りょう店長の競馬予想ブログ

【宝塚記念2020】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2020/06/25

【宝塚記念2020】予想考察|過去の傾向とデータ分析

本記事は阪神競馬場・芝2200mで行われる宝塚記念2020の予想考察に関する内容です。

出走馬はサートゥルナーリア、ラッキーライラック、クロノジェネシス、ブラストワンピース、グローリーヴェイズなどが予定。それでは過去の傾向とデータを分析から予想のヒントを探して行きます。

sponsored link

【宝塚記念2020】予想考察(過去の傾向・データ分析)

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2019】
1着:⑫リスグラシュー(QEⅡ世C:3着)
2着:①キセキ(大阪杯:2着)
3着:⑪スワーヴリチャード(ドバイシーマC:3着)

【2018】
1着:④ミッキーロケット(天皇賞春:4着)
2着:⑬ワーザー(ライトオンLL:6着)
3着:②ノーブルマーズ(目黒記念:2着)

【2017】
1着:⑪サトノクラウン(大阪杯:6着)
2着:②ゴールドアクター(天皇賞春:2着)
3着:⑧ミッキークイーン(ヴィクトリアM:7着)

【2016】
1着:⑩マリアライト(目黒記念:2着)
2着:⑨ドゥラメンテ(ドバイCS:2着)
3着:③キタサンブラック(天皇賞春:1着)

【2015】
1着:⑯ラブリーデイ(鳴尾記念:1着)
2着:⑥デニムアンドルビー(天皇賞春:10着)
3着:①ショウナンパンドラ(ヴィクトリアM:8着)

 

近年は波乱ムード、その理由は…?

昨年こそは3番人気のリスグラシューが勝利を収めて1番人気のキセキが2着に入選を果たしたものの、一昨年は7番人気のミッキーロケットが勝利して10番人気のワーザーが2着、12番人気のノーブルマーズが3着に入選して三連単は49万円を超える波乱の結末。

そして、その前は断然の1番人気に支持をされたキタサンブラックが敗れて中波乱の決着。4年前は8番人気のマリアライトが突き抜けるなど意外にも波乱模様の1戦ですが、実際に1番人気の勝利は2014年のゴールドシップ以来、不在の状況で過去5年の成績は(1-2-0-2)とお世辞にも相性が良いとは言い辛い結果であり、

手頃な少頭数で争われることが多いGⅠレースながらベタに人気馬から買えばOKという考え方は危険。人気所の取捨が予想の上では大きなポイントになりそうですね!(^-^)

 

ちなみに宝塚記念で1番人気の馬が負ける理由として考えられることが2つ。

1.タイトなローテーションによるストレス疲労。
2.タフな馬場+非根幹距離の反主流の舞台。

上記の2点が1番人気の馬が苦戦して人気薄の馬が台頭をしている大きな原因ですが、近年はゆとりローテーションの影響から「1」に該当する馬の存在が減りつつある印象であり、特に年明け4戦目で宝塚記念を迎える有力馬がほぼほぼ居ない様な状況。

現に1番人気が予想されるサートゥルナーリアは異例とも言える金鯱賞から十分に間隔を明けた臨戦過程でストレス疲労レベルの点で見ても全くケチの付け所がないパターン。昨年のキセキと同様に信頼出来る人気馬になりそうな予感…?

さらに大阪杯がGⅠに昇格して以降は以前の主流である天皇賞(春)からのローテーションではなく、大阪杯から直行で挑むパターンが目に付くイメージで春天をパスすることでストレスの蓄積を抑えて無難に着をまとめて来るケースが目立ちます。

今回もラッキーライラック、クロノジェネシス、ブラストワンピース、カデナがコチラに該当をする訳ですが、果たして…?

 

そして、宝塚記念が波乱傾向にある理由として「2」ですが、コチラは自分が競馬を始めた頃から言われ続けている事ですが、今の日本競馬の中心であるノーザンファームが力を入れている能力の方向性は〝軽い馬場で道中足を溜めて最後に力を発揮する〟いわば瞬発力であり、梅雨時でタフな馬場コンディションである上に非根幹距離のコースとなれば上記の方向性とは真逆の条件。

つまり、主流条件で結果を残して来た馬が適性の差で格下である馬に負けることが大いにして起こるレースという認識でOK。ここは強い馬を探すレースではなく〝ストレス疲労がなく舞台適性の高い馬〟を見付けることが出来るのか?この1点が馬券的中のカギを握る大きなポイントですね!\(^o^)/

 

6歳以上の馬は不振傾向!

