りょう店長の競馬予想ブログ

【中京記念2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2019/07/17

今回は【中京記念2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

中京競馬場・芝2000mで行われる中京記念は夏の中京開催のフィナーレを彩る注目の重賞であり、夏競馬の前半戦を締め括る節目の1戦ですが、

近年は1番人気の馬が不振の傾向で昨年のグレーターロンドンが勝利を収めて〝連敗を18で止めた〟とはいえ、基本としては荒れるレースと考えてOK。

そして、その理由に関してはイマイチ明確ではないのが正直な所ですが、クセの強い中京コースが関係してる可能性が十分にあり、

最終週でより一層と不確定要素が大きくなる点も原因のひとつ?さらに中京の芝は開催ごとで伸びるスポットゾーンが全く異なるイメージでそれらの判断が馬券攻略の上では重要になるはず。

それでは夏競馬の前半戦を締め括る中京記念。まずは過去の傾向やデータから狙える馬を探して行きましょう!\(^o^)/

sponsored link

【中京記念2019】予想考察

過去の傾向・データ分析

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2018】
1着:⑯グレーターロンドン(京王杯SC:4着)
2着:⑫ロジクライ(マイラーズC:7着)
3着:④リライアブルエース(京王杯SC:6着)

【2017】
1着:③ウインガニオン(パラダイスS:1着)
2着:⑥グランシルク(パラダイスS:2着)
3着:⑮ブラックムーン(米子S:1着)

【2016】
1着:⑬ガリバルディ(米子S:5着)
2着:⑦ピークトラム(谷川岳S:1着)
3着:⑫ケントオー(米子S:1着)

【2015】
1着:⑥スマートオリオン(パラダイスS:1着)
2着:①アルマディヴァン(パラダイスS:8着)
3着:⑩ダローネガ(湘南S:1着)

【2014】
1着:⑮サダムパティック(安田記念:7着)
2着:⑭ミッキードリーム(都大路S:5着)
3着:⑧マジェスティハーツ(エプソムC:6着)

 

<レース展望

夏の中京開催のフィナーレを彩る中京記念は昨年こそ1番人気のグレーターロンドンが勝利を収めたとはいえ、以前は1番人気の馬が大不振で波乱含みの重賞。

そして、その理由としてはハンデ重賞である点を含め、冒頭でも書いた通り〝クセの強い中京芝コース〟という部分が関係をしているはず。

現に今の競馬は馬場攻略が馬券を的中させる上で必要不可欠なファクターとなりつつありますが、今回の中京記念が行われる中京コースは開催週により〝伸びるゾーン〟が日替わりで異なるようなイメージであり、

先週までは内が伸びたのに雨の影響で急に外が伸びる馬場に凶変…ということは割と日常茶飯事。(苦笑)

つまり、いち早く開催中に馬場状態を察知してホットゾーンを発見することが馬券攻略の上でカギを握る大きなポイントになる訳ですが、例年通りの差しが決まる馬場なのか?それとも…?

それでは次は今の中京の馬場状態を含めて、分析をして行きます!\(^o^)/

 

<今の中京競馬場の馬場とは!?>

今年は梅雨の影響をモロに受けつつある中京開催ですが、馬場造園家の努力の影響などから雨を受けても極端に馬場が悪化をすることなく〝キレイな状態〟が保たれているイメージであり、

開催の後半戦ながら馬場状態は良好で先週までの競馬を見る限りフラットからインコースが有利な状況でペース次第では猛烈な内の前が優勢に傾向に一変することも度々。

そして、先週までのレースを含めた上で今の中京の馬場を判断するなら「基本的には内目が有利なフラットな馬場。展開次第では外が物理的に届かないケースが大」というイメージでOKですが、

近年の中京記念の傾向としては〝タフな馬場で外からの差し馬が優勢〟なレースであり、現段階では例年の馬場傾向とは真逆の状況。

つまり、この状態が今週末も継続をするなら今年は近年のレースイメージを覆す結果となる可能性が無きにしも非ず。今回は特に土曜日に馬場の見極めを入念に行い傾向をいち早く掴みたい所です!(^-^)

 

<前走の着順が重要!>

近年の中京記念は前走で好走をしている好リズムの馬が優勢な結果であり、過去7年の前走の着順別の成績は下記の通り。

1着:(3-1-4-8)
2着~8着:(3-5-3-51)
9着以下:(1-1-0-32)

実際に前走1着の馬の複勝率は50%を超える抜群の成績であることに対して9着以下に敗れている馬の複勝率は僅か5%である低い数字。

つまり、この点から〝中京記念は前走の成績が重要となるリズム重賞〟と考えてOK。今年も前走で勝利をして勢いのある馬には警戒が必要ですね!(^^ゞ

 

【中京記念2019予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

前走は直線で前が壁となりスムーズ差を欠く中で勝ち馬から0秒5差なら酌量の余地がある内容であり、まともなら掲示板ぐらいは十分に考えられた競馬。

そして、今回が芝に矛先を変えて3戦目と路線に対する鮮度も十分で2走前に中京コースも経験済みで問題はナッシング。

後は近年は不振の傾向である前走大敗馬である点だけが気になる所だが、馬としては狙えるタイミングであり、そこには目を瞑りたい…。

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

今週は日曜日に中京記念2019の予想を公開予定!\(^o^)/

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録をしてりょう店長の予想をお楽しみ下さい!

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第67回 中京記念(G3)>

ヴィクトリアマイル2着の
プリモシーンで大丈夫!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

マイル重賞となった2012以降、上位人気馬(1~3番人気)の優勝は昨年のグレーターロンドン(1人気)1頭のみ。1.2人気が揃って馬券圏に入ったのは2017(グランシルク・2人気2着、ブラックムーン・1人気3着)の1度のみ。平均配当では、馬連1万0610円、3連複3万1200円、3連単20万37100円、馬連万券が3度、3連単10万馬券以上が4度もあり波乱の傾向。

芝1600mに条件が変更された過去7年の勝ち馬ではグレーターロンドン、ウインガニオン、ガリバルディ、フラガラッハの4頭が同レースで重賞初制覇を飾っている。また、2年連続で勝利したフラガラッハや2年連続で2着したミッキードリームが好走しているように、リピーターの好走も目立つ。

ステップレース別ではオープン組(4-6-3)、京王杯SC組(2-0-1)、安田記念組(1-0-0)、マイラーズC組(0-1-0)となっており、4勝(2着6回)のオープン組が主力。

昨年◎グレーターロンドンから相手も▲ロジクライ〇シライアブルエース3頭で馬連2430円、3連複5420円、3連単2万5980円パーフェクト的中!実は競馬セブンでは昨年以上に「自信の3点で馬券になる」と関係者からの勝負情報を入手!さらに人気薄激走情報馬の存在を極秘スクープ!紙面上には載らない裏の勝負ネタ!馬券購入前に週末情報は必ずご確認ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『中京記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約