りょう店長の競馬予想ブログ

【中京記念2019】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2019/07/19

今回は【中京記念2019】予想考察|オッズと出走馬分析についての記事です。

中京競馬場・芝2000mで行われる中京記念は夏の中京開催を締め括る重賞として争われる1戦であり、サマー2000mシリーズを予想する意味でも注目のレース。

そして、今年はヴィクトリアマイルであわやGⅠタイトルが手に届きそうな所まで迫る競馬を披露したプリモシーンの1番人気が濃厚であり、

〝夏は牝馬〟という格言の通りで牝馬であるアドバンテージを活かして人気に応えることが出来るのか?という部分が重要なポイントとなる訳ですが、

実質はトップハンデの55.5キロ(牡馬換算で57.5キロ)という点を含め、今回は初の試みである栗東滞在は個人的には不安要素のひとつ。

つまり、ココは人気とのバランスを考えれば過信は禁物。現状では仮に飛んでもOKぐらいの評価をする予定です。

そして、後の人気所は3歳勢でNHKマイルカップで大穴を演出したカテドラルやスタートで大きな不利を受けた安田記念からの巻き返しを狙うロードクエストなどが続く形ですが、

例年以上に大混戦のメンバー構成で予想をする上の切り口で見解が大きく分かれそうであり、今回は先週の函館記念の様に絞る形ではなく手広く攻めてヒモ荒れを期待するイメージで挑む方が良さそうですね!

それでは夏の中京開催のフィナーレを彩る中京記念。各馬をシッカリと分析して狙える馬を探して行きましょう!(^-^)

 

ちなみに前回の記事では過去の傾向とデータ分析を公開中。

【中京記念2019】予想考察|過去の傾向とデータ分析

今回のポイントは中京競馬場のクセ〟に大きなヒントがアリ?ぜひ、本記事と合わせてお楽しみ頂ければ幸いです。

sponsored link

【中京記念2019】予想考察

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 プリモシーン 3.5倍
2 カテドラル 4.7倍
3 ロードクエスト 6.4倍
4 グルーヴィット 8.9倍
5 ミエノサクシード 12.4倍

 

1番人気はヴィクトリアマイルで勝利の目前まで接近をしたプリモシーン

昨年のクラシック路線から高いレベルで能力を披露していた同馬だが、今年は2戦中で2着が2回と安定感が増して来たイメージ。

そして、今回は中京マイスターの福永騎手を再び背に昨年の関屋記念以来の勝利となるのか?注目ですね。

 

2番人気はNHKマイルカップで波乱を演出したカテドラル

その前回は世代のマイル王者を決める争いで3着とハイレベルなパフォーマンスであり、鞍上に川田騎手を迎えている所から漂う勝負気配ですが、

近2走でコノ馬を評価していない身からするとやや買い辛いイメージは否めず。ココは個人的には印の付け所を悩みそうです。

 

3番人気は安田記念からの巻き返しを狙うロードクエスト

その前回はスタート後に大きな不利を受けるアクシデントで全く競馬にならず参考外と考えてOK。

さらに2走前の京王杯SCと合わせて2走続けて不運な形であり、今回は人馬共に巻き返しに向けて燃えているはず…?

 

後は不完全燃焼で終了をしたNHKマイルカップからのリベンジを狙うグルーヴィットに悲願の重賞制覇を狙うミエノサクシードなどに続く。

 

出走馬分析

・カテドラル(川田)

前走のNHKマイルカップは鞍上のアブドゥラ騎手が道中から直線の進路取りを含め、完璧に騎乗をしたことは事実だが、アーリントンカップを距離短縮で差しに回る位置取りショックで激走をした後のローテーションを考えれば強いパフォーマンス。

そして、あの内容からただの早熟馬ではなく高いポテンシャルを秘めた馬であることは間違いはないはずだが、今回に関してはやや間隔が空いているとはいえ、ストレス疲労に懸念が残る状況。

さらに近2走で全くの無印評価をしていた身からしてもコノ場面ででいきなり本命…というのは気が引ける気も否めず。ここは臨戦過程とプロセスを考えればお茶を濁す程度の抑えで様子を伺いたい。

 

・クリノガウディ―(森裕太郎)

昨年の朝日杯フューチュリティ―ステークスは強豪を相手に勝ち馬から0秒3差の2着に入選するなど高い実績は証明済みであり、近2走の惨敗は世代の頂点を決めるGⅠであることを考慮すれば酌量の余地はある内容。

つまり、古馬に混じるGⅢなら相手ダウン戦という形で捉えてOKでハンデの52キロも手頃な斤量。ここは人気を考えれば抑えても損はないはず。相手には入れて置きたイメージです。

 

・グルーヴィット(松山)

2歳新馬&3歳500万下をダートで連勝をすると芝に矛先を変えたファルコンステークスでもキッチリと2着に入選して非凡な適応力を証明した馬だが、前走のNHKマイルカップも直線のゴチャゴチゃを考えれば上々の内容であり、勝ち馬か0秒5差ならまずまずの結果。

つまり、3歳世代のマイル王者を決める争いでアノ競馬をしたことを考慮すれば今回のメンバーの中でも十分に戦える公算は立つ。後は2走前のファルコンステークスのレベルが低過ぎる点だけが気掛かりとはいえ、前回ぐらい走ればチャンスは大。ココはハンデの52キロも魅力的で一発を期待する。

