りょう店長の競馬予想ブログ

【ヴィクトリアマイル2020】予想考察|オッズと出走馬分析

time 2020/05/15

【ヴィクトリアマイル2020】予想考察|オッズと出走馬分析

本記事は東京競馬場・芝1600mで行われるヴィクトリアマイル2020の予想考察に関する内容です。

出走馬はアーモンドアイ、ラヴズオンリーユー、サウンドキアラ、プリモシーン、ノームコアなどが予定。それではオッズと出走馬分析から予想のヒントを探して行きます。

sponsored link

【ヴィクトリアマイル2020】予想考察(オッズ・出走馬分析)

当サイト独自の予想オッズは下記の通りです。

1 アーモンドアイ 1.9倍
2 ラヴズオンリーユー 5.7倍
3 サウンドキアラ 6.2倍
4 プリモシーン 8.3倍
5 ノームコア 10.4倍

 

1番人気は国内最強ホースであるアーモンドアイ

今年はドバイ遠征をするも無念の中止で帰国後はココを焦点に調整。馬の力はメンバー最上位で実績のある東京マイルだけに後は状態さえまともなら今回も圧巻のパフォーマンスが見れるはず…?

 

2番人気は昨年のオークス馬であるラヴズオンリーユー

コチラも同様にドバイからの帰国組。昨年は3歳牝馬路線を牽引して来た存在だけに古馬との対戦でも大きく見劣ることはないはず…?

 

3番人気は重賞を連勝中のサウンドキアラ

今年は年明けの京都金杯を制覇すると京都牝馬Sに阪神牝馬Sと充実の3連勝。後は少々使い過ぎである点に目を瞑れば今回も注目すべき存在になるはず…?

 

その他にはレーン騎手との新コンビで挑むプリモシーンに昨年の勝ち馬であるノームコアなどが続く。

 

出走馬分析

・アーモンドアイ(ルメール)

紙面上を見れば昨年の有馬記念からローテーションで得意である休み明けの形だが、この中間はドバイに遠征するも中止の影響を受けて帰国するなど完璧な経緯とは言い難い状況であることは事実。

ただ、それでも秘めた力は国内最強クラスで牝馬限定となる今回は断トツで抜けた存在。さらに軽い芝の東京マイル戦なら適性もピカイチで力さえ出すことが出来れば圧巻のパフォーマンスを見せて来るはず。ココはベタに本命で行くべきか無難に対抗にすべきか難しい所です。

 

・コントラチェック(武豊)

前走の中山牝馬ステークスは2番人気を裏切る大惨敗だが、激走後の反動+道悪馬場に加えて逃げられずの競馬で3重苦の展開。ボロ負けしている点には目を瞑って問題はないはず。

つまり、今回はノーストレスの状況で単騎でスムーズな逃げを打てば位置取りショックが掛かる絶好のタイミング。さらに鞍上にはいかにも合いそうな武豊騎手を起用。後はポテンシャルさえ足りれば逃げ粘りの可能性も十分にありそうだ。

 

・サウンドキアラ(松山)

3連勝中で勢いのあるディープインパクト産駒のC系で格上げのGⅠ挑戦は良いローテーションだが、京都金杯⇒京都牝馬ステークス⇒阪神牝馬ステークスと重賞をムダ使いしたツケがこの大一番で出てくる点は否めず。

それでも今年の充実度から今の集中状態ならクリアできる可能性は大いにあり、体力切れを起こさなければ普通にチャンス。後は内目の枠が必須になるだろう。

 

・スカーレットカラー(石橋脩)

昨年は重賞の連続激走に加えて府中牝馬ステークスを怒涛の追い込みで完勝するなどココに来て本格化をしつつあるイメージでその後はストレス疲労でガタっと崩れるものの休み明けの前回は改めて強い競馬で2着を確保。

つまり、昨年からの内容はフロックではなく本物で末脚は魅力的。さらに本質的には叩き良化型のヴィクトワールピサ産駒である点を考えれば叩き2戦目もOK。後は前走で激走した反動が出なければ引き続きチャンスはあるはずだ。

 

・ダノンファンタジー(川田)

前哨戦を得意とするダノックスの馬だが、前走の阪神牝馬ステークスは明らかに太目残りの+22キロで1番人気を裏切る5着と本番に向けては絶好の臨戦過程。

後は鮮度が命となるディープインパクト産駒だけに早期から使われている消耗度と重賞を連発して使われている点だけに一抹の不安が残る状況とはいえ、古馬初GⅠのタイミングならチャンスはあるはず。ココは不気味な存在だ。

