りょう店長の競馬予想ブログ

【宝塚記念2019】予想考察|血統傾向と出走馬分析(中編)

time 2019/06/20

今回は【宝塚記念2019】予想考察|血統傾向と出走馬分析(中編)についての記事です。

阪神競馬場・芝2200mで行われる宝塚記念は今の日本の主流条件とはややズレる舞台設定である点を含め、上半期のGⅠシリーズの中でも血統傾向に偏りがイメージ。

そして、この5月~6月に開催された東京の連続GⅠで大活躍を見せた「ディープインパクト産駒」は果たして、この舞台で通用するのか?

本記事では点を含めた血統傾向を分析して妙味のある馬をピックアップして行きます!\(^o^)/

ちなみに詳細はこの後に記載をしていますが、宝塚記念=ステイゴールド産駒が有利、ディープインパクト産駒がやや劣勢という印象ですが、

近年のレース傾向を見る限りは両者ともに差のない互角の争いを見せており、タフな馬場×消耗戦で必ずしもディープ産駒がダメという固定概念は非常に危険。

ただ、今年の宝塚記念にする同産駒はお世辞にも臨戦過程・ポテンシャルで評価し辛い所があることは事実であり、普通に考えれば苦戦必至。

ココはルーラーシップ産駒・ハーツクライ産駒・ステイゴールド産駒、この3頭の種牡馬の取捨選択が馬券的中の大きなカギとなりそうですね!(^-^)

 

ではでは、本題の前に今回の宝塚記念に関する記事は既に2つ公開済み。

【宝塚記念2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【宝塚記念2019】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)

ぜひ、週末の予想に向けてご参考にして頂けると幸いです!m(__)m

sponsored link

【宝塚記念2019】予想考察

血統傾向

今年の上半期のGⅠは〝ディープインパクト産駒が無双した〟という表現が妥当であり、オークス&日本ダービーの勝ち馬を始め高速馬場×府中で無類の強さを見せた訳ですが、

実際に同産駒の大舞台での強さはコアな競馬ファンにはバレている現象で特に3歳のクラシック戦線では改めて要警戒であると再認識をさせられた今シーズン。

ただ、今回の宝塚記念は数多く存在する中距離GⅠの中ではトリッキーな部類に分別されるレースであり、非根幹距離×タフな馬場で争われることを含め、

今の日本の主流条件とは大きくズレる舞台設定。つまり、求められる適性が王道とはズレる点から実績上位の馬が格下の馬にアッサリと負けることが大いにして起こる1戦。

 

そして、実際に過去5年の血統傾向を見ると…

【2018】
1着:④ミッキーロケット(キングカメハメハ)
2着:⑬ワーザー(タヴィストック)
3着:②ノーブルマーズ(ジャングルポケット)

【2017】
1着:⑪サトノクラウン(マルジュ)
2着:②ゴールドアクター(スクリーンヒーロー)
3着:⑧ミッキークイーン(ディープインパクト)

【2016】
1着:⑩マリアライト(ディープインパクト)
2着:⑨ドゥラメンテ(キングカメハメハ)
3着:③キタサンブラック(ブラックタイド)

【2015】
1着:⑯ラブリーデイ(キングカメハメハ)
2着:⑥デニムアンドルビー(ディープインパクト)
3着:①ショウナンパンドラ(ディープインパクト)

【2014】
1着:⑪ゴールドシップ(ステイゴールド)
2着:⑤カレンミロティック(ハーツクライ)
3着:③ヴィルシーナ(ディープインパクト)

 

ディープインパクト産駒が苦手とする条件とはいえ、近年で最も馬券圏内に来ているのは同産駒。

ただ、必然?偶然にも同産駒で馬券圏内に来た馬は全て牝馬であり、牡馬のディープ産駒は壊滅的な状況ですが、

これは厳密に数字に出ている様に牝馬の方が牡馬と比べて鮮度の要求率が低いことが大きな要因であり、3歳のクラシック路線から活躍をしたディープ産駒×牡馬が陥りがちな現象。

つまり、今年の出走馬のアルアイン&マカヒキも例にもれず苦戦必至が妥当な線ですが、そのアルアインは前回の大阪杯でこれまでのディープインパクト産駒の常識を覆す勝利。

さらにマカヒキの前走の負け方は今回に期待を抱かせるモノであり、いずれも不気味な雰囲気が漂うイメージとはいえ、セオリー通りなら2頭とも消しがベター。

期待値の観点で考えればバッサリと消したい所ですが、果たして、りょう店長の最終的な判断はいかに?

 

そして、次に好相性を誇るキングカメハメハ産駒はオールマイティーな種牡馬で条件を問わずコンスタントな活躍を披露するタイプですが、

 

どちらかと言えば上りの掛かるタフな馬場でパフォーマンスを上げるイメージで今回の舞台設定はほぼベストに近い条件。

つまり、ストレス疲労の面をクリアして一定のポテンシャルがあれば要警戒の種牡馬であり、宝塚記念で狙える血統という認識でOK。果たして、それに該当するレイデオロの取捨はいかに…?

