りょう店長の競馬予想ブログ

【安田記念2020】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2020/06/05

【安田記念2020】予想考察|オッズと出走馬分析

本記事は東京競馬場・芝1600mで行われる安田記念2020の予想考察に関する内容です。

出走馬はアーモンドアイ、ダノンプレミアム、グランアレグリア、インディチャンプ、アドマイヤマーズなどが予定。それではオッズと出走馬分析から予想のヒントを探して行きます。

【安田記念2020】予想考察(オッズ・出走馬分析)

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 アーモンドアイ 1.7倍
2 インディチャンプ 5.2倍
3 ダノンプレミアム 6.4倍
4 ダノンキングリー 8.2倍
5 グランアレグリア 9.9倍

 

1番人気は日本最強ホースであるアーモンドアイ

前回のヴィクトリアマイルでは改めて強さを見せ付ける大楽勝で国内最強馬を証明。今回は初めて使い詰めたローテーションではあるものの陣営がOKのジャッジを下したのであれば心配は不要。ココは力さえ出し切れば当たり前の結果になるはず…?

 

2番人気は昨年の春秋マイル王者であるインディチャンプ

前哨戦のマイラーズカップを順当に勝利して満を持して挑む今回。昨年は少々恵まれた形での安田記念の勝利だけに今年はガチンコ勝負でアーモンドアイに勝てるのか…?

 

3番人気はマイル路線でGⅠ制覇を狙うダノンプレミアム

前回のクイーンエリザベスステークスは何頭分外に回るの…?というレベルの雑な騎乗で3着と負けて強しの内容。今回はソツなく騎乗するレーン騎手に手綱が戻り巻き返しが濃厚…?

 

後は東京コースの舞台替わりがプラスに働くダノンキングリーに高松宮記念からの巻き返しを狙うグランアレグリアなどに続く。

 

出走馬分析

アーモンドアイ(ルメール)

国内最強ホースの実績を持つ同馬で前走のヴィクトリアマイルは馬なりで後続に0秒7差を付ける異次元のパフォーマンスと高速馬場の東京コースなら改めて力のある所を証明した。

ただ、今回は前回と比較して1、2枚は上手になる牡馬の一線級を相手にするメンバー構成で初めて間隔を詰めた中3週のローテーションは気になる材料のひとつ。

さらに週末は土曜日にまとまった雨が降る予報でパンパンの良馬場でレースをするのは難しいはず。今年も昨年と同様に何者かに足元を救われる可能性は多少なりともありそうだ。

 

・アドマイヤマーズ(川田)

NHKマイルカップや香港マイルの内容から体力が豊富なL系の馬で富士ステークスの大敗が少々引掛かるとはいえ、本質的には休み明けのフレッシュな状態は走れるタイミングと考えてOK。

そして、前回の結果からポテンシャルの証明は十分で今回のメンバーを相手にしても大きく見劣ることはないだろう。後はテン乗りの川田騎手が積極的なエスコートをすればチャンスはあるはず。

 

・インディチャンプ(福永)

ステイゴールド産駒のC系で昨年は昨年は少頭数の前哨戦を軽く負けた後の本番(安田記念・マイルチャンピオンシップ)で見事に巻き返す勝利で春秋マイルチャン王者に輝いた存在であり、高いマイル適性とポテンシャルの証明は十分。

そして、今回は前哨戦のマイラーズカップを昨年とは異なり1番人気で1着後であるローテーションと勢いのある臨戦に見えるが、年齢を重ねて徐々にL系の要素が出てきている可能性が否めず。

つまり、昨年よりは破壊力が薄れているはずで堅実に着をまとめてもアタマまではないイメージ。馬のキャラを考えても外目の枠に入ると多少は苦しくなりそうだ。

 

・グランアレグリア(池添)

中間は熱発の影響でヴィクトリアマイルを回避するなど色々なことがあったことは事実だが、結果的には高松宮記念から間隔を広く出来た点はコノ馬には大きなアドバンテージでプラスに働くと考えてOK。

そして、その前走の高松宮記念は内目からロスなく立ち回りを見せた馬が上位を独占する中で1頭だけ外から異次元の末脚で差し込みあわや1着かと思わせる2着と負けて強しの内容。

