りょう店長の競馬予想ブログ

【宝塚記念2019】プレ予想と先週の結果

time 2019/06/17

今回は【宝塚記念2019】プレ予想と先週の結果についての記事です。

上半期の競馬を締め括る大一番・宝塚記念は個人的に数多く存在するGⅠの中でも好きなレースのひとつであり、

さかのぼれば◎ナカヤマフェスタ・◎アーネストリーの的中を含め、数年前には◎マリアライトで単勝を1本釣りするなど相性の良い1戦ですが、

近年はやや特殊な馬場傾向やメンバーレベルのせいで〝本来の宝塚記念〟とはズレる結末を迎えているイメージで馬券の方も不発…。

そして、実際にこの2年の結果を踏まえてやや苦手意識が根付いて来た印象は否めず、今回も現段階では色々と悩んでいる状況とはいえ、

今年は週末の雨などの影響を含め久々に本来の宝塚記念らしいレースとなりそうな予感?

つまり、荒れ馬場で時計の掛かる条件で争われる可能性があり、非根幹距離×タフな馬場という点から反主流の血統背景の馬が台頭する舞台に凶変するケースが大いにあり得る状況。

ちなみに今春はディープインパクト産駒が怒涛の活躍を見せたGⅠ戦線でしたが、

〝競走馬の能力の方向は一定ではない〟と言う点を含め、上記の条件となれば非ディープ産駒に注目することになりそうですね!

それでは上半期を締め括る大一番の宝塚記念。ココからの1週間はジックリと時間を掛けて3年振りの的中を目指して予想をして行きたい所です!\(^o^)/

では、宝塚記念2019のプレ予想の前に先週の予想結果を振り返りから…。

sponsored link

【先週の結果】6/15・16

先週は土日で極端な結果となり完勝の土曜日に対して日曜日はダメダメで散々な予想。

そして、トータルとしては土曜日の貯金をやや崩して終了する結果でしたが、不思議なモノで精神的なダメージは大きく大敗した様な気分です。(苦笑)

これは恐らく競馬ファンならあるあるだと思いますが、土曜日よりも日曜日に勝つ方が気分的には「よし!今週は勝ったぞ!」となる訳であり、まさに先週はその真逆。

ただ、予想としては注目度の高い日曜日に大失速した点は反省すべき所であり、素直に申し訳ございません。

そして、今週は先週とは比にならないほど注目を集める宝塚記念ですから、今週こそは。の気持ちで気合を入れて頑張ります!

 

ちなみに絶好調の土曜日は単複予想は5頭の推奨に対して1 着が3頭、2着が2頭、馬券圏外が1頭とほぼほぼパーフェクトの予想!\(^o^)/

そして、その一部の予想と根拠は下記の通り。

【函館2R】勝負度D/妙味度D

<本命馬の推奨理由>

◎ファンタスティック(1着・6番人気)

単勝:970円
複勝:250円

前走は好スタートから終始外々を回るチグハグな競馬で位置取りも徐々に下げるやや不可解な内容だが、苦手な左回りである点を考えれば致し方ない気も否めず。つまり、前回は直線だけの競馬で5着を確保した強い内容であり、負けて強しのモノ。そして、今回は実績のある右回りコースで前回以上のパフォーマンスを期待できるタイミング。後は小回りの函館コースの内枠は気になる所だが、鞍上に武藤騎手を迎えて積極策を取れば特に問題はないはず。ここは一変を期待する。

 

【遊楽部特別】勝負度E/妙味度D

<本命馬の推奨理由>

◎サクラユニヴァース(1着・3番人気)

単勝:540円

実績のある洋芝に戻りネオユニヴァース産駒ならダートから芝戻りのショックは効果的。今回は外枠からスムーズな競馬で一発を期待する。

 

【阪神12R】勝負度C/妙味度E

<本命馬の推奨理由>

◎シェパードボーイ(1着・1番人気)

単勝:310円

前走は好スタートから控える競馬で結果的にVラインの位置取り(6-6-9-9)で6着と完全に鞍上のミス騎乗であり、スムーズなら馬券圏内はあり得た内容。そして、今回は鞍上を強化して外枠からスムーズに先行すれば位置取りショックが掛かる絶好のタイミング。ここは巻き返しが濃厚だろう。

コチラはりょう店長が購入した馬券ですが、いつもお世話になっている読者の方はドカーンと下記の馬券を的中。

この会員様とは前日に「土曜日に一番自信のあるレースはどこですか?」という質問を頂いていた経緯があり、

即答で阪神12R◎シェパードボーイと答えた次第ですが、受付番号の0001が全てを物語る一球入魂。お見事な単勝勝負ですね!おめでとうございます。

 

それでは本題の前にココからは少々別のお話を…。

年明けからスタートしたりょう店長の競馬攻略マガジンですが、諸事情により7月からは一部の配信内容と価格を訂正してお届けする予定です。

コチラに関しては〝良い予想を提供するにはどうするべきか?〟という観点を改めて見つめ直した苦渋の決断であり、

その点のフォーカスを置いた配信スケジュールに変更するつもりです。

そして、具体的には宝塚記念が終了した後にお伝えをするつもりですが、簡単に言えば「重賞回顧・次走注目馬」を廃止して平日は自分の復習に集中することです。

実際にレースの回顧は膨大な時間が掛かる上にそれを文字にして配信するとなると相当な労力を要します。

もちろん、それを楽しみにして下さっている方がいることは重々承知ですが、自分の平日のスケジュールを考えても正直な所でキャパオーバー。限界というのが本音…(汗)

今回はこの点を総合的に考慮した結果で〝平日の有料配信を一切停止して週末に備える〟という結論に至った次第です。どうぞ、ご理解いただけると幸いです!m(__)m

 

