りょう店長の競馬予想ブログ

【小倉記念2018 予想】本命:トリオンフ

time 2018/08/04

本記事では小倉記念2018の予想を公開します。

小倉競馬場・芝2000mで行われる小倉記念2018。

今年は戦前の予想通りトリオンフが1番人気ですが、

単勝オッズで2倍代前半と想像以上に一本被りムード。

その他は初重賞制覇を狙うサンマルティンを含め、

池江厩舎の3頭サトノクロニクル・ストロングタイタン

マウントゴールドなど秋に向けて賞金を加算した馬が数多くスタンバイ。

果たして、この暑き夏の小倉の重賞レースを制覇するのはどの馬か?

個人的には初志貫徹でアノ馬から勝負したいと思います!\(^o^)/

sponsored link

【小倉記念2018】予想

本題であるの予想の前に…

過去の傾向・データ分析・出走馬分析など予想のヒントは下記の記事で公開中!

最終結論の前にコチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

【小倉記念2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【小倉記念2018】予想考察|オッズと出走馬分析

 

予想と見解

本命は◎トリオンフにします。

近2走の鳴尾記念&新潟大賞典は1番人気を裏切る2着⇒4着だが、

展開・馬場・乗り方がイマイチ噛み合わず参考外と考えてOK。

4走前の小倉大賞典で見せた圧巻のパフォーマンスを見る限り、

自ら積極的に動き持久力を活かした方が良さが発揮出来るタイプであり、

今回から新コンビとなる武豊騎手とは手が合いそうなイメージ。

3走前の大阪杯の結果から強い馬であることに間違えは無く、

フルパワーを引き出してくれ心強い鞍上と共に巻き返しを期待する。

 

対抗は◯サトノクロニクルにします。

前走の天皇賞(春)は5番人気を裏切る12着だが、

厳しいペースを自ら動き最後は力尽きるレースと悲観する内容ではない。

そして、近走で好走した2レースの臨戦過程を見ると…

菊花賞(10着)⇒チャレンジカップ(1着)

有馬記念(9着)⇒阪神大賞典(2着)

明らかに相手ダウンを好む馬。

そして、今回は天皇賞(春)からのダウン戦とタイミングはベストであり、

フルゲートの多頭数から少頭数に替わる点も歓迎のクチ。

後は時計の早すぎる小倉の芝だけが気になる所だが、

今回は買うべきタイミング。その点には目を瞑り狙いたい。

 

3番手は▲ストロングタイタンにします。

前走の宝塚記念は11着に大敗しているが、

鳴尾記念を激走した後のアップ戦と厳しいタイミングで参考外。

今回はGⅠからのダウン戦+少頭数替わりであり、

坂コースの阪神から平坦コースの小倉に変わることも大きなプラス。

先週から引き続く高速馬場も歓迎のタイプで巻き返しを期待したい。

 

4番手は人気ブログランキングにします。

ステイゴールド産駒の格上げ戦+初重賞挑戦であり、

これまでより高いパフォーマンスを発揮するタイミング。

摩擦の少ない高速馬場で前々からの粘り込みを期待する。

 

△レイホーロマンスは使い過ぎの疲労は気になるが、

軽ハンデ+ポテンシャルを考えれば馬券圏内のチャンスは十分にある。

 

△ストーンウェアは高速馬場巧者で内枠。

蛯名騎手が小倉遠征する点も不気味で警戒したい1頭。

 

△サンマルティンは前走の都大路ステークスを鮮やかに完勝。

昨年に2着に来た実績から適性&能力は証明済みであり、

後は外枠から折り合いをコントロール出来るかがカギとなる。

 

印のまとめ

◎トリオンフ
◯サトノクロニクル
▲ストロングタイタン
人気ブログランキング
△レイホーロマンス
△ストーンウェア
△サンマルティン

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を余す事なく公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第54回 小倉記念(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
小倉記念を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

90年以降の優勝馬ではナイスネイチャ(重賞4勝)、イクノディクタス(重賞4勝)、ヒシナタリー(重賞4勝)、ロサード(重賞4勝)、メイショウカイドウ(重賞5勝)、ドリームジャーニー(重賞7勝・内GI3勝)、イタリアンレッド(重賞3勝)、サトノノブレス(重賞4勝)などがおりGI馬も輩出。また、ロサードは01年・03年に優勝、メイショウカイドウは04年・05年に連覇するなどリピーターの好走も目立つ。

2006年からはサマー2000シリーズの第3戦に指定され、シリーズチャンピオンの行方を占う意味でも重要な一戦となっている。昨年の優勝馬タツゴウゲキ、14年2着馬マーティンボロ、11年優勝馬イタリアンレッド、09年2着馬ホッコーパドゥシャがサマー2000シリーズのチャンピオンに輝いている。

昨年、小倉記念で初重賞制覇したタツゴウゲキは新潟記念も優勝しサマー2000シリーズのチャンピオンに輝いたが、直近3年の優勝馬は小倉記念が初重賞制覇だったように、調子が良い夏の上がり馬が勝ち上がっている。今年は果たして!?実は競馬セブンでは、人気の盲点となる激走穴馬の勝負駆け情報を独占入手!紙面上には載らない裏の極秘スクープのヤリ話!週末情報は必見です!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『小倉記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約