実際に近2走は阪神カップの内容と合わせて後方から末脚を伸ばす競馬が板に付きつつあり、以前の様なモロさを一切見せ付けない強い競馬のオンパレード。

つまり、今回は上記の通りゆったり間隔を明けたローテーションでスプリント路線からの異端臨戦。さらに実績のあるマイルへの距離延長でスムーズに先行をすれば位置取りショックが掛かる絶好のタイミング。真ん中辺りの枠から自然と前に付ける形なら大金星の可能性も大いにありそうだ。

 

・ダノンキングリー(戸崎)

近2走は阪神・中山で結果を残してるとは言え、本質的には高速馬場で直線の長い東京コース巧者で舞台が替わる点は歓迎材料だが、前走の大阪杯で逃げの位置取りショックを使った後のローテーションは大きな減点材料のひとつ。

つまり、今回は形としては楽⇒苦のパターンになる可能性が高く中途半端に流れに乗る競馬をすると直線では全く伸びずのレースになることもありそうだ。

 

・ダノンプレミアム(レーン)

早熟傾向にある中内田厩舎のディープインパクト産駒にしては大健闘を示している同馬であり、昨年の天皇賞(秋)とマイルチャンピオンシップの連続好走から単純に高いポテンシャルがあると考えてOK。

そして、前走のクイーンエリザベスステークスは59キロの斤量で不良馬場と悪コンディションの中で4コーナーから直線に掛けて異常なままの大外ブン回しと荒い騎乗で3着と負けて強しの内容。全く悲観することはないだろう。

つまり、今回は実績のあるバウンド短縮で東京コース替わり。鞍上のレーン騎手との相性は正直な所でイマイチな気もするが、シンプルに先行すれば結果は自然とついて来るはずだ。

 

・ダノンスマッシュ(三浦)

前哨戦のダノンという言葉を象徴する様な成績であり、前走の京王杯スプリングカップを逃げて1着後のローテーションは最悪の形。さらにマイルの舞台に入ると上位勢からは1.2枚は力が落ちる印象は否めず、苦しい戦いになるはずだ。

 

【安田記念2020予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

近走のパフォーマンスは高いレベルで安定しており、前走は無茶苦茶なレースで3着と改めて強い競馬。今回は東京コース替わり+距離短縮なら普通にチャンスがあるはずだ。

 

りょう店長の競馬新聞のお知らせ

りょう店長の競馬新聞では週末に役立つ競馬情報を配信中。そして、今週は日曜日に行われる安田記念の予想を公開予定!メールアドレスひとつで簡単に登録が可能。皆様の購読を心からお待ちしております!^^

▷ りょう店長の競馬新聞(無料)

ちなみに上記の無料メルマガでは書ききれないその他のレースを含めたフル予想はりょう店長の競馬新聞(完全版)にて配信中。主なコンテンツ内容としては…

・重賞レース予想
・厳選レース予想
・その他の狙い馬!
・りょう店長の複コロ!

を毎週末に絶賛配信中。コチラは競馬×有料という胡散臭さが漂うコンテンツですが、りょう店長の競馬に対する知識を余すことなくフルでお届けしている自信のメールマガジン。ちなみに先週の主な的中は下記の通り。

【日本ダービー】
1着:◎コントレイル(1番人気)
2着:◯サリオス(2番人気)
3着:☆ヴェルトライゼンデ(10番人気)

三連複(◎◯☆):2480円

 

【目黒記念】
1着:▲キングオブコージ(1番人気)
2着:△アイスバブル(6番人気)
3着:◎ステイフーリッシュ(7番人気)

三連複(▲△◎):19270円

 

【安土城ステークス】
2着:◎グランドロワ(15番人気)

複勝(◎):1360円

上記の馬券が示す通りひとレースの購入金額も常識の範囲内であり、目指すは単勝のクリーンヒットや三連複の万馬券というローリスクハイリターン。1日の馬券予算は概ね1万円以内(勝負レース時は例外)を心掛けているスタイルでお小遣い制のサラリーマンのお父様の相性は抜群だと自負しています。

そして、個人的には月単位の購読になるりょう店長の競馬新聞(完全版)をオススメさせて頂きたいですが、最初から1ヵ月も…という方に向けて日売りのnote販売も実施中。コチラは若干の割高価格で設定をしているとはいえ、有料コンテンツの入門編としては手の出しやすいツール。お手軽にお試し頂ければと思います。

▷ りょう店長の競馬予想ノート

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)

きっと今まで以上に週末の競馬が楽しくなり予想に対するプロセスが変化してくるはず。ぜひ、今週からりょう店長と共に競馬ライフを楽しみましょう!\(^o^)/

 


 

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約