りょう店長の競馬予想ブログ

【天皇賞(春)2018】予想考察|ローテーション分析と出走馬分析~後編~

time 2018/04/26

今回は【天皇賞(春)2018】予想考察|ローテーション分析と出走馬分析~後編~についての記事です。

本日は木曜日と言う事で、いよいよ天皇賞・春2018の出馬表&枠番が確定します!

京都競馬場・芝3200mの長丁場で行われる舞台設定を含めて、

枠番が結果を左右すると言っても過言ではレベルで重要な枠。

正直な所で天皇賞・春に関しは枠が決まらないと予想が出来ないですね。(汗)

運命の枠番発表は本日の14時過ぎ。

狙っている馬が絶好枠に張る事を願って1日過ごしたいですね!(^^;)

それでは本題のローテーション分析と出走馬分析の方編を…。

sponsored link

【天皇賞(春)2018】予想考察

<ローテーション分析>

基本的には阪神大賞典・日経賞組が大きなウエイトを占める天皇賞・春。

実際に過去10年の主な前走別成績を見てみると…

一時期は天皇賞・春に向けてトレンド的なローテーションになった日経賞を含め、王道路線の阪神大賞典がツートップの成績。

昨年からGⅠに昇格された影響で産経大阪杯は参考外になりますが、

基本ベースとしては〝前走・日経賞&阪神大賞典組から馬券の軸を選ぶ〟事がセオリー。

 

ちなみに今後は昨年のキタサンブラックや今年のシュヴァルグランの様に大阪杯(GⅠ)から参戦してくる馬が増えそう。

つまり、その取捨を考える必要がありますが、

普通に考えてGⅠ⇒GⅠのローテーションは消耗度を考えても決して良くはないはず。

と言う観点で考えるとストレス疲労を残さない大阪杯を負けた組に優位性がありそうですが、

シュヴァルグランの様に負け過ぎるとリズムの面で良いとは言えず。

今年を含め来年以降から「前走・大阪杯組」の扱い方には悩まされそうですね…。(汗)

 

<出走馬分析~後編~>

シュヴァルグラン

昨年のジャパンカップの勝ち馬でキタサンブラックが引退した今、2400m以上のレースでは国内トップレベルの馬。

そして、近2年の天皇賞(春)では3着⇒2着であり舞台への適性は証明済み。

当然ながら今回も大注目の存在にはなるが、個人的に前走の大阪杯で負け過ぎた点が気になる所。

明らかに叩き台のレース・距離不足など敗因は色々と考えられるが、

JCの勝ち馬&有馬記念3着馬の実績を考えれば適性外の条件と仮定してもさすがに負けすぎ。

陣営のコメントでは全く問題はないと見解を示しているが、

個人的には昨年の秋の激走で気持ちが燃え尽きてしまった可能性もあるかと…。

仮にもここでボロ負けするような事になれば復活の道のりは長くなりそう。

今回は1番人気に支持される事が濃厚なだけにどの位置で評価するか、非常に悩む事になりそう。

能力:☆☆☆☆
適性:☆☆☆☆
臨戦:☆☆
期待値:D

 

チェスナットコート

前回は初重賞挑戦の日経賞で2着だが、

前走・日経賞組で最も相性の良い着順は2着であり過去10年で(1-0-2-5/8)の好成績。

マイネルキッツ・ホッコーブレーヴが穴を明けた時も人気薄で2着に激走⇒本番も人気薄で激走の形だった。

今回は普通に考えれば格上とも言えるGⅠ・天皇賞(春)で敷居が高い気もするが、

今年はお世辞にも豪華とは言えないGⅡレベルのメンバー構成。2走前までは条件戦と鮮度の面でも優位性もあり。

そして、ここに来て遅咲のハーツクライ産駒だけに成長している可能性も大いに考えられる。京都・長丁場で信頼度が高い蛯名騎手も含めて穴で警戒したい1頭。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆
期待値:D

 

