りょう店長の競馬予想ブログ

【中日新聞杯2019】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2019/12/05

【中日新聞杯2019】予想考察|オッズと出走馬分析

今回は【中日新聞杯2019】予想考察|オッズと出走馬分析についての記事です。

中京競馬場・芝2000mで行われる中日新聞杯は12月の中京開催で施行されるハンデ重賞であり、以前は金鯱賞とゴチャゴチゃになり立ち位置が不透明になる時期がありながらも近年はこの時期で固定。来年の中距離路線に向けて注目の1戦だ。

そして、今年は3歳時はクラシックの有力候補として騒がれるも波には乗れず、遅れて来た大物のサトノソルタスが中心のメンバー構成ですが、ウオッカを母に持つタニノフランケルや3歳馬のラストドラフト・マイネルサーパスも差のない支持を集めるだろう。

ココは例年と比べるとやや低調なメンバーである感は否めないとはいえ、その分で各馬にチャンスがありそうな混戦模様。意外にも波乱の可能性があると考えて予想を組み立てたい所です!^^

sponsored link

【中日新聞杯2019】予想考察

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 サトノソルタス 2.5倍
2 タニノフランケル 5.9倍
3 マイネルサーパス 7.8倍
4 ラストドラフト 8.4倍
5 アイスバブル 9.2倍

 

1番人気は来季に向けて注目となるサトノソルタス

当初は鞍上にスミヨン騎手を予定するも54キロのハンデでは騎乗不可で突如の鞍上未定…。

個人的には秋山騎手もしくは藤井勘騎手になると見ているのですが、前者なら乗り替わりは問題ナッシング。スムーズに不利なく回ることが出来れば自然と結果は付いてくるはずだ。

 

2番人気は悲願の重賞制覇を狙うタニノフランケル

近走はあと一歩の所で勝利を逃す悔しい成績だが、奥手な血統背景通りココに来ての充実度は評価できるモノ。後はフレッシュな休み明けで先行する形なら大金星も…?

 

3番人気は地味ながら高いポテンシャルを持つマイネルサーパス

前走のアンドロメダステークスは久々の完勝。改めて小回りコースの2000mの適性を示した内容だが、今回は広いコースの2000mがひとつのポイントになるはずだ。

 

後はマーフィー騎手が騎乗をするラストドラフトにスミヨン騎手がスライド騎乗をするアイスバブルと続く。

 

出走馬分析

・アイスストーム(吉田隼)

2走前の小倉記念は垂水ステークスを追い込み勝利した後の反動が出る形で11着に大敗する不甲斐ない成績だが、最後の決め手は良いモノを秘めた馬で溜めればそれなりの脚でまとめては来るタイプ。

実際に前走のアンドロメダステークスも京都の内回りコースで鋭く追い込む5着と上々の内容であり、3番人気で5着ならストレス疲労も残さない最適な負け方。

つまり、今回はノーストレスの状況で広くて差しが決まる中京に舞台を変えれば前回以上のパフォーマンスを発揮するはず。一発の警戒は必要だ。

 

・アイスバブル(スミヨン)

前走のアルゼンチン共和国杯は小倉記念を凡走した後の走れるタイミングにも関わらず4番人気の支持を裏切る11着とやや不甲斐ない内容だが、元々は大型馬である点を考慮すれば叩かれた方がベター。

そして、今回は鞍上にスミヨン騎手を迎えて大幅に鞍上強化。過去の成績からも外国人騎手の騎乗時に良績が集中していることから間違いなくプラスの材料。ココはスムーズな競馬で巻き返しを期待する。

 

・カヴァル(丸山)

3連勝で迎えた前走の新潟記念は後方から競馬を進めて全く見せ場を作れない11着と重賞の壁にブチ当たるような内容だが、連戦続きのストレス疲労が出たと考えれば悲観する内容ではない。

実際に2走前の競馬は非常に強く同舞台で実績がある点も強調材料のひとつ。今回は凡走後の休み明けで力を出せるなら侮れないはずだ。

 

