りょう店長の競馬予想ブログ

【帝王賞2020】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2020/06/23

【帝王賞2020】予想考察|オッズと出走馬分析

本記事は大井競馬場・ダート2000mで行われる帝王賞2020の予想考察に関する内容です。

出走馬はオメガパフューム、クリソベリル、ルヴァンスレーヴ、チュウワウィザード、ケイティブレイブなどが予定。それではオッズと出走馬分析から予想のヒントを探して行きます。

sponsored link

【帝王賞2020】予想考察(オッズ・出走馬分析)

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 オメガパフューム 2.2倍
2 クリソベリル 3.4倍
3 ルヴァンスレーヴ 6.2倍
4 チュウワウィザード 9.1倍
5 ケイティブレイブ 16.9倍

1番人気は大井競馬場で絶大の信頼度を誇るオメガパフューム

昨年の帝王賞の勝ち馬で東京大賞典を2連覇している実績からこの条件ならコノ馬の右に出るモノはいないはず。ココは力さえ出し切れば無難に外から豪快な末脚を見せて来るはずだ。

 

2番人気は新星ダートホースであるクリソベリル

昨年のチャンピオンズカップの勝ち馬でサウジカップは見せ場十分の内容で今の日本のダート路線ではトップクラスの馬。ココも上位と引けを取らない戦いが出来るはずだ。

 

3番人気は復活を狙うルヴァンスレーヴ

長期休養後の前回は最後に息が上がり惜敗と参考外の競馬。今回は長期休養後の叩き2戦目で定石通りにパフォーマンスを上げれば巻き返せるはず…?

 

後は堅実な走りを見せるチュウワウィザードに長岡騎手とのコンビで一撃を狙うケイティブレイブなどに続く。

 

出走馬分析

・モジアナフレイバー(繁田)

地方の所属馬ながらJRAの一線級の馬を相手にしても立ち向かえる非凡なポテンシャルを秘めた同馬であり、前走のフェブラリステークスは展開の恩恵を受けたにせよ距離不足のマイル戦で6着に差し込んだ内容は評価できるモノ。

そして、今回は活性化が期待できる局面で絶好の最内枠。内枠でロスなく立ち回りつつ決め手を活かす競馬が出来れば多少なりとも上位に食い込むチャンスはあるはずだ。

 

・ルヴァンスレーヴ(レーン)

1年以上の休養を挟んだ前走のかしわ記念は1番人気を裏切る5着とガス欠に終わる結果だが、プロセスを考えれば酌量の余地がある内容で大きく落胆することはないだろう。

実際にかつてはダート中距離路線のトップに君臨をしていた馬であり、力を出し切れば今回のメンバーを相手にしても遜色なく戦えるはず。ココは叩き2戦目の上積みに警戒が必要だ。

 

・ワイドファラオ(福永)

前走のかしわ記念は豪華メンバーを相手に0秒4差を付けて逃げ切る楽勝劇だが、フェブラリステークスを暴走ペースで先行した後の楽逃げで苦⇒楽が完璧に噛み合って故の結果。

つまり、今回は逆の楽⇒苦のタイミングでメンバーは大幅に強化。さらに激走後のストレス疲労を考慮しても苦戦必至。

 

・クリソベリル(川田)

昨年は3歳馬ながら並み居る古馬を相手にするチャンピオンズカップを制覇して今年はサウジカップで7着に入選をするなど秘めたポテンシャルは高いモノがあるだろう。

そして、基本的にはスタミナが問われる舞台で良さが活きるだけに大井コースの2000mは望む所でスムーズに力を発揮することが出来ればチャンスは大いにあるはず。今回は外目の枠から先行する形で押し切りを狙いたい。

 

・ノンコノユメ(真島)

前走のブリリアントカップは伏兵のストライクイーグルに脚元を救われる結果だが、1番人気2着である点に目を向ければストレス疲労レベルでは良いローテーション。

そして、2走前のフェブラリステークスで激流のマイル戦を経験した点から活性化レベルでも問題はなく路線に対する鮮度面も良いレベルにあるだろう。

つまり、今回は噛み合えば上位を狙えるタイミングで人気所に破綻があれば侮れない存在。無欲の追い込みがハマれば馬券圏内は大いにあり得そうだ。

 