過去10年で馬券圏内に入選した馬のうち26頭が5歳以下の馬で6歳以上の馬の複勝率は8%と大の不振傾向。実際に過去10年の年齢別の成績は下記の通り。

5歳以下:(9-7-10-68)
6歳以上:(1-3-0-46)

基本的にはフレッシュな若かい馬勢に分のあるGⅠレースで好れ馬は割引でOK。今年も4~5歳馬にフォーカスを向けたい所です!\(^o^)/

 

牝馬には要警戒!

昨年はリスグラシュー、4年前にはマリアライトが牡馬を一蹴して勝利を収めた事が記憶に新しい訳だが、宝塚記念はタフな厳しい条件ながら牝馬の活躍が目立つGⅠレース。

実際に過去10年の性別成績を見ると下記の通り。

牡・せん:(8-7-6-103)
牝馬:(2-3-4-11)

参戦率が低く母数は少ない数字ながら複勝率は45%と驚愕な成績を披露。そして、今年もラッキーライラック・クロノジェネシスの2頭が出走予定ですが、果たして…?

 

【宝塚記念2020】プレ予想

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

現代競馬の申し子の様なローテーションだが、ノーストレスノー疲労の形なら崩れることはないだろう。今回はスムーズに力さえ出せば順当に馬券圏内には来るはずだ。

 

りょう店長の競馬新聞のお知らせ

りょう店長の競馬新聞では週末に役立つ競馬情報を配信中。そして、今週は日曜日に行われる宝塚記念の予想を公開予定!メールアドレスひとつで簡単に登録が可能。皆様の購読を心からお待ちしております!^^

▷ りょう店長の競馬新聞(無料)

ちなみに上記の無料メルマガでは書ききれないその他のレースを含めたフル予想はりょう店長の競馬新聞(完全版)にて配信中。主なコンテンツ内容としては…

・重賞レース予想
・厳選レース予想
・その他の狙い馬!
・りょう店長の複コロ!

を毎週末に絶賛配信中。コチラは競馬×有料という胡散臭さが漂うコンテンツですが、りょう店長の競馬に対する知識を余すことなくフルでお届けしている自信のメールマガジン。ちなみに最近の主な的中は下記の通り。

【安田記念】
1着:◎グランアレグリア(3番人気)
2着:☆アーモンドアイ(1番人気)
3着:▲インディチャンプ(2番人気)

単勝(◎):1200円
馬連(◎☆):650円
馬単(◎☆):2840円
三連複(◎☆△):840円
三連単(◎☆△):11240円

 

【UHB杯】
1着:◎ジョーマンデリン(2番人気)
2着:・ザイツィンガー(8番人気)
3着:・インスピレーション(11番人気)

単勝(◎):580円

 

【ジューンステークス】
1着:◎サンレイポケット(3番人気)
2着:・アイファーキングズ(10番人気)
3着:・フィールインラヴ(13番人気)

単勝(◎):480円

上記の馬券が示す通りひとレースの購入金額も常識の範囲内であり、目指すは単勝のクリーンヒットや三連複の万馬券というローリスクハイリターン。1日の馬券予算は概ね1万円以内(勝負レース時は例外)を心掛けているスタイルでお小遣い制のサラリーマンのお父様の相性は抜群だと自負しています。

そして、個人的には月単位の購読になるりょう店長の競馬新聞(完全版)をオススメさせて頂きたいですが、最初から1ヵ月も…という方に向けて日売りのnote販売も実施中。コチラは若干の割高価格で設定をしているとはいえ、有料コンテンツの入門編としては手の出しやすいツール。お手軽にお試し頂ければと思います。

▷ りょう店長の競馬予想ノート

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)

きっと今まで以上に週末の競馬が楽しくなり予想に対するプロセスが変化してくるはず。ぜひ、今週からりょう店長と共に競馬ライフを楽しみましょう!\(^o^)/

 


 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約