りょう店長の競馬予想ブログ

【京都大賞典2018】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2018/10/05

今回は【京都大賞典2018】予想考察|オッズと出走馬分析についての記事です。

京都競馬場・芝2400mで行われる京都大賞典2018。

近年はキタサンブラックを皮きりとして昨年のシュヴァルグランなどを含め、

京都大賞典 ⇒ ジャパンカップのローテーションが1つのトレンドになりそうですが、

今年もそのJCを含めた秋の大舞台を目指す古馬の有力どころが数多く出走を予定。

ただ、今回の予想オッズで上位人気の顔ぶれを見ると…

シュヴァルグランサトノダイヤモンドなど旬を過ぎた5・6歳の馬が中心であり、

他のフレッシュな若い勢いのある馬にも付け入る隙は十分にありそうですが、

果たして、実績のある古豪が力を見せ付ける結末を迎えるのか?

それとも、フレッシュな4歳勢が世代交代を轟かせるのか?

それでは各馬をシッカリと分析して狙える馬を探して行きましょう!\(^o^)/

sponsored link

【京都大賞典2018】予想考察

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 シュヴァルグラン 3.2倍
2 サトノダイヤモンド 3.8倍
3 パフォーマプロミス 6.2倍
4 アルバート 8.9倍
5 スマートレイアー 13.4倍

 

1番人気は昨年のJCを制覇したシュヴァルグラン

今回は天皇賞(春)以降の休み明けとは言え、

このメンバーの中では近走の安定感+実績はナンバーワン。

本番の次走に向けて無様な競馬にはならないはず。

 

2番人気は復活を狙うサトノダイヤモンド

昨年の凱旋門賞を惨敗してからは奮わない結果が続いているが、

元々はキタサンブラックに続いて注目を集めた日本のスターホース。

今回は川田騎手との新コンビで新たな面を引き出せるか?

 

3番人気は岩田騎手との新コンビを組むパフォーマプロミス

前回の宝塚記念はチグハグな競馬で着順を大きく落としたが、

3走前の日経新聞杯の内容を含め、中距離のGⅡクラスでは能力は上位の存在。

後は休み明けから力を出せればここでも好勝負になるはず。

 

後はモレイラ騎手が騎乗するアルバートを含め、

昨年の勝ち馬であるスマートレイアーなどに続く…。

 

出走馬分析

アルバート

ステイヤーズステークスを3連覇している実績を含め、

現役屈指のスタミナを秘めた長距離ランナー。

今回はモレイラ騎手が騎乗する点で過剰人気が濃厚だが、

開幕週で時計の早い軽い芝の京都コースはどう考えてもコノ馬には不向き。

常識的に考えればここを負けた後のステイヤーズSで狙うのが定石だろう。

能力:☆☆
適性:☆☆
臨戦:☆☆
期待値:E

 

サトノダイヤモンド

完全に勢いと鮮度を失ったディープインパクト産駒のL系であり、

好走のカギは「休み明け」「相手ダウン」「少頭数」「外枠」など制約が付くが、

今回は前走の宝塚記念(GⅠ)を敗れた後のGⅡ戦で4ヵ月の休養明け。

つまり、コノ馬を狙うタイミングとしては今回が1番の買い時。

手頃な頭数でスムーズなレースができる点も大きなプラス材料であり、

後は外枠を引いて伸び伸びと気分良く走れば巻き返しのチャンスは十分にある。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆☆
期待値:C

 

シュヴァルグラン

昨年の京都大賞典は1番人気を裏切る3着だが、

鞍上のミルコが次走のJCを見据えて後方に下げる布石を打った1戦であり、

展開・馬場を考えれば追い込んで3着に食い込んだ内容は評価できるモノ。

そして、前走の天皇賞(春)や昨年の有馬記念のレース振りを含め、

奥手なハーツクライ産駒を象徴するようにこの年齢にして一切の衰えを感じさせず、

今の古馬中・長距離路線の中ではトップ3に入るポテンシャルの持ち主。

後は今回は去年と同じジャパンカップを見据えたローテーションであり、

馬の状態面が気にな所だが、このメンバーなら適性と力で格好は付けるはず。

能力:☆☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆
期待値:D

 

スマートレイアー

昨年は武豊騎手の超ファインプレーで鮮やかな完勝。

そして、8歳の牝馬になるおばさんランナーとは言え、

近走の内容から能力的な衰えは一切、見受けられず未だに堅実な末脚の持ち主。

今回は宝塚記念を惨敗した後の期待値の高いローテーションであり、

高齢のディープ産駒である点を含めると「休み明けのダウン戦」は狙えるタイミング。

ただ、さすがに昨年以上の結果を求めるのは少々ハードルが高い印象もあるが、

3着以内の点で考えればチャンスは十分にあり警戒は必要だろう。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆
期待値:D

 

パフォーマプロミス

前走の宝塚記念は期待を込めた本命の評価を付けるも無念の9着だが、

スタート直後に好位置を取れなかったことが明確な敗因であり、

その影響で道中は終始後手後手に回るレースとなり最後はVラインの位置取りで追い込む内容。

つまり、明らかにチグハグなレースで不完全燃焼に終わった競馬と考えてOK。

そして、今回はそれ以降のリフレッシュ明けのローテーションとは言え、

休み明けの成績は(2-1-1-1)と高い安定感を披露。

後は2・3走前の様に本来の持ち味を活かす先行する競馬をすれば位置取りショックが掛かる絶好のタイミング。

昨年のトーセンバジル(同厩舎・同騎手)の様に積極的に前に付ける競馬で一発を期待したい。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆☆
臨戦:☆☆☆
期待値:C

 

プラチナムバレット

昨年の京都新聞杯を鮮やかな差し切り勝ちを収めて以降は成績が低迷しているが、

今回は久々に「適鞍」と呼べる平坦の長丁場の舞台に駒を進めて来た。

後はスムーズな競馬で前回で落馬をした後遺症などが無ければ穴を開けるチャンスは十分にあるはず。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆
期待値:D

 

【京都大賞典2018予想考察】のまとめ

本記事では予想オッズ出走馬分析について書きましたが、

過去の傾向とデータ分析は下記の記事にアップしています。

【京都大賞典2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

コチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

 

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

前走は明らかにチグハグな内容であれがコノ馬のポテンシャルではないはず。

今回は本来の先行策を取れば巻き返しの可能性は高いと見ていますが、果たして…。

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を余す事なく公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

プロが買う【京都大賞典の3連単勝負】を知りたくありませんか?


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

①元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている

②情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析

【京都大賞典】関係者が買う『3連単勝負馬券』はコチラ

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約