りょう店長の競馬予想ブログ

【天皇賞(秋)2019】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)

time 2019/10/24

今回は【天皇賞(秋)2019】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)についての記事です。

東京競馬場・芝2000mで行われる天皇賞(秋)は秋の古馬中距離シリーズの初戦であり、ジャパンカップ⇒有馬記念と続く熾烈な争いですが、今年は日本のトップクラスに君臨するアーモンドアイとサートゥルナーリアが満を持して登場。

そして、近年はノーザンファームによる使い分けのローテーションで上記の2頭が同じレースに出ることは無いと思われていた訳ですが、スミヨン騎手の来日により実現する対決。人気の方はアーモンドアイとはいえ、サートゥルナーリアが逆転をする可能性は大いにあるはず。本当にどの様な結末を迎えるのか?非常に待ち遠しいですね!

ちなみに今年の天皇賞(秋)はベタに3席ある内の2席はあの2頭が独占。残りの1席に入る馬を探すゲームと考えてOK。個人的には印は4~5頭に絞り少ない点数でバシッと当てたい所です。

ただ、馬券的な妙味は…とはいえ、これだけの豪華メンバーで繰り広げられる熾烈な争いですから、ある程度の観戦料は払いたいイメージですね。(苦笑)それでは各馬をシッカリと分析して残りの1席に入り込む馬を探して行きましょう!(^o^)/

sponsored link

【天皇賞(秋)2019】予想考察

レース展望

前回の記事でもチラッと触れた通り、前哨戦を叩いて本番というローテーションは死語になりつつある現代競馬であり、一昔前は毎日王冠を叩いて天皇賞(秋)でメイチというステファノスでお馴染みのローテが鉄板でしたが、近年はそれすらも風化している状況。

そして、今年も例にもれず安田記念からの休み明けで挑むアーモンドアイが1番人気となり同じく同レースから参戦するダノンプレミアムが3番人気になろうメンバー構成ですが、今回は叩き2戦目チームからも骨っぽい馬がスタンバイ。

神戸新聞杯を叩いて挑むサートゥルナーリアを含め、毎日王冠を叩いてGⅠ制覇を狙うアエロリットに札幌記念から参戦するワグネリアンと天皇賞(秋)を本気で狙いに来ている馬もチラホラと見受けられるメンバー構成であり、意外にも女傑アーモンドアイが足元を救われる可能性も…。

安田記念の内容から馬券圏内を外すシーンはイメージできないとはいえ、内枠で極端に揉まれる競馬を強いられた時のみには1着を外す〟ことも起こりうるかも?

さらに配当を考えても三連単と三連複のオッズがそう大きく変わるとも思えず、期待値を考えれば三連複勝負の方がベターであるはず。今回の天皇賞(秋)はその辺りも考慮しつつ予想&馬券の構築を考えていく必要がありそうですね!( 一一)

 

出走馬分析

・アーモンドアイ(ルメール)

現代競馬の申し子の様な馬であり、前哨戦を使わずぶっつけ本番の競馬で常に結果を出し続ける国内最強ホース。

そして、前走の安田記念はスタート直後の不利に加えて内目を先行した馬が上位を独占するトラックバイアスの中で大外から追い込んでの3着は誰もが分かる通りの負けて強しで改めて強さを証明。

昨年のジャパンカップやドバイで披露した強さは正真正銘の本物だ。つまり、今回もフレッシュな休み明けで力を出せる状態ならアクシデントでも無い限りは馬券圏外に敗れる可能性は低いだろう。断然の1番人気ながらベタに評価は必要だ。

 

・アエロリット(戸崎)

高速馬場×東京コースでは無類の強さを披露している同馬だが、前走の毎日王冠もスムーズな逃げを打つと強敵のダノンキングリーに0秒2差の2着とまずまずの内容であり、摩擦の少ない馬場で逃げれば一定の力は常に出すはず。

そして、今回は前哨戦の毎日王冠を叩いての本番。昨年のマイルチャンピオンシップの内容からこの後に適鞍は見当たらずココがメイチの仕上げだろう。距離延長も問題はないはずでスムーズな逃げなら粘り込む可能性は考えらえる。

 

・アルアイン(北村友)

