りょう店長の競馬予想ブログ

【京成杯オータムハンデ2018】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2018/09/06

今回は【京成杯オータムハンデ2018】予想考察|オッズと出走馬分析についての記事です。

中山競馬場・芝1600mで行われる京成杯オータムハンデ2018。

秋の中山の開幕を告げるハンデ重賞であり、

サマーマイルシリーズの最終戦として争われる1戦。

今年は中京記念を好走して完全復活を狙うロジクライが人気の中心ですが、

53キロのハンデは恵まれた印象であるワントゥワンを含め、

ネームバリューから過剰に売れそうなミッキーグローリーまでが上位人気と予想。

果たして、上記の馬が無難に好走して手堅い決着となるのか?

それとも、伏兵の台頭があり波乱の結末を迎えるのか?

ちなみに近年はハンデ戦らしく〝荒れる決着〟が続いている重賞であり、

今年も人気薄の馬が躍動して波乱の決着を向かえる可能性は十分にありそうですね!(^o^)/

sponsored link

【京成杯オータムハンデ2018】予想考察

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 ロジクライ 3.9倍
2 ワントゥワン 5.4倍
3 ミッキーグローリー 6.2馬
4 ヒーズインラブ 8.9倍
5 ロードクエスト 12.4倍

以下、ヤングマンパワー・ショウナンアンセム・ウインガニオンなど…。

 

1番人気は完全復活を狙うロジクライ

前回の中京記念は最後の最後の交わされ僅かの差で2着だが、

ケガで長期休養後のパフォーマンスとしては最高潮のモノ。

今回は重賞2勝目のタイトルと共に完全復活となるか…?

 

2番人気は初重賞制覇を狙うワントゥワン

近走の内容から末脚はピカイチのモノがあり、

展開や馬場が噛み合えば重賞を取れるポテンシャルを秘めた馬だが、

今回はデムーロ騎手から戸崎騎手に乗り替わる点で人気はこの程度と予想。

 

3番人気は鞍上強化で必勝態勢のミッキーグローリー

5歳のこの時期になり本格化して来た印象であり、

前回の阿武隈ステークスも着差以上に強い競馬で完勝。

デビュー前から期待されいてた評判馬が待望の重賞制覇となるか…?

 

後はダービー卿CTの勝ち馬であるヒーズインラブを含め、

近走で徐々に復調気配を見せつつあるロードクエストなどが続く。

 

出走馬分析

ウインガニオン

昨年は夏場に三連勝を飾り重賞でも連続で好走していた馬だが、

今年の夏は2戦続けて大敗続きと不甲斐ない競馬の連発。

ただ、2走前の中京記念はハイペースを先行して失速する結果であり、

前回の関屋記念は差しが決まるバイアスの中で同じく先行した故の結果。

つまり、この2戦は言い訳可能な敗戦であるが、

共に勝ち馬から1秒以上離されて負けておりリズムが悪すぎる印象。

ここで一変する可能性も秘めた1頭だが、積極的には狙い辛い。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆
期待値:E

 

ゴールドサーベラス

中山・芝1600mの同舞台で行われた1000万 ⇒ 1600万を連勝。

この2戦の鮮やかな勝ち方を含め、この条件の適性は非常に高いはず。

そして、前走の函館記念は展開・馬場の利もあり、

15番人気の低評価を覆して7着に好走しているが、

レースの内容より久々に先行して活性化の面で大きなプラス材料。

今回は得意のコースで差し回る位置取りショックを掛ければチャンスは十分にある。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆☆
臨戦:☆☆☆☆
期待値:C

 

ヒーズインラブ

前走の安田記念は13着と大きく負ける結果だが、

ダービー卿CTを激走したストレス疲労が出る局面で必然の結果。

今回はハービンジャー産駒の休み明け+相手ダウンであり、

タイミングとしては狙い目で巻き返す可能性は十分にある。

後はスムーズに競馬が出来る真ん中~枠を引ければチャンスはアップ。

能力:☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆☆
期待値:D

 