 

最後に近年はやや劣勢のステイゴールド産駒とイマイチ結果の出ていないハーツクライ産駒ですが、今年はキセキが作り出す淀みないペースとタフな馬場×非根幹距離で久々に台頭する可能性は大?

個人的に本命候補は上記の種牡馬の馬であり、馬場状態ではアタマまで十分にあり得るはず。ここは妙味を考えても1着の期待をしたいタイミングですね!

 

と言うことでザックリと種牡馬別の話をしましたが、結局の所は走るのは馬ですから、まずは馬の適性と臨戦過程の見極めが重要。

まずは各馬を分析して血統にとらわれ過ぎずその馬の個体評価をシッカリと行いたい所です!(^-^)(苦笑)

 

出走馬分析

・ショウナンバッハ(吉田豊)

今年で8歳を迎えるおじさんランナーながら近2走は共に勝ち馬から0秒5差以内の競馬と大健闘の内容だが、

今回のメンバーと比べればレベルは泥沼の差でこの相手関係の中であれば全く歯が立たないというのが本音。

そして、この年齢で連続激走とそろそろストレス疲労がピークに達する状況。ここはポテンシャルと臨戦過程を考えても苦戦が必至。

 

・スティッフィリオ(丸山)

前走の大阪杯は外枠から勇敢に先行する競馬で勝ち馬から0秒5差の7着とまずまずの内容だが、現状としてはあれが限界でGⅠで勝ち負けをするにはもうひと段階の成長が必要。

そして、3走前の福島記念~小倉大賞典の連続勝利はなかなかできる芸当ではなく評価できるモノとはいえ、2つとも展開に大きく恵まれたことは事実。

つまり、ステイゴールド産駒でやや不気味な存在ながら物理的に考えれば苦戦必至。変に穴人気をするならバッサリと消す予定です。

 

・スワーヴリチャード(デムーロ)

前走のドバイシーマクラシックはコノ馬の持ち味を活かせない後方待機からの差し込みで3着と上々の内容だが、

叩き2戦目で得意の左回りである点を考慮すればシュヴァルグランに先着を許した内容はやや気掛かりな材料。

そして、実際に昨年のジャパンカップも勝ち馬のアーモンドアイとキセキからは大きく離された3着とやや闘争心が薄れているイメージは否めず。

さらに本質的にはスローペースの軽い馬場で実績を残している馬だけにキセキが作り出すハイペースとタフな馬場は適性の面で微妙。

つまり、今回は一見して狙えそうなイメージながら冷静に分析すると危険な要素も多い状況。現状で軽視の方向で考えたい。

 

・タツゴウゲキ(秋山)

2年前の小倉記念から新潟大賞典の連勝は非常に鮮やかなモノであり、中身を考えれば非常に強い内容。

つまり、単純なポテンシャルとしてはGⅢレベルでは上位に属する馬だが、今回は昨年の宝塚記念から1年の休み明け。

物理的に考えれば記念出走の意味合いが強くケガをせずに回って来るだけが濃厚。ここは9割の競馬ファンの考え通りの軽視でOKです。

 

【宝塚記念2019予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

前走は不本意な逃げる競馬で最後はガス欠になる失速だが、折り合えさえつけば国内最強クラスのポテンシャルの持ち主であり、

今回の宝塚記念でアタマを取る確率が高いと考えている馬の2頭の内の1頭。さらに枠番も絶好で後はジックリと折り合いを付けて脚を温存するのみ。

ココは距離短縮で差しに回る位置取りショックで末脚が炸裂する可能性は大。そして、最後はGⅠを勝つのは◯◯◯騎手だよね~となりそう予感が…(苦笑)

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

上半期のドリームレース『宝塚記念

春G1クライマックスのこの1戦も血統に大きな傾向が!

G1ホースが6頭出走予定しておりグランプリにふさわしいメンバーが揃った宝塚記念!

過去の優勝馬を見るとドリームジャーニー、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴル、ゴールドシップとステイゴールド産駒が圧倒的な成績を残しています!

年末のグランプリ有馬記念でもこの種牡馬は好成績を出していてグランプリの特注血統と言えるでしょう。

【今年出走予定のステイゴールド産駒】

エタリオウ、ショウナンバッハ、スティッフェリオ

このレースは昨年優勝のミッキーロケットも当てはまるのですがG1で惜敗している馬の初G1制覇が達成されることが多いレース。

今年はエタリオウが当てはまるので大注目しています。

宝塚記念と同じ中距離重賞での的中成績です!
━━━━━━━━━

━━━━━━━━━

ステップレースの目黒記念含めて大舞台に強い印象ですね。

それぞれソールインパクト、ロジャーバローズ、カレンブーケドールなど穴馬をしっかり捉えて当てているので今回の宝塚記念もどんな穴馬を入れてくるのか楽しみです!

⇒ 血統研究家の宝塚記念週の予想はコチラから

まずは無料メルマガ登録でぜひお試しください!

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約