りょう店長の競馬予想ブログ

【宝塚記念2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2019/06/18

今回は【宝塚記念2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

阪神競馬場・芝2200mで行われる宝塚記念は上半期の競馬を締め括る大一番として注目を集めるレースであり、

大阪杯 ⇒ 天皇賞(春) ⇒ 大阪杯と続く春の古馬3冠レースのラストの役割を担う重要な1戦ですが、

今のゆとりローテが週流となりつつ競馬界ではコノのような厳しいローテーションで挑む馬はほぼほぼ見られない状況。

そして、今年も例にもれず上記の3戦にすべて出走する皆勤賞の馬は不在であり、大阪杯もしくは天皇賞(春)のいずれかからの参戦となるローテーションですが、

こうなると〝ストレス疲労のレベルが軽減されて人気馬が順当に走りがち〟という結果になることが多く、すなわち危険な人気馬を見付け辛くなる訳です。

つまり、実力のある人気馬が無難に走るケースが大いにしてあり得る状況であり、順当な決着となる可能性が高くなりそうですが、果たして、今年は…?

それでは上半期を締め括る宝塚記念。過去の傾向とデータを分析して狙える馬を探して行きましょう!\(^o^)/

 

ではでは、本題の前に余談ですが…

今週末の宝塚記念は現地観戦をする予定!これで4年連続4回目の参戦となる訳ですが、昨日のプレ予想の冒頭でも書いた通り、近年はボロボロでほろ苦いイメージのあるGⅠ。

今年こそは現地で歓喜!となる様に気合を入れつつ冷静に頑張りたい所です。乞うご期待ください!m(__)m

sponsored link

【宝塚記念2019】予想考察

過去の傾向・データ分析

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2018】
1着:④ミッキーロケット(天皇賞春:4着)
2着:⑬ワーザー(ライトオンLL:6着)
3着:②ノーブルマーズ(目黒記念:2着)

【2017】
1着:⑪サトノクラウン(大阪杯:6着)
2着:②ゴールドアクター(天皇賞春:2着)
3着:⑧ミッキークイーン(ヴィクトリアM:7着)

【2016】
1着:⑩マリアライト(目黒記念:2着)
2着:⑨ドゥラメンテ(ドバイCS:2着)
3着:③キタサンブラック(天皇賞春:1着)

【2015】
1着:⑯ラブリーデイ(鳴尾記念:1着)
2着:⑥デニムアンドルビー(天皇賞春:10着)
3着:①ショウナンパンドラ(ヴィクトリアM:8着)

【2014】
1着:⑪ゴールドシップ(天皇賞春:7着)
2着:⑤カレンミロティック(鳴尾記念:4着)
3着:③ヴィルシーナ(ヴィクトリアM:1着)

 

<近年は波乱傾向!>

昨年は7番人気のミッキーロケットが勝利して10番人気のワーザーが2着、12番人気のノーブルマーズが3着に入選して三連単は49万円を超える波乱の結末。

そして、一昨年は断然の1番人気に支持をされたキタサンブラックが敗れて中波乱の決着。3年前は8番人気のマリアライトが突き抜けるなど意外にも波乱模様の1戦ですが、

実際に1番人気の勝利は2014年のゴールドシップ以来、不在の状況で過去5年の成績は(1-1-0-3)とお世辞にも相性が良いとは言い辛い結果であり、

手頃な少頭数で争われることが多いGⅠレースながらベタに人気馬から買えばOKという考え方は危険。人気所の取捨が予想の上では大きなポイントになりそうですね!(^-^)

 

<なぜ、宝塚記念が荒れるのか?>

ちなみに宝塚記念で1番人気の馬が負ける理由として考えられることが2つ。

1.タイトなローテーションによるストレス疲労。
2.タフな馬場+非根幹距離の反主流の舞台。

上記の2点が1番人気の馬が苦戦して人気薄の馬が台頭をしている大きな原因ですが、近年はゆとりローテーションの影響から「1」に該当する馬の存在が減りつつある印象であり、

特に年明け4戦目で宝塚記念を迎える有力馬がほぼほぼ居ない様な状況。さらに大阪杯がGⅠに昇格して以降は以前の主流である天皇賞(春)からのローテーションではなく、

大阪杯から直行で挑むパターンが目に付くイメージで今回も1番人気が予想されるキセキがコチラのローテーションで参戦をする訳ですが、

同馬に関しては年明け2戦目でストレス疲労レベルの点で見ても他の馬より大きなアドバンテージがある状態。ココは信頼できる1番人気なのか…?(^^;)

