りょう店長の競馬予想ブログ

【函館スプリントステークス2019】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2019/06/13

今回は【函館スプリントステークス2019】予想考察|オッズと出走馬分析についての記事です。

函館競馬場・芝1200mで行われる函館スプリントステークスは夏の函館開催のオープニングを飾るお馴染みの1戦であり、

サマースプリントシリーズや暮れのスプリンターズステークスに繋がる今後のスプリント路線に向けた注目のレースですが、

今年は高松宮記念で1番人気に支持を集めたダノンスマッシュと短距離に路線を切り替えて来たタワーオブロンドンの2頭が抜けた人気になりそうなイメージ。

そして、いずれも停滞したスプリント戦線の中では強調できるフレッシュな4歳世代で鮮度は抜群。さらに鞍上を考えても順当に結果を残して来そうなネームバリューですが、

順当にワンツーフィニッシュで結果を残し秋のスプリント路線を賑わせてくれる存在となるのか?結果が楽しみですね。

ちなみにかつてはロードカナロアが敗れたレースでもあり、小回りコースで直線の短い函館コースという点から紛れが起こる可能性があることも事実。

つまり、今回は枠番や土曜日の芝レースの傾向を考慮した上で最終的な予想を下したい所です!

それでは夏の訪れを告げる函館開催のオープニング重賞、函館スプリントステークス。出走馬分析をシッカリと分析して狙える馬を探して行きましょう!\(^o^)/

sponsored link

【函館スプリントステークス2019】予想考察

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 ダノンスマッシュ 2.3倍
2 タワーオブロンドン 3.2倍
3 リナーテ 6.9倍
4 アスターペガサス 10.5倍
5 ライトオンキュー 15.2倍

 

1番人気は高松宮記念からの巻き返しを狙うダノンスマッシュ

今回は非情にもミスをしていない北村友騎手から川田騎手に乗り替わる采配だが、秋の大舞台を見据える意味では致し方ない点も否めず…。

ただ、この鞍上後退はシンプルに考えて大きなプラス材料であり、馬が力を出せる状況であれば大崩れはないはず。ここは素直に信頼できる人気馬となりそうですね。

 

2番人気はレーン騎手の進言でコチラに駒を進めたタワーオブロンドン

前走の京王杯スプリングカップの後は安田記念に向かうプランが浮上するも鞍上のコメントを受けてスプリント戦にチャレンジする経緯だが、

今回は小回りコースで直線の短い函館コースの対応力がポイント。ここは外枠からスムーズに先行する形がベターであり、枠次第ではやや危険な存在となるかも…?

 

3番人気は近走でコンスタントな成績を残しているリナーテ

近2走は京都牝馬ステークスと京王杯スプリングカップで共に2着と充実の内容であり、馬場を問わず好走している点は評価すべき点。

さらに今回はより実績のある函館コースに替わりパフォーマンスをもうひと段階上げて来る可能性も…?ハマれば面白い存在となりそうだ。

 

後は昨年の函館2歳ステークスの勝ち馬であるアスターペガサスと勢いのあるライトオンキューなどに続く。

 

出走馬分析

・アスターペガサス(小崎)

ジャイアンツコーズウェイ産駒のS系であり、前走の葵ステークスは鞍上が上手く溜を効かせると直線では鋭く伸びて2着と上々の内容だが、

2走前にダート戦、さらに距離短縮と色々な面が噛み合った好走である点は否めずあの結果を鵜呑みにするのはやや危険。

そして、現状としてはポテンシャルの証明としても薄く函館2歳ステークスもメンバーレベルを考えれば渋い評価が妥当。ここは厳しい戦いとなりそう。

 

・シュウジ(秋山)

キンシャサノキセキ産駒のS系で実質の連闘でダートから芝替わりのショックは闘争心を引き出す絶好のローテーションであり、

近走のダートの内容から走りに対する闘争心は十分でまだまだタイミングさえ噛み合えば十分に戦える力は秘めているはず。

そして、今回はショックが掛かる臨戦過程で実績のある函館コース。ここは人気次第では穴馬となりうる可能性はあるだろう。

 

・タワーオブロンドン(レーン)

前走の京王杯スプリングカップは距離短縮で控える位置取りショックがハマり鮮やかな末脚を披露する形であり、鞍上のコメントや気性面を含め距離は短い方がベター。

つまり、再度距離を縮めて初のスプリント戦とはいえ、スムーズに道中に溜を効かせるレースが出来れば最後は必ず鋭い脚で伸びて来るはずだが、

小回りで直線の短い函館コースはやや気になり所であり、実際に大型馬で器用さに欠ける点を考慮すればスムーズなレースが出来ない可能性も大いにあり得る状況。

今回は金曜日に確定する枠番と土曜日の馬場をキッチリと見極めた上で最終的な判断を下したい所です。

 

・ダノンスマッシュ(川田)

