りょう店長の競馬予想ブログ

【ヴィクトリアマイル2020】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2020/05/12

【ヴィクトリアマイル2020】予想考察|過去の傾向とデータ分析

本記事は東京競馬場・1600mで行われるヴィクトリアマイル2020の予想考察に関する内容です。

出走馬はアーモンドアイ、ラヴズオンリーユー、サウンドキアラ、プリモシーン、ノームコアなどが予定。それでは過去の傾向とデータを分析から予想のヒントを探して行きます。

sponsored link

【ヴィクトリアマイル2020】予想考察(過去の傾向・データ分析)

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2019】
1着:④ノームコア(中山牝馬S:7着)
2着:⑨プリモシーン(秋華賞:7着)
3着:③クロコスミア(阪神牝馬S:5着)

【2018】
1着:④ジュールポレール(阪神牝馬S:5着)
2着:⑯リスグラシュー(阪神牝馬S:3着)
3着:⑥レッドアヴァンセ(阪神牝馬S:2着)

【2017】
1着:⑤アドマイヤリード(阪神牝馬S:2着)
2着:⑩デンコウアンジュ(福島牝馬S:4着)
3着:③ジュールポレール(阪神牝馬S:3着)

【2016】
1着:⑬ストレイトガール(阪神牝馬S:9着)
2着:⑩ミッキークイーン(阪神牝馬S:2着)
3着:⑮ショウナンパンドラ(産経大阪杯:3着)

【2015】
1着:⑤ストレイトガール(高松宮記念:13着)
2着:⑦ケイアイエレガント(京都牝馬S:1着)
3着:⑱ミナレット(福島牝馬S:5着)

 

前走・阪神牝馬S組が大活躍!

昨年こそは別路線組が上位を独占する結果とはいえ、近年は前走・阪神牝馬S組が絶大な相性を誇るレースであり、ヴィクトリアマイル=阪神牝馬S組を狙えばOKという雰囲気すらも漂うイメージ。

そして、なぜ近年はこの様な状況が発生しているのかというと?ズバリ…!

〝阪神牝馬ステークスの施行条件が阪神・芝1400m(内回り)から阪神・芝1600m(外回り)に変更されたから〟です。

実際に施行条件を変更してからの近3年の成績を見ればその影響は一目瞭然であり、珍しくJRAの番組改定は大当たりとなりました。(苦笑)

ちなみに阪神牝馬ステークスを経由して参戦してくる馬の成績が優秀であることはお分かり頂けたと思いますが、例年の登録状況であれば大半のメンバーが上記のレースをステップとして出走をする馬でその取捨選択が難しい所ですが、基本的な考え方としてはストレス疲労の少ない馬を狙うことがセオリー。

つまり、前走・阪神牝馬ステークスで人気を背負い凡走した馬が狙い目となり逆に人気薄で好走した馬は軽視の方向という認識でOKですね!\(^o^)/

ちなみに今年に関してはアーモンドアイを筆頭にラヴズオンリーユーとドバイ遠征中止組の扱い方が難しい所ですが、セオリーは先ほどから何度も取り上げている阪神牝馬ステークス組である点は頭に入れておきた所です。

 

フレッシュな世代が優勢!

最近の古馬GⅠでは当たり前となりつつあるフレッシュな世代の活躍ですが、今回のヴィクトリアマイルも例に漏れず若い馬に分があるレースと考えてOK。実際に過去10年の年齢別の成績は下記の通りです。

4歳:(6-7-3-68)
5歳:(2-2-5-48)
6歳:(1-1-2-26)
7歳:(1-0-0-6)

上記のデータが示す様に年齢が若い順に連れて好走率が高く勝率、連対率、3着以内率と全てをチョイスしてもその限り。

つまり、今回も4歳馬には要警戒で穴は若い馬から出現すると考えて予想を組み立てる必要がありそうですね!(^o^)/

 

年明けの出走回数に注目!

近年は多様化をするローテーションの中で〝叩き良化型〟などという言葉は風化しつつある現代競馬であり、目標とするレースに休み明けで直行するローテが主流となりつつある現状。

そして、今回のヴィクトリアマイルも上記の点を考慮して年明けからの出走回数に注目。それらn成績は下記の通りです。

0戦:(0-0-0-4)
1戦:(6-5-4-38)
2戦:(3-5-4-62)
3戦:(1-0-2-33)
4戦以上:(0-0-0-11)

いちばん相性の良い出走回数は1戦と1度叩かれてヴィクトリアマイルを迎えるとうローテーション。次は2戦と年明けに2戦を消化している馬であり、近年のトレンドである休み明けの直行ローテ―はサンプルこそ少ないものの4頭中で全頭が馬券圏内ゼロと苦戦の傾向。

つまり、今年に関しては1・2番人気が予想される2頭(アーモンドアイ・ラヴズオンリーユー)がそれに該当する状況。果たして、悪いジンクスをアッサリと破るのか?注目です。

 

【ヴィクトリアマイル2020】プレ予想

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

昨年の夏から秋に掛けての内容からポテンシャルの証明は十分で今回のメンバーでも大きく見劣ることはないはず。そして、前走の阪神牝馬ステークスはスムーズ差を欠く内容で2着と改めて強いモノ。激走後である点だけに目を瞑れば狙う価値はあるだろう。

 

りょう店長の競馬新聞のお知らせ

りょう店長の競馬新聞では週末に役立つ競馬情報を配信中。そして、今週は日曜日に行われるヴィクトリアマイルの予想を公開予定!メールアドレスひとつで簡単に登録が可能。皆様の購読を心からお待ちしております!^^

▷ りょう店長の競馬新聞(無料)

ちなみに上記の無料メルマガでは書ききれないその他のレースを含めたフル予想はりょう店長の競馬新聞(完全版)にて配信中。主なコンテンツ内容としては…

・重賞レース予想
・厳選レース予想
・その他の狙い馬!
・りょう店長の複コロ!

を毎週末に絶賛配信中。コチラは競馬×有料という胡散臭さが漂うコンテンツですが、りょう店長の競馬に対する知識を余すことなくフルでお届けしている自信のメールマガジン。ちなみに最近の主な的中は下記の通り。

【京都12R】
1着:◎ケイアイパープル(4番人気)
2着:・ペガサス(3番手人気)
3着:・スズカフロンティア(9番人気)

単勝(◎):1010円
複勝(◎):360円

上記の馬券が示す通りひとレースの購入金額も常識の範囲内であり、目指すは単勝のクリーンヒットや三連複の万馬券というローリスクハイリターン。1日の馬券予算は概ね1万円以内(勝負レース時は例外)を心掛けているスタイルでお小遣い制のサラリーマンのお父様の相性は抜群だと自負しています。

そして、個人的には月単位の購読になるりょう店長の競馬新聞(完全版)をオススメさせて頂きたいですが、最初から1ヵ月も…という方に向けて日売りのnote販売も実施中。コチラは若干の割高価格で設定をしているとはいえ、有料コンテンツの入門編としては手の出しやすいツール。お手軽にお試し頂ければと思います。

▷ りょう店長の競馬予想ノート

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)

きっと今まで以上に週末の競馬が楽しくなり予想に対するプロセスが変化してくるはず。ぜひ、今週からりょう店長と共に競馬ライフを楽しみましょう!\(^o^)/

 


 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約