 

・プリモシーン(福永)

ディープインパクト×母父ファストネットロックの血統背景でベスト条件は高速馬場のマイル戦であり、近2走の好走はその舞台が整ったことが大きな要因。

つまり、今回は週中の雨を受けたタフな馬場が濃厚であり、時計の掛かる決着になれば一抹の不安はある状況。さらに慣れない栗東滞在で挑むプロセスも近走とは違うパターンである点であると考えれば不安要素のひとつだが、

休み明けのディープインパクト産駒で相手ダウン戦となれば順当に着をまとめて来る可能性が無きにしも非ず。とりあえずは枠番と週末の馬場状態を見た上で印の位置を決めたい所です。

 

・ジャンダルム(藤井)

昨年の前半はクラシック戦線を賑わせた1頭で当初は高いポテンシャルを秘めているというイメージを漂わせていた馬だが、昨年の秋から今年の初戦に掛けては特に見せ場を作れず厳しい結果の連続。

そして、内容も後方からレースを進めて伸びない…という酌量の余地が少ない競馬であり、近走で示しているパフォーマンスからは一変を期待して狙うのはやや厳しい状況。ココは普通に考えれば軽視で問題はないはず。

 

・ミエノサクシード(川島)

元々は準オープン~重賞で堅実な走りを披露していた実績馬だが、今年の充実度は6歳のして本格化を漂わせる内容であり、今の状態なら馬場を相手に遜色のないレースが可能性であるはず。

そして、実際に前走のヴィクトリアマイルは本質的には向いているとは言えない高速馬場のマイル戦で後方から脚を伸ばし6着と強い競馬であり、これが得意であるタフな馬場に舞台が変わればさらにパフォーマンスを上げると考えてOK。

つまり、今回は最終週の馬場で週中の雨を含めたタフなコンディションが濃厚と舞台のお膳立ては十分。ココはやや不安な鞍上とはいえ、先週も田中勝春騎手に〝◎〟を付けたぐらいですから、川島騎手であろうとも気にせずに狙う予定です。

 

・ロードクエスト(デムーロ)

前走の安田記念はスタート直後に寄られる大きな不利があり、2走前の京王杯スプリングカップは最後の直線で詰まるアクシデントと近2走は不完全燃焼の結果と酌量の余地はある内容だが、この手のパターンは巻き返しを狙われ過ぎて過剰に売れるケースがザラで期待値は低めのイメージ。

そして、近走の内容を含め現状のコノ馬のベスト条件はタフな差しが決まる馬場の1400mの印象で今回のマイル戦はやや長く最後に決め手を欠く可能性は大。

さらに鞍上のデムーロ騎手も今開催の騎乗ぶりを見る限りは狙う要素にはならないと考えるのが得策。ココはハンデを考えても他の馬を優先的に評価したい所です。

 

【中京記念2019予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

昨年の完敗がやや気になる材料だが、その去年とはワンランク馬が違うと考えるのが得策であり、近走の内容から牡馬を相手にするGⅢでも勝負になる力は証明済み。

そして、今回はタフな馬場のマイル戦と前回から大きく条件面が好転。ココはスムーズにレースを進めれば自然と結果は付いて来るはず。乗り慣れた鞍上を背に一発を期待する。

 

【りょう店長の競馬新聞のお知らせ】

りょう店長の競馬新聞(無料メルマガ)では週末に役立つ競馬情報を配信中!

今週は日曜日に中京記念2019の予想を公開予定!\(^o^)/

ぜひ、ご興味のある方は下記のフォームから登録をしてりょう店長の予想をお楽しみ下さい!

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第67回 中京記念(G3)>

ヴィクトリアマイル2着の
プリモシーンで大丈夫!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

マイル重賞となった2012以降、上位人気馬(1~3番人気)の優勝は昨年のグレーターロンドン(1人気)1頭のみ。1.2人気が揃って馬券圏に入ったのは2017(グランシルク・2人気2着、ブラックムーン・1人気3着)の1度のみ。平均配当では、馬連1万0610円、3連複3万1200円、3連単20万37100円、馬連万券が3度、3連単10万馬券以上が4度もあり波乱の傾向。

芝1600mに条件が変更された過去7年の勝ち馬ではグレーターロンドン、ウインガニオン、ガリバルディ、フラガラッハの4頭が同レースで重賞初制覇を飾っている。また、2年連続で勝利したフラガラッハや2年連続で2着したミッキードリームが好走しているように、リピーターの好走も目立つ。

ステップレース別ではオープン組(4-6-3)、京王杯SC組(2-0-1)、安田記念組(1-0-0)、マイラーズC組(0-1-0)となっており、4勝(2着6回)のオープン組が主力。

昨年◎グレーターロンドンから相手も▲ロジクライ〇シライアブルエース3頭で馬連2430円、3連複5420円、3連単2万5980円パーフェクト的中!実は競馬セブンでは昨年以上に「自信の3点で馬券になる」と関係者からの勝負情報を入手!さらに人気薄激走情報馬の存在を極秘スクープ!紙面上には載らない裏の勝負ネタ!馬券購入前に週末情報は必ずご確認ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『中京記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約