今年は大阪杯で皐月賞以来のG1制覇を飾り能力的に衰えていないことを証明した訳だが、今は以前とは違い高速馬場よりはタフな時計の掛かる馬場の方がベター。

ただ、東京コースよりは阪神&中山コースの方に適性があるイメージで東京だと切れ負けをする可能性が大。さらに陣営の思惑としてもココを叩いてマイルチャンピオンシップ狙いの匂いがプンプン。今回は軽視で問題はないはずだ。

 

・カデナ(藤岡佑)

3歳時は弥生賞を制覇した実力の持ち主だが、その後は低迷した成績を辿るも近3走は復活した様に連続好走で馬券圏内に入選をする好成績。

そして、ストレス疲労を考慮すれば強い連続激走で一定の評価ができる内容ながら今回に限れば激走後のストレス疲労が出る狙い辛いタイミング。さらに単純なポテンシャルでも足りるとは思えず苦戦が濃厚だ。

 

ケイアイノーテック(幸)

昨年のNHKマイルカップを制覇して以降は見所の無い成績であり、前走の毎日王冠の内容からもガラリと一変を期待するのは酷。さすがにコノ馬が馬券圏内に来たらそれは…。

 

・ゴーフォザサミット(北村宏)

コチラも昨年の青葉賞以降は振るわない成績であり、コンスタントに掲示板前後には乗るもワンパンチが足りないイメージ。実際に前走のオールカマーも直線の中頃まではオっと思わせる競馬ながらの失速と現状はこの程度が限界。

つまり、当然ながら相手が強化される今回でパフォーマンスアップを望むのは無謀な話。普通に考えれば消しでOKだ。

 

・スティィフェリオ(丸山)

ステイゴールド産駒ながらL系の要素を多く秘めた馬であり、前走のオールカマーは宝塚記念からの相手ダウン戦で逃げの位置取りショックを使い完勝と全てを使い果たした勝利。

つまり、今回は楽⇒苦のタイミングで仮に逃げたとしても最後はバタっと止まるはず。中途半端に穴人気を集めそうなイメージだが、バッサリと消しで問題はないだろう。

 

【天皇賞(秋)2019予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

◯◯◯◯からはあまり前例のない異例のローテーションだが、成長度と充実度を考えれば上位2頭に迫る実力は十分にあるはずであり、極端に時計勝負にならない今の馬場状態は歓迎のクチ。

さらに今回はその他の馬の陰に隠れて人気も急落?馬券的には面白い存在になりそうだ。

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

今週は日曜日に天皇賞(秋)2019の予想を公開予定!\(^o^)/

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録をしてりょう店長の予想をお楽しみ下さい!

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第160回 天皇賞秋(G1)>

アーモンドアイ・サートゥルナーリア
を脅かす穴馬とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年の天皇賞(秋)は史上最高のメンバーが揃ったと言っても過言ではないほどのタレント揃い。まずは五冠牝馬のアーモンドアイ。昨年は牝馬三冠を達成した勢いそのままに、ジャパンCも世界レコードで圧勝。今春のドバイシーマクラシックでは世界の頂にも立ち、名実共に日本最強馬の座に立った。前走の安田記念は大きな不利があり3着に敗れたが、負けて強しの内容。ノーザンF天栄仕上げで休み明けも問題なく、ココは復権を懸けて負けられないところ。

「アーモンドアイを負かすなら」と期待を懸けられているのが、今年の皐月賞馬サートゥルナーリア。ダービーは出遅れが響き4着に敗れたものの、秋初戦の神戸新聞杯を上がり32秒3という究極の瞬発力で大楽勝。秘めたポテンシャルは間違いなく国内トップクラスであるだけに、古馬との初対戦も問題にはならないだろう。

その他、4歳世代の筆頭格で巻き返しを図るダノンプレミアムや、同世代のダービー馬ワグネリアン、更には宝塚記念3着からの参戦となる大阪杯勝ち馬のスワーヴリチャード、毎日王冠2着で左回りの安定感が光るアエロリットなど、現役トップクラスのメンバーが一堂に会する、超ハイレベルな一戦になることが予想されている。そんな混戦模様のレースでこそ輝くのが競馬情報サイト「競馬セブン」だ。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞秋・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約