つまり、今回は59キロのハンデながら実力&舞台適性を考えれば順当な評価が必要となるだろう。

 

・サンライズソア(田辺)

前走のフェブラリーSは絶好のタイミングで条件も展開もジャストで向いたはずのレースながら直線では伸びを欠く形で6着と正直な所で敗因が明確に分からない状況だが、

馬体重が-18キロの段階で状態面に不安があった可能性は否めず、厩舎がGⅠ実績に乏しい河内厩舎という所も大舞台の信頼度は低い。

従って前回の敗因は厩舎力を含めた馬のコンディション面で異常が生じていたケースが考えられる結果であり、あれがコノ馬の力ではないはず。

つまり、今回はGⅢでGⅠと比べて厩舎力が問われる要素が少ない上に輸送がなく地元の京都となれば馬の状態面に関しての心配は不要。

そして、3走前のJBCクラシックで非常に強い競馬を披露した京都・ダート1900mの舞台は絶好の条件。ここは鞍上の田辺騎手には一抹の不安が残ることは事実とはいえ、

舞台の適性とタイミングを考えれば狙うべき条件。現状では本命候補の1頭として注目をしています。

 

・チュウワウィザード(川田)

2走前の東海ステークスは勝ち馬のインティが強すぎて陰に隠れた2着だが、走破時計の1分50秒1は例年なら楽々の勝ち時計で高いパフォーマンスを披露したと考えてOK。

そして、実際に奥手な血統背景のキングカメハメハ産駒でココに来ての充実度は目を見張るモノがあり、

内枠で砂を被っても怯まない精神力や先行して早い上りを使える優位性などを含め、既にダート界のトップクラスに入り込む片鱗を見せているイメージ。

つまり、今回の実績はオメガパフュームやサンライズソアと比べてやや劣る点は事実だが、今の成長度と秘めた力を考えれば十分に太刀打ちはできるはず。ここは好勝負必死。

 

【平安ステークス2019予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

前走は6番人気で8着と微妙な結果だが、テン乗りの鞍上がコノ馬の持ち味を発揮することが出来ずノーカウントの1戦。

つまり、今回は乗り慣れた鞍上に戻り実績のある関西圏の中距離レースなら巻き返しの余地は十分にあるはず。ここは人気を含め面白味のある馬になりそうだ。

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

桜花賞馬不在の『オークス

先週の京王杯SCでワンツーフィニッシュ決めた追い切り診断で万馬券狙います!

5月11日()京王杯SC(G2)

タワーオブロンドンA評価
リナーテA評価
ロジクライ→B評価

全頭の追い切り診断を行ったのですがA評価タワーオブロンドンリナーテの2頭でした!

その2頭がそのままワンツーフィニッシュ。

参考に馬券買って的中された方からも報告受けてうれしい限りです!

今週の『オークス』に直結する『桜花賞』でも調教高評価馬が上位に来ました。

1着2人気グランアレグリア→A評価

2着7人気シゲルピンクダイヤ→A+評価

今週も平安Sとオークスともに全頭追い切り見ていきます。

馬主の追い切り予想を見る(毎週無料)

 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約