・サトノソルタス(未定)

今年の6月に復帰をするといきなり3着に好走。その次のマレーシアカップでは久々に激走をした反動が出る形で1番人気を裏切る7着だが、前回のノーベンバーステークスはキッチリと巻き返し優勝。

改めて高いポテンシャルを証明した内容であり、今回の低レベルなメンバー構成なら単純に能力が上の可能性は大。さらにディープインパクト産駒の古馬初重賞挑戦のタイミングで期待値はアップ。後は前走の反動が出なければ勝ち負けになりはずだ…。

 

・タニノフランケル(松若)

前走の小倉記念はスムーズに先行をして完璧な競馬運びをするも4着とやや評価し難いレースだが、今年の中山金杯⇒小倉大賞典の内容からそこそこのポテンシャルを秘めた馬ではあり、得意としているフレッシュな休み明けなら侮れない存在。

今回も内目の枠からロスなく立ち回る形でどこまで粘れるかになるはずだ。

 

・マイネルサーパス(丹内)

昨年の朝日杯フューチュリティステークスは本命で期待をして裏切られたほろ苦い思い出のある馬だが、前走のアンドロメダステークスやラジオNIKKEI賞の内容から基本的には小回りコース巧者で広いコースは不向きのタイプ。

つまり、今回は広い中京コースに変わる点は大きな減点材料で激走後のローテーションもイマイチ。ココは末脚が不発に終わる可能性が高いと見て馬券を組み立てたい所だ。

 

・ラストドラフト(マーフィー)

前走のオクトーバーステークスは6ヵ月の休み明けの影響がモロに出る形で1番人気を裏切る8着だが、叩かれた上積みは大きく鞍上にマーフィー騎手を確保した点から勝負気配も十分。

後は京成杯の時の様にスムーズに先行する位置取りショックを仕掛けてどこまで粘り込めるか。人気が落ちるようなら期待値は高いはずだ。

 

【中日新聞杯2019予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

近走はややムラのある成績で好走パターンが読みづらい存在だが、前回の負け方は前哨戦としては上々で今回に向けては視界良好。ココは外目の枠から逃げの位置取りショックを使えば馬券圏内に粘り込む可能性は大いにあるはずだ。

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

今週は日曜日に中日新聞杯2019の予想を公開予定!\(^o^)/

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録をしてりょう店長の予想をお楽しみ下さい!

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

 <第71回 阪神JF(G1)>

来年のクラシックでも
主役になる2歳女王とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

2歳牝馬女王の座を決めるGⅠで来年のクラシック路線を占う重要な一戦。過去の勝ち馬にはニシノフラワー、ヒシアマゾン、メジロドーベル、テイエムオーシャン、ウオッカ、ブエナビスタ、アパパネなど古馬でも活躍した名牝が名を連ねる。直近では18年の勝ち馬ラッキーライラックが今年のエリザベス女王杯を優勝、17年の勝ち馬ソウルスターリングはオークス馬に。

過去10年の人気馬の成績では1人気【4.1.1.4】、2人気【2.3.0.5】、3人気【0.1.2.7】。直近2年は上位人気馬での決着となっているが、15年には10人気ウインファブラスが2着となり波乱。12年には15人気クロフネサプライズ(2着)、10人気レッドセシリア(3着)が馬券圏に入り3連複49万、3連単300万馬券と大波乱に。この時期は状態面が不安定な若駒の牝馬だけに大波乱となるケースは少なくない。平均配当では、馬連5310円、3連複5万3690円、3連単32万8430円と波乱傾向。

来年のクラシックに向けて重要な一戦となるが、競馬セブンでは確信の本命馬◎から的中予告!陣営が「勝てる」と豪語する確勝級の勝負馬とは!?さらに、人気の盲点となり出走する、とある厩舎の勝負情報を独占入手!人気薄濃厚の激走穴馬が馬券に絡めば万馬券間違いなし!週末情報は絶対にお見逃しの無いようご注意ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『阪神JF・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約