 

・ノームコア(横山典)

昨年の覇者で東京コースの高速馬場は絶好の条件であり、バウンド延長でマンネリ化を防ぐメリハリのあるローテーションは悪くない形。

そして、ポテンシャルも去年の同レースを含めて富士ステークスの1着&香港マイルの4着から証明済みで今回のメンバーの中でも大きく見劣ることはないはず。

後は前回でボロ負けをしておりリズムが悪い点に目を瞑れば巻き返しの公算はアリ。横山典騎手の2戦連続の騎乗も不気味で改めて注目をする。

 

・ビーチサンバ(福永)

近走は掲示板前後をうろつく結果続きだが、前走の阪神牝馬ステークスは持ち味が活きる先行策ではなく控えて道中でチグハグな位置取りとなるVライン気味の形で4着なら大きく悲観することはないだろう。

つまり、今回はスムーズに前付けすれば位置取りショックが掛かり苦⇒楽のタイミング。後は単純なポテンシャルで足りれば通用しても驚けない。

 

・プリモシーン(レーン)

前走のダービー卿チャレンジトロフィーは1番人気を裏切る5着だが、東京新聞杯を激走した後のローテーションを考慮すれば酌量の余地がある内容で悲観することはないだろう。

そして、昨年の2着が示す通りに同舞台の実績はピカイチで牡馬を相手に健闘をしている近走の内容からポテンシャルも足りるはず。鞍上にレーン騎手を配置している点からも勝負気配は大いにありそうだ。

 

・ラヴズオンリーユー(デムーロ)

ここまでキャリア5戦ながらGⅠのオークスを制覇しているなど高いポテンシャルを秘めた馬で現役牝馬の中でもトップ5に入るレベルの実力馬だが、本質的には中距離向きである点は否めず距離短縮の高速マイル戦には一抹の不安を残す状況。

今回はその点が最大の焦点で短縮に対応をして上手く流れに乗ることが出来ればアッサリと馬券圏内もあるだろう。逆に後手後手に回る立ち回りになれば少々苦戦ムードも漂う。

 

【ヴィクトリアマイル2020予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

近走のポテンシャル証明と内容だけを見ればこの馬は悪くないはず。枠次第では本命も考えて置きたい1頭であり、先週と同様に違うシルクの一撃が見られるかも…?

 

りょう店長の競馬新聞のお知らせ

りょう店長の競馬新聞では週末に役立つ競馬情報を配信中。そして、今週は日曜日に行われるヴィクトリアマイルの予想を公開予定!メールアドレスひとつで簡単に登録が可能。皆様の購読を心からお待ちしております!^^

▷ りょう店長の競馬新聞(無料)

ちなみに上記の無料メルマガでは書ききれないその他のレースを含めたフル予想はりょう店長の競馬新聞(完全版)にて配信中。主なコンテンツ内容としては…

・重賞レース予想
・厳選レース予想
・その他の狙い馬!
・りょう店長の複コロ!

を毎週末に絶賛配信中。コチラは競馬×有料という胡散臭さが漂うコンテンツですが、りょう店長の競馬に対する知識を余すことなくフルでお届けしている自信のメールマガジン。ちなみに最近の主な的中は下記の通り。

【京都12R】
1着:◎ケイアイパープル(4番人気)
2着:・ペガサス(3番手人気)
3着:・スズカフロンティア(9番人気)

単勝(◎):1010円
複勝(◎):360円

上記の馬券が示す通りひとレースの購入金額も常識の範囲内であり、目指すは単勝のクリーンヒットや三連複の万馬券というローリスクハイリターン。1日の馬券予算は概ね1万円以内(勝負レース時は例外)を心掛けているスタイルでお小遣い制のサラリーマンのお父様の相性は抜群だと自負しています。

そして、個人的には月単位の購読になるりょう店長の競馬新聞(完全版)をオススメさせて頂きたいですが、最初から1ヵ月も…という方に向けて日売りのnote販売も実施中。コチラは若干の割高価格で設定をしているとはいえ、有料コンテンツの入門編としては手の出しやすいツール。お手軽にお試し頂ければと思います。

▷ りょう店長の競馬予想ノート

▷ りょう店長の競馬新聞(完全版)

きっと今まで以上に週末の競馬が楽しくなり予想に対するプロセスが変化してくるはず。ぜひ、今週からりょう店長と共に競馬ライフを楽しみましょう!\(^o^)/

 


 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約