ちなみにりょう店長の競馬攻略マガジンの下半期の会員募集やそのほかのブログでは書けない競馬ネタは下記の無料メルマガで配信をしています。

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

ぜひ、ご興味のある方はご登録をして最新の情報をチェックして下さい!週末には無料で楽しめる情報も配信中です!\(^o^)/

 

先週の予想結果

<重賞予想>

【函館スプリントステークス】
1着:☆カイザーメランジェ(5番人気)
2着:△アスターペガサス(2番人気)
3着:◯タワーオブロンドン(1番人気)

5着:◎ペイシャフェリシタ(3番人気)

 

【ユニコーンステークス】
1着:△ワイドファラオ(3番人気)
2着:▲デュープロセス(2番人気)
3着:△ダンツキャッスル(6番人気)

11着:◎ヴァイトブリック(4番人気)

 

<厳選レース予想>

【HTB杯】
1着:△レコードチェイサー(1番人気)
2着:△オフクヒメ(7番人気)
3着:◯オーパキャマラード(2番人気)

4着:◎イサチルルンルン(6番人気)

 

<単複予想>

【土曜日】
函館2R:ファンタスティック(1着・6番人気)
阪神4R:ラー(2着・5番人気)
阪神5R:ダンディズム(2着・1番人気)
阪神9R:ダノンフォワード(11着・2番人気)
函館12R:サクラユニヴァース(1着・3番人気)
阪神12R:シェパードボーイ(1着・1番人気)

【日曜日】
函館4R:リヴォルヴァー(7着・2番人気)
阪神7R:ラインジェット(6着・5番人気)
函館8R:タガノスカイハイ(7着・4番人気)
東京8R:アゴベイ(3着・2番人気)
阪神9R:シゲルゴホウサイ(9着・7番人気)
東京9R:トレンドライン(7着・3番人気)
阪神10R:ストーミーバローズ(2着・1番人気)
東京10R:アルムフォルツァ(4着・1番人気)
阪神11R:キョウヘイ(11着・6番人気)
函館12R:トーセンスーリア(2着・4番人気)

 

【宝塚記念2019】プレ予想

最後に現段階の本命候補をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

天皇賞(春)を凡走してからの宝塚記念は激熱のローテーションであり、血統背景を考えればタフな馬場の非根幹距離はベスト条件。

さらに今回から新コンビとなる◯◯騎手もコノ馬には絶大に合いそうなイメージ。ここは善戦マンではなくアタマを取る可能性まで取る可能性はあるだろう。

 

--【PR】----------

<第60回 宝塚記念>

キセキ・レイデオロ陣営が
恐れる穴馬とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

●梅雨時の開催、道悪適性がカギに

開催時期が6月下旬(今年は6月23日)の梅雨シーズン真っ只中ということもあり、天候に恵まれない年も多い。馬場整備の技術が進んでいるため極端な馬場悪化とまではいかなくとも、直近3年は全て稍重での開催となっている。今春、東京競馬場で行われた芝GIではレコード決着が続いたが、阪神競馬場は直線に坂が待ち受けるなど全体にタフなコース設定がされており、内回りということで流れも速くなりやすい。故に、高速馬場で結果を残してきた素軽いタイプが苦戦することもままあるのが宝塚記念の特徴だ。

●過去10年で5勝、ステイゴールドを狙うなら頭で

宝塚記念を語る上で外せないのが、ステイゴールド産駒の強さだろう。過去14頭が出走して【5-0-0-9/14】と5勝を挙げており、これは86年までのデータを遡っても最多記録。むしろステイゴールド以外に当レースを3勝以上した種牡馬は居らず、宝塚記念への適性という点では他の追随を許していない。ただ、馬券になったのは全て「勝ち馬」で、来るならアタマというタイプ。今年の出走予定馬で言えば、天皇賞(春)4着からの参戦となるエタリオウ、2月の小倉大賞典を制したスティッフェリオらがステイゴールド産駒であり、要注目。

●今年は豪華メンバーが勢揃い!

押し出されるような格好で近走不振のサトノダイヤモンドが1番人気に推された昨年と比較して、今年の出走予定馬はハイレベルなメンバーが揃った。人気筆頭は昨年の天皇賞(秋)を歴代2位の好タイムで勝利したレイデオロ。前走のドバイシーマクラシックでは思いがけない先行策で6着に失速したが、依然として国内の中距離路線ではトップクラスの実力馬。鞍上にもルメール騎手を手配しており、牧場サイドの熱量が感じられる采配だ。

安定感という意味ではNo.1評価を与えられるキセキも大阪杯2着から予定通りの参戦を予定している。3歳秋の菊花賞でGI制覇を飾って以来勝利から遠ざかっているが、先行脚質を身に付けた昨秋以降、GIレースだけを使われて掲示板を外さない堅実な走りを披露している。父ルーラーシップは当レースでオルフェーヴルの2着に敗れているだけに、血統的にも雪辱を晴らしたいところ。

ほか、昨年の大阪杯勝ち馬でドバイシーマクラシックではレイデオロに先着する3着と健闘したスワーヴリチャードや、今年の大阪杯を制した同じく5歳世代のアルアイン、鞍上にレーン騎手を手配して牡馬相手に好戦を繰り広げているリスグラシューなど、4~5歳世代を中心に有力馬の層が非常に厚い。前述で挙げた4つの項目を始め、宝塚記念では狙うべきポイントが複数存在する。

昨年の宝塚記念でもレース史上初の参戦となった海外所属馬であるワーザー(10番人気)に自信の◎。馬連だけで92万0000円獲得を達成した。今年も昨年同様に高配当の使者と成り得る激走穴馬の存在が!競馬セブンの最終ジャッジを確認してから馬券購入してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約