ミッキーグローリー

ディープインパクト産駒の初重賞挑戦であり、

条件戦を1番人気1着後と同産駒が最もパフォーマンス上げるタイミング。

実際に前走の阿武隈ステークスは後続の0秒3差を付ける1着だが、

スタート後からのチグハグな位置取りを含めて、

道中は強引すぎる競馬で無理やり押し上げて先団に取り付くレース。

普通であれば逆噴射しても驚けない状況だが、

馬のポテンシャルが1枚上で危なげなく完勝。

今回はルメール騎手に乗り替わりスムーズな競馬で初重賞制覇を飾る最大のチャンスだろう。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆☆
期待値:C

 

ロードクエスト

2年前の同レースを勝利した後は長く勝てない時期が続いているが、

現状のワンパンチ足りない競馬を見ると全盛期の破壊力は薄れている印象。

そして、近走の成績を見てもダウン戦に反応する馬であり、

GⅢ⇒GⅢの臨戦過程も決して強調できるモノではない。

ここも4着~8着の善戦した結果で終わることが濃厚だろう。

能力:☆☆
適性:☆☆
臨戦:☆☆
期待値:E

 

ロジクライ

前走の中京記念は5番人気の低評価を覆して2着だが、

本来の力を発揮すれば十分に重賞でも戦える力の持ち主。

そして、今回は激走後のローテーションとは言え、

十分に間隔を明けてフレッシュな臨戦であり、

3走前まで条件戦とカテゴリー鮮度の面でも新鮮な状況。

後は小回りで直線の短い中山コースの適性が気になるが、

急坂は歓迎のタイプであり特に気にする必要はないはず。

スムーズな競馬が出来れば堅実にまとめて来るだろう。

能力:☆☆☆
適性:☆☆☆
臨戦:☆☆☆
期待値:D

 

ワントゥワン

近走は中京記念で5着、関屋記念で2着と重賞で堅実な走りを披露。

実際に最後の脚は堅実で毎レースで安定した脚を繰り出しているが、

重賞で好走するには前回のように展開・馬場の助けが必要なことも事実。

今回は差しが決まりやすい近年の傾向とはマッチするが、

物理的に直線の短い中山コースの適性+戸崎騎手への乗り替わりは大きな減点材料。

そして、距離や重賞に対する鮮度も薄れている状況で厳しい戦いを強いられそう。

能力:☆☆☆
適性:☆☆
臨戦:☆☆
期待値:E

 

【京成杯オータムハンデ2018予想考察】のまとめ

本記事では予想オッズ出走馬分析について書きましたが、

過去の傾向とデータ分析は下記の記事にアップしています。

【京成杯オータムハンデ2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

コチラも合わせて宜しくお願い致します!m(__)m

 

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

地味な血統・騎手・厩舎で人気は控えめだが、

同舞台の適性は非常に高く穴馬として資格を十分に秘めた馬。

前走で先行して活性化している点も大きなプラス材料であり、

大外から豪快に差し切り勝ちを飾る可能性も十分にある。

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を余す事なく公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第63回 京成杯AH(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
京成杯AHを3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年は11人気ガリバルディ(2着)、15年には13人気フランジェリコ(1着)、11人気エキストラエンド(2着)、09年は14人気アップドラフト(2着)、08年は10人気レッツゴーキリシマなどの二桁人気馬が馬券圏に好走しておりように波乱の多いハンデ重賞。3連単では222万馬券が出ている。

マイルCSを目標に秋緒戦の始動戦として出走する馬、賞金加算が最大目標で勝負を懸けて来る陣営の隠し玉、サマーマイルシリーズ優勝を目指す勝負馬など、各陣営では使い方がそれぞれだが、陣営の本気度が分かれば荒れるハンデ重賞も狙って獲れる!競馬セブンでは各陣営の本音話を独占スクープ!お見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『京成杯AH・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約