りょう店長の競馬予想ブログ

【宝塚記念2019 予想】本命:リスグラシュー

time 2019/06/23

本記事では宝塚記念2019の予想を公開します。

阪神競馬場・芝2200mで行われる宝塚記念は上半期の競馬を締め括る大一番ですが、今年は横綱クラスの大将格が不在の状況とはいえ、

各路線から様々な馬が集結して大関クラスの存在が数多く存在しているイメージで実際に単勝のオッズが示す通りの大混戦ムード。

そして、その単勝人気を見ると1番人気は意外にもレイデオロであり、それに続く形でキセキ、リスグラシュー、アルアイン、エタリオウという順番ですが、

実績の十分のスワーヴリチャードマカヒキも上位勢に迫るオッズで当日は10倍を切る馬が7頭になる可能性が十分にありそう。

つまり、見るからに大混戦で世間の見解的にはどの馬にもチャンスがあるというイメージであり、予想としては非常に難解で難しいレースとなりそうですが、

今回は変に手を広げずに買いたいと判断した馬の4頭で挑むつもり。さらに久々に自信のある宝塚記念ですから、バシッと上半期の締め括りを最高の形で迎えたい所です!

それでは現地で歓喜…となる様にその他のレースも含めて全て当てるぐらいのイキオイで挑みます!\(^o^)/

 

ちなみに本日はりょう店長の競馬攻略マガジンで配信した大沼ステークスが本線で的中。

【大沼ステークス】
1着:◎リアンヴェリテ(2番人気)
2着:◯ロードゴラッソ(1番人気)

結果的には人気馬の決着とはいえ、合計で3点の印なら上々であるはず…(笑)

そして、個人的には馬券の買い方で攻めきれずやや不完全燃焼の形でしたが、読者の方がキレイに単勝と馬単をクリーンヒット!

シンプルな単勝&馬単マルチで回収率464%!自分も見習わなくては…と言う所ですが、改めておめでとうございます!

そして、本日もお役に立てる様に頑張りますので乞うご期待ください!(^-^)

 

<日曜日のイチオシ!うま>

〝本日のイチオシ!うま〟津軽海峡特別(函館12R)のコノ馬!

▷ 【人気ブログランキング】

近走は勝ち切れない成績ながら善戦している相手関係から今回のメンバーなら能力は上位の存在。

さらに使い詰めのローテーションからひと間隔を明けた点は好都合であり、1700mの距離も守備範囲。今回はコノ馬の為に函館に先制する鞍上の意気込みを込みで期待する。


 

おはようございます、りょう店長です。

本日はいよいよ上半期を締め括る大一番の宝塚記念。思い返せば得意で好きなレースというイメージはスッカリと過去の話となり、近2年はサッパリな予想ですが、

今年こそはキッチリと当てて再び好きで得意なGⅠは宝塚記念です。と来年は豪語したいですね。(苦笑)それでは本題の予想の方に行きましょう…!

sponsored link

【宝塚記念2019】予想

本題の前にレース展望・過去の傾向・データ分析・出走馬分析など予想のヒントは下記の記事で公開中!

【宝塚記念2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【宝塚記念2019】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)

【宝塚記念2019】予想考察|血統傾向と出走馬分析(中編)

【宝塚記念2019】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)

最終結論の前にコチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

 

予想と見解

本命:◎リスグラシュー

3歳のクラシック戦線から長きに渡り活躍を見せている馬だが、昨年の秋からの成長は著しいモノであり、エリザベス女王杯を横綱競馬で制覇すると続く香港ヴァーズも2着にまとめる強い競馬。

そして、今年の年明け初戦の金鯱賞は休み明けで大阪杯に匹敵するレベルの牡馬を相手に2着に食い込む強い内容とこの段階で既に一線級の牡馬を相手にしても戦えるポテンシャルを証明したと考えてOK。

さらに前走のクイーンエリザベス2世カップは適性外の高速馬場で内目をロスなく追走したウインブライトが勝利を収める中で外から差し損なう3着とパフォーマンスとしては上々。

決して悲観する内容ではなく逆にこのの宝塚記念に向けてはストレス疲労を残さない最適な負け方であり、馬としては走れるタイミングであるはず。

つまり、今回はまずまずの臨戦過程に加えてタフな阪神の馬場で非根幹距離。切れ味ではやや劣るコノ馬にしては絶好の条件であり、今の充実期を考えれば大物食いの可能性は大いにあり得る状況。

後は鞍上のレーン騎手があまり早仕掛けをし過ぎず直線から4角から押し上げる競馬をすれば自然と結果は付いて来るはず。今年の上半期の締め括りはリスグラシューに託したい。

 

対抗:◯人気ブログランキング

前走は好スタートから押し出される形でハナに立つ不本意な競馬で勝ち馬から大きな差を付けられた6着だが、完全に度外視できる内容でノーカウントと考えてOK。

そして、実際に昨年の秋の成績から国内ではトップクラスのポテンシャルを秘めた馬でスムーズに力を出し切れば今回のメンバーなら能力は最上位であり、

内枠で本来の末脚を引き出す競馬が出来るここは巻き返しの可能性は大。さらに昨年の有馬記念の内容からタフな馬場の適性も問題なく一変を期待する。

 

3番手:▲エタリオウ

前走の天皇賞(春)は鞍上の無茶苦茶な騎乗を含めて2番人気4着とストレス疲労を残さない最高の負け方であり、宝塚記念のセオリーであるパターンに該当だが、

超高速馬場×スローペースで良績が集中してる点からこの舞台に対する適性は疑問であり、タフな馬場でハイペースの時にどうなるかは未知の世界。

ただ、本質はステイゴールド産駒である点を考えればこの条件でもうひと段階パフォーマンスを上げて来る可能性もある。

さらに近2走は途中で脚を使うマクリで不本意な結果だが、鞍上が横山典騎手に替わり溜める競馬をすれば最後の伸び脚には磨きが掛かるはず。ここは名手の手腕も込みで期待をする。

 

4番手:☆キセキ

昨年の秋から淀みないペースで逃げる戦法で完全復活を遂げた馬だが、元々は泥んこ馬場の菊花賞で勝利を収めている点から高速馬場~タフな馬場と適性の範囲は非常に広いイメージ。

そして、前走の大阪杯は2番手から競馬を進めて最後の直線では外からの差しを警戒するあまりに内からアルアインに出し抜かれての2着であり、

年明け初戦であることや逃げずに競馬をした点を考えると負けて強しで今回の宝塚記念に向けては上々の敗戦。

つまり、今回はストレス疲労がほぼない状況で逃げれば位置取りショックが掛かるタイミングで人気ながら逆らえない1頭。

後は逃げ馬の割には致命的なスタートの遅さはやや気になる材料だが、このメンバーであれば心配は杞憂に終わるはず。とにかく逃げの形に持ち込めば簡単に止まるシーンは想像し辛く順当に結果を残して来るだろう。

 

印のまとめ

◎リスグラシュー
人気ブログランキング
▲エタリオウ
☆キセキ

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約