トーセンバジル

前走の日経賞は2番人気で5着に敗れているが、

これは藤原厩舎のお得意パターンである前哨戦の戦い方。

本番に向けてストレス疲労を残さず大きくリズムを崩す事のない5着は最高の負け方。

昨年の天皇賞(春)では8着に敗れ適性面での心配もあるが、

当時とは全く違うプロセス(ローテーション)で脚質の幅と言う点でも今年の方が断然に有利。

そして、京都大賞典⇒香港ヴァーズの内容から馬自身もパワーアップしている印象で今回のメンバーなら決して能力で大きく劣る事はないだろう。

3走前の京都大賞典の様にスッと先行して内に潜り込む形に持ち込めば勝利まで見えてくるはず。

枠的には内過ぎず外過ぎず4・6・8(10)辺りでお願いしたい。(苦笑)

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆☆
臨戦:☆☆☆☆
期待値:C

 

レインボーライン

昨年の天皇賞(春)は12着に大敗しているが、

大外枠で物理的に不利な状況&苦手の高速馬場で全く競馬にならず。あれだけで適性が無いと見切るのは早い。

近走は4走前の天皇賞(秋)ではドロドロ馬場の中で3着、前走の阪神大賞典は少頭数&タフな馬場を味方に早めに動く競馬で勝利しているが、

基本的には足の遅い馬であり道中の追走スピードが問われない道悪馬場や少頭数で自分のペースで動ける競馬があうタイプ。

実際に昨年のジャパンカップや有馬記念の様に良馬場のフルゲート戦だと全く持ち味を活かし辛いイメージ。

当然ながら今回もその時と同じ局面。上位の人気にはなりそうだが厳しい戦いを強いられそう。

能力:☆☆☆
適性:☆
臨戦:☆☆
期待値:E

 

【天皇賞(春)2018予想考察】のまとめ

本記事ではローテーション分析と出走馬分析~後編~を行いましたが、

その他の予想考察に関しては下記の記事にアップしています。

【天皇賞(春)2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

【天皇賞(春)2018】予想考察|オッズと出走馬分析~前編~

予想の際はご参考にして頂けると幸いです!m(__)m

 

最後にブログランキングでは天皇賞(春)の本命候補の馬・オススメの穴馬を公開中!

気になる方はリンク先、りょう店長の競馬ブログの紹介文からご確認ください(^-^)

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を余す事なく公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

 <第157回 天皇賞・春(G1)>

自信のペナルティ付き!もし、この
天皇賞・春を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、1人気で連対したのは昨年のキタサンブラック(1人気1着)ただ1頭のみと信頼は薄い。単勝1.3倍のオルフェーヴル、ゴールドシップなども馬群に沈んでいるように、波乱が多い長距離GIである。

また、16年カレンミロティック(13人気1着)、14年ホッコーブレーヴ(12人気3着)、12年ビートブラック(14人気1着)、10年メイショウドンタク(16人気3着)、09年マイネルキッツ(12人気1着)、などの二桁人気馬の好走が目立ち、大波乱を演出している。平均配当でも馬連1万1540円、3連複5万1660円、3連単35万9540円となっており3連単では10万馬券以上が8度、最高配当では145万馬券が出ている。

過去10年のステップレース別の成績では日経賞【4.3.2.43】、大阪杯【3.3.2.10】、阪神大賞典【3.3.2.10】、京都記念【1.1.0.3】と、連対馬を出しているのは4つのレースのみ。年齢別の成績では4歳馬【3.1.5.36】、5歳馬【4.5.1.39】、6歳馬【3.2.2.26】、7歳馬【0.1.2.20】、8歳上【0.1.0.25】と勝ち馬や連対馬を多く輩出しているのが5歳馬となっている。

キタサンブラック引退後、古馬GI戦線で主役になるのは果たして!?大阪杯ではスワーヴリチャードが優勝したが、距離適性を考え天皇賞春には向かわず安田記念参戦が決まっている。2着馬ペルシアンナイトも天皇賞春は使わず安田記念が有力。3着馬アルアインはクイーンエリザベスII世Cへ出走予定と、大阪杯上位馬は別路線へ向かう。

今年も波乱必至の淀の3200M戦。実は競馬セブンでは早くからココ目標の、とある陣営の勝負情報を入手済!今後のGI戦線でも主役になる厩舎の期待馬だけに注目の一戦。また、紙面上では完全無印が予想される激走穴馬の存在をスクープ!波乱の立役者となる激走穴馬の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞(春)・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約