りょう店長の競馬予想ブログ

【富士ステークス2018 予想】本命:ロジクライ

time 2018/10/20

本記事では富士ステークス2018の予想を公開します。

東京競馬場・芝1600mで行われる富士ステークスですが、

マイルチャンピオンシップに向けた前哨戦であり、

今年は昨年の勝ち馬のエアスピネルを含め、

ペルシアンナイト・ロジクライ・レッドアヴァンセと豪華なメンバーが集結。

そして、現段階で6番人気までが10倍を切る混戦ムードですが、

果たして、この混戦を制覇するのはどの馬か?

それでは富士ステークス2018の予想に行きましょう!\(^o^)/

sponsored link

【富士ステークス2018】予想

本題である予想の前に…

予想オッズ・出走馬分析など予想のヒントは下記の記事で公開中!

最終結論の前にコチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

【富士ステークス2018】予想考察|予想オッズと出走馬分析

 

予想と見解

本命は◎ロジクライ

5走前の節分ステークス、2走前の中京記念の内容を見る限り、

コノ馬のベスト条件は直線の長い左回りのコースのマイル戦。

つまり、今回の東京・芝1600mはベストの舞台であり。

前走の京成杯オータムハンデからアッサリと巻き返す可能性は非常に高い。

 

実際にその前回は内枠で理想のポジションより一列後ろになる厳しい状況になり、

最後の直線でもスムーズに進路を見つけることが出来ずチグハグな消化不良の競馬。

ただ、それでいて3着を確保した点はコノ馬の実力&充実度を占める結果だろう。

今回は鞍上をルメール騎手と大幅に強化して必勝の体制であり、

マルターズアポジーが作り出すハイペースの展開も絶好の条件。

3.4番手から早めに抜け出す競馬で押し切り勝ちを期待する。

 

対抗は人気ブログランキング

ディープインパクト産駒のL系であり、

休み明け+相手ダウンの臨戦過程はベスト条件。

近2走はハイレベルな牝馬路線の中で結果を残している点を含め、

今回のメンバーの中でも能力面で大きく劣ることは無いはず。

揉まれない外枠も好都合で休み明け初戦から注目したい。

 

3番手は▲エアスピネル

昨年の勝ち馬で単純にポテンシャルは上位レベルにある馬だが、

その去年とは全く違うローテーションであり、

今回は4月のマイラーズカップから休み明けの直行ローテ。

血統的にはフレッシュな状態を好むタイプで間隔を明ける点は問題ないとは言え、

良馬場で切れ味が問われる状況になると何かに足元を救われる可能性は十分にある。

ただ、それでも単純な能力はメンバー上位のモノであり、格好は付けて来るはず。

 

△ヒーズインラブは叩き2戦目+外枠。

6走前の節分ステークスではロジクライと差のない2着であり、

3走前に重賞を勝利した馬がこの人気なら抑える価値は十分にある。

 

△クルーガーは骨折明けとは言え、休み明けは好相性。

時計が掛かる道悪馬場の方がベターだが、

この人気なら抑えても損はないはず。

 

△ジャンダルムは待望の距離短縮でベスト条件のマイル。

外枠は痛恨だが、適性舞台に戻り巻き返す可能性はある。

 

△ハッピーグリンはハイペースに対する適性は疑問だが、

後方で脚を溜めれば最後はシッカリと脚を伸ばす馬。

外からの差し込みには十分に警戒が必要。

 

△マルターズアポジーは距離短縮+斤量減は絶好の条件。

逃げ馬は舐められた時こそが狙い目であり、今回はそのタイミング。

 

後は追い込みの△ストーミーシー・△ハクサンルドルフまでを押さえます。

そして、上位人気に支持されている2頭ですが、バッサリと消します!

 

消:ペルシアンナイトはハービンジャー産駒にしては異例のC系の馬であり、

叩き2戦目・内枠・多頭数などで力をフルに発揮するタイプ。

ただ、単純なポテンシャルで考えればメンバー屈指のモノを秘めた馬だが、

実際に今年の中山記念、昨年の富士ステークスなどを見れば分かる通り、

休み明けで少頭数のレースであれば馬券圏内を外すありさま。

今回は展開的に向きそうな点は否めないが、

59キロ・休み明け・人気を考慮すれば消しが妥当と判断します。

 

消:ワントゥワンはさすがに連続激走の疲労が出るはず。

元々はストレス疲労に弱いディープインパクト産駒であり、

今回は重賞で2走続けて追い込んだ後の厳しいローテーション。

さらにコノ馬の特徴としては前半に脚を溜めれば最後にシッカリと伸びる馬であり、

積極的にポジションを取りに行くモレイラ騎手に乗り替わる点は馬のキャラを考えればマイナス材料。

コチラも人気とタイミングを考えれば消すのが妥当と判断します。

 

印のまとめ

◎ロジクライ
人気ブログランキング
▲エアスピネル
△ストーミーシー
△ハクサンルドルフ
△クルーガー
△マルターズアポジー
△ハッピーグリン
△ヒーズインラブ
△ジャンダルム

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を余す事なく公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第79回 菊花賞(G1)>

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

神戸新聞杯を制し、秋緒戦で好スタートを切ったワグネリアンは、距離適性を考慮して天皇賞・秋へ向かうことに。となれば、皐月賞馬エポカドーロが主役と言える存在だが、スタートで躓くアクシデントはあったものの、前走の神戸新聞杯は4着と初めて馬券圏外に終わっただけでなく、自身の死角を露呈した格好。そもそも、全馬にとって初めてとなる京都3000mの舞台だけに、虎視眈々と最後の1冠を狙う陣営は少なくない。

その他にも、新潟記念から異例のローテーションでGI獲りを狙うブラストワンピース、前哨戦のセントライト記念を制したジェネラーレウーノ、1勝馬ではあるが、これまでの走りを見れば実力は確かな神戸新聞杯2着馬エタリオウなど、多士済々なメンバーが揃っている。

そんな“混戦”ムードの時こそ、モノを言うのが情報力。競馬界の大物OBを筆頭に、業界最高峰の情報網を有するシンクタンクは、騎手、厩舎、馬主、生産者、外厩、エージェントなど、あらゆる関係者から情報を入手し、どの馬が“買い”で、どの馬が“危ない”のかを把握することができる。

昨年は55万馬券と大波乱決着になったレースだが「今年も10万馬券以上の決着は十分にある」というのが、事情通の関係者たちの大半の意見。しかし、新聞やネットなど、一般マスコミを介して流れる情報だけを頼りに馬券を買うのは、極めて心許ないと言わざるを得ない。

そこで、今週は競馬総合情報社シンクタンクがお届けする菊花賞の【3連単勝負馬券】を特別に無料公開させて頂く。菊花賞の馬券を購入される方は、是非このチャンスをお見逃しのないようご注意頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約