りょう店長の競馬予想ブログ

【京都記念2019】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)

time 2019/02/06

今回は【京都記念2019】予想考察|レース展望と出走馬分析(前編)についての記事です。

京都競馬場・芝2200mで行われる京都記念ですが、近年は春のGⅠ戦線に向けたステップレースとして注目を集める1戦であり、

2年前からGⅠに昇格した大阪杯を含め、ドバイシリーズに向けての前哨戦として豪華なメンバーが集結する印象でしたが、

今年に関しては非常に低レベルなメンバー構成であり、今が旬の4歳馬がステイフーリッシュタイムフライヤーのみと言う状況。

実際に昨年はクリンチャー・レイデオロ・モズカッチャン・ディアドラの明け4歳勢がレースを盛り上げましたが、今回はその様な実績上位の4歳馬が不在。

さすがにココまで出走馬のレベルが低いとイマイチ盛り上がりに欠ける点は否めないとは言え、個人的には今年2度目の現地観戦を予定!

一般的な競馬ファンと比べて京都記念に対するモチベーションは非常に高いはず…。(笑)

そして、その意気込みを空回りせずシッカリと予想に活かしたい所ですね!それではレース展望と出走馬分析から狙える馬を探して行きましょう!\(^o^)/

 

(PR)想定300倍の3連単穴馬券を無料公開!

ちなみに本題の前に余談ですが…

「タピオカって好きですか?」と言うと大半の人は嫌い…&好きではない…と答えるのですが、自分はタピオカが大好きです。

ただ、何が美味しいの?と聞かれると味?触感?ミルクティーとの相性?とイマイチ上手く表現できないのがネックですが、

最後は「好きなモノに理由はいらないだろ!」とカッコを付けて流すのがいつものオチ。(苦笑)

と言う訳で2週間ぐらい前に京都の寺町通でタピオカミルクティーを5年ぶりぐらいに飲んだのですが、改めて美味しかったです!(^o^)/

ちなみの学生時代は修学旅行の台湾で1.5リットルのタピオカミルクティーを飲んだ自分。

ぜひ、飲まず嫌いでタピオカの敬遠している方は一度ご賞味頂ければと…。

何だかよく分からないけど美味しい…と言う風になるはずです!(苦笑)

それではタピオカの話はこの辺りに留めて本題である京都記念2019の予想考察へ!\(^o^)/

sponsored link

【京都記念2019】予想考察

レース展望

前回の記事で書いた通り、近年の京都記念はタフな時計の掛かる馬場状態で開催される傾向ですが、それに合わせて出走メンバーも微妙に変化している状況。

実際に鋭い切れ味を持ち味とする瞬発力に優れたフレッシュな4歳馬のディープインパクト産駒が不在であり、同産駒は旬を過ぎているマカヒキハートレーの2頭のみ。

そして、その他の上位人気が予想される馬の血統を見ると…

ステイフーリッシュ(ステイゴールド産駒)

パフォーマプロミス(ステイゴールド産駒)

ノーブルマーズ(ジャングルポケット産駒)

ダンビュライト(ルーラーシップ産駒)

タイムフライヤー(ハーツクライ産駒)

上記の馬はお世辞にも高速馬場+切れ味&瞬発力が求められる条件には向かなさそうな血統背景であり、逆に今の京都のタフな馬場×長丁場と言う舞台の適性は非常に高そう。

つまり、今年の出走馬の大半はこの条件に適した馬であり「タフな馬場+時計の掛かる条件」でパフォーマンスを上げるタイプが大集合したイメージですが、

果たして、この全頭が高い適性を誇る中で馬券圏内と呼ばれる3席(1着~3着)に入るのはどの馬か?

