りょう店長の競馬予想ブログ

【天皇賞(秋)2020 予想】本命:アーモンドアイ

time 2020/11/01

【天皇賞(秋)2020 予想】本命:アーモンドアイ

今回は東京競馬場・芝2000mで行われる天皇賞(秋)2020の予想を公開します。

主な出走馬はアーモンドアイ、クロノジェネシス、ダノンキングリー、フィエールマン、キセキなどが予定。それでは予想見解は下記の通りです。

sponsored link

【天皇賞(秋)2020】予想

天皇賞(秋)の予想考察は下記のリンク先で公開中!

【天皇賞(秋)2020】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【天皇賞(秋)2020】予想考察|オッズと出走馬分析

 

予想と見解

2020年の天皇賞(秋)は寂し気なフルゲート割れの12頭で争われる1戦だが、古馬中距離G1の名に恥じない豪華メンバーが集結。ここはシンプルに予想を組み立てる。

 

本命は◎アーモンドアイにする。久々にコノ馬に本命を打つわけだが、フレッシュな休み明けでエネルギーがフルにある状態なら安心して買えるタイプで今回はそのタイミング。

馬の適性や能力に関しては今さらとやかく言う必要はなく少頭数で摩擦の少ないレースになりそうな点も強力な追い風。ここは5歳牝馬の秋という事を踏まえても馬券圏内を外すことはないはず。断然の人気ながら本命という評価にする。

 

対抗は◯キセキにする。一時期のスランプからは完全に脱却したイメージで前走の京都大賞典を1番人気で2着からのステップはストレス疲労を残さない最適な形。噛み合えばこのメンバーでも戦える力を秘めた1頭で一発を期待する。

 

3番手は▲ダノンプレミアムにする。前走の安田記念は少々負け過ぎイメージも2走前のクイーンエリザベス2世カップは強い競馬で能力的には足りるだろう。昨年と同じ安田記念からの休み明けローテーションで巻き返しを期待する。

 

4番手は大穴で人気ブログランキングにする。このメンバーに入るとワンパンチ足りない点は否めないとはいえ、秘めた末脚は強烈でハマれば不気味な1頭。直線の広い東京コースはベストで決め打ちの騎乗が決まればチャンスはあるはずだ。

 

△ダノンキングリーもプレミアムと同じく安田記念からの休み明けローテーションで走れるタイミング。ただ、近走は折り合い面に課題が見られこの距離のこの頭数は不安材料。

 

△フィエールマンは得意の休み明けのローテで少頭数は歓迎。後はテン乗りとなる福永騎手と久々の2000mがポイントになりそうだ。

 

△クロノジェネシスは前走の宝塚記念は驚愕の内容で改めて高いポテンシャルを証明。今回も決して悪くないタイミングだが、他に書いた馬が上位におり抑えまで。

 

印のまとめ

◎アーモンドアイ
◯キセキ
▲ダノンプレミアム
人気ブログランキング
△ダノンキングリー
△フィエールマン
△クロノジェネシス

 

りょう店長の競馬新聞(完全版)とは…?

りょう店長の競馬新聞(完全版)ではブログでは書ききれないフル予想を公開中。そして、本日の予想配信の予定は下記の通りです。

<重賞予想>
1.天皇賞(秋)

<厳選予想>
1.福島民友カップ
2.カシオペアステークス
3.五色沼特別

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)@購読はコチラから

 

なお、月額の購読は…と言う方に向けてnoteでは1日単位の予想で販売中。まずはコチラでお気軽にご購読をして頂けると幸いです!^^

▷ 【りょう店長の競馬新聞】日曜日の狙い目(11/1)

 


 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約