りょう店長の競馬予想ブログ

【安田記念2019 予想】本命:インディチャンプ

time 2019/06/02

本記事では安田記念2019の予想を公開します。

東京競馬場・芝1600mで行われる安田記念は上半期のマイル王者を決める争いとはいえ、近年は中距離路線から参戦する馬の影響からメンバーの質が変化している印象であり、

生粋のマイラーよりはマイル以上の距離に実績のある馬が注目を集めるレースになりつつある現状ですが、今回も例にもれずその状況にある2頭が人気をひしめき合う形。

そして、その馬は国内最強ホースであるアーモンドアイと4歳牡馬世代ではトップクラスの力を持つダノンプレミアムとなる訳ですが、

現段階のオッズでは2頭が飛びぬけた形で3番人気のアエロリットでは10倍を超えるオッズとGⅠでは久々に見る2強対決。

ちなみ競馬用語のみならずで使われる〝両雄並び立たず〟という言葉は割と的確なモノであり、競馬界においても一種のあるあるの様な現状ですが、

今回も個人的にこの2頭がワンツーフィニッシュをする確率は馬連のオッズよりは圧倒的に低い期待値であり、どちらかが馬券圏外に敗れる可能性は大いにあるという見解。

つまり、他の伏兵にもチャンスが大いにある状況で単勝という馬券がひとつカギを握る重要な券種となるはず。ここはその点も意識して予想を組みたい所です。

それでは近年の中では最も熱き戦となりそうな令和最初の安田記念。バシッと当てて今週こそはGⅠを仕留めたいと思います!\(^o^)/

 

<日曜日のイチオシ!うま>

〝本日のイチオシ!うま〟グリーンステークス(阪神11R)のコノ馬!

▷ 【人気ブログランキング】

前走は長期休養後の叩き2戦目でガラリと一変する内容だが、元々はチェスナットコートなどと差のない競馬をしていた馬であり、順当に勝ち抜けた考える方がベター。

そして、今回は格上げ戦で内枠とステイゴールド産駒がパフォーマンスを上げる絶好のタイミング。内で集中力を活かす競馬で長距離戦線に名乗りを挙げる連勝を期待する。


 

おはようございます、りょう店長です。

土曜日の競馬は鳴尾記念の◎ステイフーリッシュは3着に好走するも絞る相手を間違い無念のハズレですが、

東京のメインは◎テルペリオン(4番人気)が見事に1着と何とか面目は保つ結果でしたが、やはり注目度の高いレースを当ててこそ盛り上がるのが競馬ですよね…。

つまり、今日の安田記念はバシッと当てて天皇賞(春)以来となるGⅠで歓喜と行きたい所です!(@_@)

sponsored link

【安田記念2019】予想

本題の前にレース展望・過去の傾向・データ分析・出走馬分析など予想のヒントは下記の記事で公開中!

【安田記念2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【安田記念2019】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)

【安田記念2019】予想考察|オッズと出走馬分析(後編)

最終結論の前にコチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

 

予想と見解

本命:◎インディチャンプ

ステイゴールド産駒のC系で緩いペースになる少頭数の前哨戦をを負けた後の相手アップ+混戦の内枠は絶好の条件であり、

一気にパフォーマンスを上げて来る可能性は大。さらに結果的に2番人気で4着とストレス疲労が全くない状況で力をフルに出せるタイミングと考えてOK。

さらに高速馬場の適性は3走前の元町Sと2走前の東京新聞杯で証明済みで今の東京の馬場にも対応は可能。スタートで大きく立ち遅れない限りは今の路面を味方に出来るはず。

つまり、今回は狙えるタイミングである上に絶好の条件。後は外枠にいる能力の抜けた2頭を逆転できるか?だが、

近年の安田記念はポテンシャルと同様に舞台の適性が重要となるイメージ。そこに望みを託せば逆転できる公算は十分にある。ここは最内から一発を期待したい。

 

対抗:◯人気ブログランキング

前走のヴィクトリアマイルは海外帰りで休み明けとやや不安の残る状態にも関わらずオーバーペースで逃げての5着と負けて強しの内容であり、

改めて高いポテンシャルと高速馬場の東京コースに対する高い適性を示した競馬。つまり、今回も引き続き警戒が必要な馬で内枠からスムーズならアッサリもあるはず。

後は額面的には2番人気で5着後とストレス疲労が無さそうな状況とはいえ、肉体的な疲労は少なからずありそうな状況。ここはその点を考えて1つ落とした対抗の評価とする。

 

3番手:▲ステルヴィオ

前走の大阪杯は適性外の2000mを言い訳にするには不可解過ぎる敗戦だが、本来の力をフルに発揮したとは言えない結果でノーカウント。

そして、実際に昨年の毎日王冠で高速馬場×前残りの展開を外から豪快に差して2着したアノ内容を含め、東京コースは得意条件で距離もマイルがベター。

つまり、今回は前回の大敗に目を瞑れば狙える要素は盛り沢山。ここは鞍上にレーン騎手を早々と手配して勝負気配は十分。一発を期待する。

 