・オメガパフューム(デムーロ)

昨年の帝王賞を制覇して東京大賞典を2連覇と大井コースに対する高い適性を披露している同馬で今回は強敵を相手にしながら少々抜けた人気に押されるイメージだが、1点だけ気になる点は平安ステークスを3番人気で1着と激走した後のローテーションである点。

実際にGⅠを制覇している3回は全て良い形で前走で敗れての臨戦であり、激走後の微妙なローテで迎える大井GⅠは今回が初めての経験。

つまり、これがモロに影響をする可能性もあれば杞憂に終わるケースもあるとはいえ、これまでは期待値が低いパターンであることには変わりがないだろう。ココはあまり期待をし過ぎない方が良いだろう。

 

・ケイティブレイブ(長岡)

長岡騎手とコンビを組んでからは2戦して2着2回と近走は復活の兆しを見せている同馬だが、7歳の高齢馬が連続激走している点は大きな減点材料でストレス疲労が一気に出る可能性が大。ココは応援したい気持ちがありつつも定石で考えればバッサリが正しいだろう。

 

【帝王賞2020予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

豪華なメンバーでどこからでも入り口がありそうだが、4歳で生涯鮮度が高く底を見せていないコノ馬に注目。今回はドバイ帰りの反動が出なければ勝ち負けになるはずだ。

 

りょう店長の競馬新聞のお知らせ

りょう店長の競馬新聞では週末に役立つ競馬情報を配信中。そして、今週は日曜日に行われる宝塚記念の予想を公開予定!メールアドレスひとつで簡単に登録が可能。皆様の購読を心からお待ちしております!^^

▷ りょう店長の競馬新聞(無料)

ちなみに上記の無料メルマガでは書ききれないその他のレースを含めたフル予想はりょう店長の競馬新聞(完全版)にて配信中。主なコンテンツ内容としては…

・重賞レース予想
・厳選レース予想
・その他の狙い馬!
・りょう店長の複コロ!

を毎週末に絶賛配信中。コチラは競馬×有料という胡散臭さが漂うコンテンツですが、りょう店長の競馬に対する知識を余すことなくフルでお届けしている自信のメールマガジン。ちなみに最近の主な的中は下記の通り。

【安田記念】
1着:◎グランアレグリア(3番人気)
2着:☆アーモンドアイ(1番人気)
3着:▲インディチャンプ(2番人気)

単勝(◎):1200円
馬連(◎☆):650円
馬単(◎☆):2840円
三連複(◎☆△):840円
三連単(◎☆△):11240円

 

【UHB杯】
1着:◎ジョーマンデリン(2番人気)
2着:・ザイツィンガー(8番人気)
3着:・インスピレーション(11番人気)

単勝(◎):580円

 

【ジューンステークス】
1着:◎サンレイポケット(3番人気)
2着:・アイファーキングズ(10番人気)
3着:・フィールインラヴ(13番人気)

単勝(◎):480円

上記の馬券が示す通りひとレースの購入金額も常識の範囲内であり、目指すは単勝のクリーンヒットや三連複の万馬券というローリスクハイリターン。1日の馬券予算は概ね1万円以内(勝負レース時は例外)を心掛けているスタイルでお小遣い制のサラリーマンのお父様の相性は抜群だと自負しています。

そして、個人的には月単位の購読になるりょう店長の競馬新聞(完全版)をオススメさせて頂きたいですが、最初から1ヵ月も…という方に向けて日売りのnote販売も実施中。コチラは若干の割高価格で設定をしているとはいえ、有料コンテンツの入門編としては手の出しやすいツール。お手軽にお試し頂ければと思います。

▷ りょう店長の競馬予想ノート

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)

きっと今まで以上に週末の競馬が楽しくなり予想に対するプロセスが変化してくるはず。ぜひ、今週からりょう店長と共に競馬ライフを楽しみましょう!\(^o^)/

 


 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約