ちなみに今回は上記の舞台の適性と同様に「ストレス疲労」が予想をする上で重要なポイントであり、

各馬のローテーションを含めた点は要チェックとなりそうですね!それでは詳細は後の出走馬分析にて!(^o^)/

 

出走馬分析

カフジプリンス

元々は3年前の菊花賞で3番人気に支持される程の実力馬であり、尋常ではないズブさを見せている点から今のタフな京都の馬場+芝の長丁場は適した舞台だが、

今回は原因の不明の長期休養明けで2年前のオールカマーから1年4ヵ月の間隔が空いている点は大きな割引材料。

さすがにココは次走以降に向けた様子見&叩き台の1戦と判断して軽視する方がベター。

能力:☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆
期待値:F

 

ケントオー

以前はマイル路線で活躍をしていたイメージだが、近走は2000mを超える長丁場で新たな活路を見付けたイメージであり、

昨年の京都記念では層々たる豪華メンバー(レイデオロ・アルアイン・モズカッチャン・クリンチャー)の中に混じり掲示板(5着)を確保する大健闘の内容。

そして、前走の日経新春杯も直線の半場では馬券圏内はあるかも…?と言う見せ場は十分の競馬であり、タフな馬場×長丁場の適性は相当に高いと考えてOK。

つまり、この舞台設定は抜群の条件であり、相対的に手薄なメンバー構成から一発のチャンスは十分にありそうだが、

7歳の高齢馬である点を考えると前回で激走した点は非常にネック。ここはストレス疲労の懸念から重い印は付け辛い印象。

能力:☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆
期待値:E

 

ステイフーリッシュ

ハイレベルな4歳世代の馬であり、近2走は重賞で3着⇒2着と堅実な走りを披露している点から押し出された1番人気が濃厚だが、

前走の中山金杯はペースが緩んだ時に鞍上がサッと捲るファインプレー故の好走であり、

前々走のチャレンジカップは3着とは言え、勝ち馬のエアウィンザーを除くと低レベルなメンバー構成で実質はオープンクラス。

さらに前回の中山金杯も決してハイレベルなレースとは言い難いモノであり、単純に近2走の重賞好走で人気になる様なら疑いの余地は十分にある。

そして、今回は2走続けて激走した後のストレス疲労がある上にステイゴールド産駒である点を考えると距離延長+少頭数は大きな割引材料。ここは軽視がベター。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆
期待値:D

 

タイムフライヤー

ハーツクライ×母父ブライアンズタイムのS系であり、ホープフルステークスを勝利して以降は6戦して全て馬券圏外とサッパリの成績だが、

秋初戦の神戸新聞杯で「オッ!」と思わせる直線半場の内容&不向きな瞬発力勝負の中で追い込んだ菊花賞を含め、

近走は徐々に復調してリズムを取り戻しているイメージだが、前回の中山金杯では2番人気を裏切る5着。

ただ、明らかに過剰人気でレースの内容もやや中途半端な捲りの形で外々を回るロスが生じた点を考えれば上々の内容であり、改めて調子を上げていると考えてOK。

そして、今回は前回で大味な競馬をした後で活性化が期待できるタイミング。さらに血統背景からタフな馬場で上りの掛かる勝負は歓迎のクチ。

ここは徐々にリズムを戻して来たS系+活性化+ノーストレスの状況を含め、久々に馬券圏内に入選する可能性は大。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆☆
期待値:C

 

ダンビュライト

近3走は不甲斐ない競馬が続いているが、その内容を見ると…

3走前(天皇賞秋)⇒ 返し馬で放馬

前々走(チャレンジC)⇒ 放馬後で消極的な様子を伺いながらのレース

前走(AJCC)⇒ スローペースで不向きな上り勝負

つまり、この3走は全て言い訳が可能な敗戦であり、持味の持久力を活かせる条件であればガラリと一変する可能性は十分にあるが、

この短期間で詰めてレースを使い過ぎているイメージは否めず、いくら凡走をしているとは言え、蓄積の疲労は少なからずあるはず。

それでも今回は近走と比べて舞台設定&馬場はコノ馬に向きそうであり、単純なポテンシャルを考慮すれば楽に通用するメンバー構成だが、この臨戦過程は気になる所…。

能力:☆☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆
期待値:D

 

【京都記念2019予想考察】のまとめ

最後に京都記念現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

完全に枯れているディープインパクト産駒とは言え、GⅠからの相手ダウンであるローテーションを考えれば十分に狙えるタイミング。

そして、この京都開催で絶好調の◯◯騎手である点も魅力的な材料。ここは最後方から馬場の良い大外をブン回す騎乗で馬券圏内を期待したい。

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業38年【ホースメン会議】

的中率7割以上・万馬券的中多数
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━

<1日1鞍の渾身予想>

3月3日まで(4週間)無料公開!

しかも今週限定で京都記念の
重賞情報も無料で特別公開!

1日1鞍の渾身予想を無料で見る


 

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約