4番手:☆サングレーザー

昨年の安田記念は大阪杯を激走した後の厳しいローテーションを考えれば負けて強しの5着であり、あの敗戦で舞台の適性が無いと見切るのはナンセンス。

さらに昨秋は天皇賞(秋)の好走を含め単純に高いポテンシャルを秘めた馬で今回のメンバーでも大きく見通ることはないはず。

つまり、今回は前回の大阪杯で負け過ぎていることは気になる材料だが、ストレス疲労の点で考えれば昨年以上の結果が期待できるタイミング。ここは岩田騎手の必殺技であるイン差しにも期待をして狙いたい。

 

今年の安田記念は色々と検討を重ねた結果で上記の4頭で勝負します。つまり、2強のアーモンドアイダノンプレミアムは馬券の構成上で消しという判断を下します。

ただ、上記の2頭は馬券に絡む可能性は十分にあり、普通に馬券を買うなら抑えるべき馬であるということはご理解頂けると幸いです。オマケとして最後にその2頭の評価をチラッと…。

 

・アーモンドアイ

前走のドバイターフは外に出せばいつでも突き抜ける…と言わんばかりの手応えで完勝と国内に留まらず海外にも敵がなしと言う状況であり、単純な能力は抜け過ぎている馬だが、今回は超高速馬場で内が圧倒的に有利なコースで痛恨の外枠。

さらに変に馬場を意識して変に無理やりマイルのペースを先行すると最後の伸び脚に響くイメージであり、逆に溜めすぎれば馬場のバイアスから伸び敗れるケースもあり得る状況。

つまり、今回はどちらに転んでもこの人気なら「勝たない」ことにベッドする方が吉と出るはず。ここは1着はないと考えて馬券を買う予定です。

 

・ダノンプレミアム

近走は金鯱賞とマイラーズカップで見せた圧巻のパフォーマンスから単純な能力はメンバ―トップクラスだが、これまでは内枠から立ち回りの巧さを活かした勝利が目立ち外枠で前半から位置を取りに行けば最後まで脚が持つ保証はない状況。

さらに前走の前哨戦で緩すぎるレースを経験したことで今回はハイペースになれば楽⇒苦の流れでお世辞にも歓迎と言い難いタイミング。コチラも期待値を考えれば勝たない方にベットする方がベターとなるはず。

 

印のまとめ

◎インディチャンプ
人気ブログランキング
▲ステルヴィオ
☆サングレーザー

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第69回 安田記念(G1)>

激走穴馬情報で好配当を狙い撃つ
【穴の3連単馬券】を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

一時、出走が取り沙汰されていた、香港最強マイラーのビューティージェネレーションの来日は残念ながら実現しなかったが、現役最強馬と目されているアーモンドアイに、復帰2戦を圧巻のパフォーマンスで制したダノンプレミアムが激突。更には、アエロリット、ケイアイノーテック、ステルヴィオ、ペルシアンナイト、モズアスコットなどのGI馬が多数参戦を予定しており、例年に比べても注目度は俄然高いと言えよう。

注目度が高くなればなるほど、世に出回る情報は多くなる。しかし、それが有益かどうかの話は別。本音を世間に語るメリットのない関係者がマスコミに語る大部分は建前コメントでしかなく、いわゆる毒にも薬にもならないモノばかり。そこから確信に至る結論を導き出すのは相当困難な話であり、それらを参考に馬券を買っていては、大部分が運に左右されると言わざるを得ない。

また、今の競馬界で最も注目されるべき存在がノーザンファームだ。GIを席巻するノーザンファームの思惑を知らずして馬券購入することなど考えられない話だが、ノーザンファームが有する天栄、しがらきは“外厩”であり、トレセン内の施設ではない。すなわち、新聞記者の取材が及ばないことを意味している。無論、シンクタンクは早くから“外厩”の重要性に着目しており、そこからも情報を入手できるような態勢を整えてきている。競馬界の新たな時代の波にもシッカリと対応している。

マスコミは『アーモンドアイVSダノンプレミアム』の2強対決として煽り立てるかもしれないが、9番人気モズアスコットから的中をお伝えしてた去年や、圧倒的1番人気モーリスが8番人気ロゴタイプに敗れた2016年など、そもそも安田記念はひと筋縄ではいかないレースであり、まだ結論を下すのは早計だと断言しよう。

現段階では公表できないが、ある有力馬の「実は◯◯が良くないのでは……」という話や「ウチの馬が勝ちますよ」と豪語する陣営の存在など、安田記念の情報は続々と入ってきている。

少しでも多くの競馬ファンの方々に、確かな関係者情報があることを知って頂くべく、今週の安田記念【穴の3連単馬券】を特別に無料公開する。前哨戦の京王杯スプリングCの3連単2万0940円的中、3連単1万8190円的中の東京新聞杯などでも確かな実績を残しているので、ぜひともこのチャンスをお見逃しなく。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約