父に最強スプリンターのロードカナロアを持つ馬であり、昨年の函館日刊スポーツ杯で高いスプリント適性を見せ付けるとトントン拍子で出世。

そして、京阪杯とシルクロードステークスを連勝して満を持して挑んだ前回の高松宮記念は1番人気を裏切る4着と特にノーミスで展開やトラックバイアスの不利がない事を考慮すればやや不甲斐ない内容にも見える1戦だが、最後の急坂が堪えたイメージは否めず。

つまり、現状としては平坦コースがベターで今回の函館コースは昨年の実績が示す通り得意条件。ここは馬の状態が〝まとも〟なら馬券圏内を外すことはないはず。堅実な軸ならコノ馬だろう。

 

・ペイシャフェリシタ(岩田康)

近走はやや不甲斐ない成績が続いているとはいえ、3走前のシルクロードステークスでは強烈なVラインの位置取りの中で7着に入選した内容から大きな衰えはないはず。

そして、実際に2走前は位置取りが一列後ろとなり差し損なう4着であり、前走は強敵相手のGⅠでノーカウントである点を考えれば一変の余地を残した1頭。

つまり今回は鞍上を岩田騎手に強化してスムーズな競馬が出来れば見直し可能。後は極端に早い馬場にならなければ…。

 

・ライトオンキュー(古川)

約半年の休養を挟み出走をした近4走は3戦で勝利をする堅実な内容であり、距離短縮で挑んだ前回の船橋ステークスの内容は鮮やかな結果。

実際にスタートしてスッと流れに乗ると直線では外から力強く抜け出す完勝と高いスプリント適性を見せ付けた競馬であり、

元々は2歳時から高いポテンシャルの片鱗を見せていた馬がココに来て本格化を迎えいるイメージ。

つまり、今回は格上げ挑戦で一気の相手強化とはいえ、低調なスプリント路線のメンバー構成であれば鮮度の面を含めてアッサリと通用する可能性はあるはず。

ここはやや過剰人気になりそうな印象もあるが、変に嫌わず無難に評価をする予定です。

 

・リナーテ(藤岡康)

近2走は京王杯スプリングカップと京都牝馬ステークスで共に2着と堅実な活躍を披露している馬だが、共に馬場が全く異なる条件で結果を残した点は評価すべき材料。

そして、実際にステイゴールド産駒であることを考えれば今はC系に見られがちな集中状態である可能性は大であり、

今回も激走続きのストレス疲労がある状況ながら再度の好走も十分に可能であるだろう。さらに小回りコースの函館実績もあり舞台の適性は問題なし。ハマれば一発の警戒が必要だ。

 

【函館スプリントステークス2019予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

前走は久々のスプリント戦で着差以上の完勝であり、昨年に無理をせずジックリと休ませた効果が絶大に出ているイメージ。

そして、ここは現状の力でどこまで通用するのか?は半信半疑の状況だが、有力所が次走を見据えた甘い仕上げなら漬け込む隙は十分にあるはず。

今回は前回後から狙い済ましての函館遠征で勝負気配は抜群。スムーズな競馬なら一発のチャンスは大いに期待できるだろう。、

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<函館スプリントS(G3)>

激走穴馬情報で好配当を狙うチャンス
穴の3連単馬券を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマースプリントシリーズの第1戦として注目ではあるが、過去の出走馬を見ると、カレンチャン、ロードカナロア、ストレイトガール、コパノリチャード、セイウンコウセイなど、GI馬が出走しており、スプリンターズSを見据えた陣営の参戦も少なくない。

しかし、過去10年で1番人気は僅かに2勝、現在7連敗中と大不振であり、あの『世界のロードカナロア』でさえも2着に敗れている。万馬券決着は当たり前、世間的に“難解”とされているレースの1つなのだ。別定戦で斤量差が大きくなり、洋芝の小回りコースと条件も特異なだけに、純粋な能力だけを考えていては馬券攻略は難しい。波乱になりやすい条件は揃っている。

そんな“難解”なレースだからこそ、より重要さを増すのが本物の関係者情報とレースを分析する力だ。当社シンクタンクには重賞・メインに特化した特捜部が存在しており、函館スプリントSでも、一昨年が5万5520円的中、去年が1万1690円的中と2年続けて万馬券的中を仕留めている。北海道シリーズ開幕で人手不足、取材不足となる新聞社などの一般マスコミとは違い、確かな情報力を持つ我々にとっては、“難解”と呼ばれるレースほど、高配当を狙い撃つ絶好のチャンスとなるのだ。

ほとんどの競馬ファンの方は、一般マスコミがもたらす新聞やネット上の情報に頼らざるを得ないだろう。そうなると、馬券的中を手にすることも“難解”と言わざるをえない。そこで、今週はシンクタンクの情報力を知っていただくため、函館スプリントSの【穴の3連単馬券】を特別無料公開する。今年も高配当、万馬券のキーとなる馬を既にマーク済み、必見だ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約