 

そして、宝塚記念が波乱傾向にある理由として「2」ですが、コチラは自分が競馬を始めた頃から言われ続けている事ですが、

今の日本競馬の中心であるノーザンファームが力を入れている能力の方向性は〝軽い馬場で道中足を溜めて最後に力を発揮する〟いわば瞬発力であり、

梅雨時でタフな馬場コンディションである上に非根幹距離のコースとなれば上記の方向性とは真逆の条件。

つまり、主流条件で結果を残して来た馬が適性の差で格下である馬に負けることが大いにして起こるレースという認識でOK。

ここは強い馬を探すレースではなく〝ストレス疲労がなく舞台適性の高い馬〟を見付けることが出来るのか?この1点が馬券的中のカギを握る大きなポイントですね!\(^o^)/

 

【宝塚記念2019予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

前走は展開&馬場を考えれば外から猛然と足を伸ばしての3着は強い内容であり、2走前の競馬から牡馬を相手にしても通用するポテンシャルは証明済み。

さらに血統背景や馬のキャラを考えればコノ条件は絶妙に合いそうで手頃な頭数である点も魅力的。今回は当初の予定を変えてコノ馬を最上位の評価にする可能性もあり得そうです。

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第60回 宝塚記念(G1)>

毎回高確率で馬券になる
「宝塚記念はこの5頭!」
元調教師が無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年は海外という選択肢が増え、ノーザンファームを筆頭に大手生産者グループの使い分けなどの事情により、GIにしてはメンバーが寂しくなるレースもしばしばある。しかし、今年の宝塚記念は、ファン投票1位のアーモンドアイの出走こそないものの、レイデオロ、キセキ、アルアインと言った投票順位上位の馬達も参戦を予定し、メンバーの半数近くがGI馬と中々のメンバーが顔を揃えることになった。その分、馬券的な面白さは増大、ひと筋縄ではいかないレースとなった言えるだろう。

そもそも、近年の宝塚記念は1番人気が4連敗中であり、去年のサトノダイヤモンドは6着、一昨年はキタサンブラックまで9着に敗れており、世間では軽視されがちな“伏兵”の一発がよく見られる。去年は10番人気の本命ワーザーから馬連9200円的中を仕留めているが、勝ったのも7番人気ミッキーロケットと人気薄同士での決着。香港馬の確かな情報は世間一般の人間が入手することはまず不可能であり、シンクタンクの情報力が大きく発揮されたレースと言えよう。

実は、伏兵が台頭し続ける近年でも、勝ち馬を見るとある共通点が浮かび上がる。それは、勝ち馬が全てノーザンファーム生産馬ということ。今年もレイデオロ、アルアインといった有力馬を送り込むだけに、その思惑が重要なポイントの1つとなることは間違いない。

しかし、その思惑を知ることは、トレセン内の取材だけでは困難。リーディングの常連、池江泰寿調教師が今の競馬を「良いセンタリングを上げるのが牧場、シュートを決めるのが厩舎」と例えていたとの話があるが、“外厩仕上げ”が当たり前となっているにも関わらず、外厩は一般マスコミにとって取材外の範囲なのだ。一方、早くから外厩の重要性に注目していたシンクタンクは、外厩情報ルートを強化し続けており、その筋からの情報もしっかりと入ってきている。

無論、競馬は『外厩情報を知っていれば的中する』という短絡的なものではないから、これまで通り騎手、厩舎からもしっかりと話は聞き出し、馬主情報の入手にも余念はない。北海道シリーズが始まり、そちらに人員が割かれて人手不足にあえぐ一般マスコミとの差はますます大きくなっている。だからこそ、去年も馬連9200円の高配当的中をお届けすることができたのだ。

実は、今年も“人気の盲点”となるであろう馬を既にマーク済み。この馬が高配当の肝となることだろう。そこで、今週の宝塚記念では、この馬を含めた【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。その他にも、ホームページ内【GI特集】にて馬券的中に役立つ情報を多数公開する。馬券を買うなら必見の情報ばかり、コレはお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約