りょう店長の競馬予想ブログ

【ローズステークス2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2018/09/12

今回は【ローズステークス2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

阪神競馬場・芝1800mで行われるローズステークス2018。

牝馬クラシック最後の1冠である秋華賞に向けた前哨戦であり、

例年は桜花賞&オークスで上位に入選した馬が顔を揃える1戦ですが、

今年はそれに該当するアーモンドアイ・リリーノーブル・ラッキーライラックの3頭が不在。

そして、今回は例年のローズステークスとは勢力図が違う状況で争われる1戦ですが、

春の実績馬が不在であることを考えると…

必然的に注目は夏競馬の期間に力を付けてきた「夏の上り馬」になります。

実際に登録メンバーを見る限りでは過半数が夏競馬で使われている馬であり、

当日も上位人気に支持されそうな馬がチラホラといる現状。

今回は大混戦で本番に向けた優先出走権を賭けた争いには注目が集まりますが、

予想と馬券の観点で考えると難解な1戦になりそうですね…。(汗)

 

ちなみに今までの競馬ライフで的中した記憶がないレベルで相性の悪い同レースですが、

今年はバシッと当てて良い思い出に記憶をすり替える予定!

それでは過去の傾向やデータを含めて狙える馬を探して行きましょう!\(^o^)/

sponsored link

【ローズステークス2018】予想考察

過去の傾向・データ分析

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2017】
1着:⑭ラビットラン(3歳上500万下:1着)
2着:⑯カワキタエンカ(三面川特別:2着)
3着:⑥リスグラシュー(オークス:5着)

【2016】
1着:⑦シンハライト(オークス:1着)
2着:①クロコスミア(フローラS:14着)
3着:③カイザーバル(道新スポーツ杯:6着)

【2015】
1着:⑮タッチングスピーチ(3歳上500万下:1着)
2着:⑧ミッキークイーン(オークス:1着)
3着:⑬トーセンビクトリー(西部スポニチ賞:1着)

【2014】
1着:⑥ヌーヴォレコルト(オークス:1着)
2着:③タガノエトワール(3歳未勝利:1着)
3着:⑯リラヴァティ(西海賞:4着)

【2013】
1着:①デニムアンドルビー(オークス:3着)
2着:⑮シャトーブランシュ(鳥栖特別:1着)
3着:②ウリウリ(3歳上500万下:1着)

 

<レース展望>

以前はローズステークスから秋華賞へのステップが王道であり主流でしたが、

近年は紫苑ステークスの重賞昇格やローテーションの多様性の影響を受けて、

例外的なケースが度々と見受けられる現状。

実際に今年も2冠を達成して3冠を狙うアーモンドアイ

早々と前哨戦を挟まず本番に直行するローテを表明するなど、

今後は同レースに向かわず秋華賞に向かう馬が増えそうな予感。

 

そして、今回は桜花賞&オークスで上位に入選したラッキーライラック

リリーノーブル・マウレア・レッドサクヤがアクシデント等を受け不在であり、

春先にコノ路線を引っ張った馬が1頭も居ない状況ですが、

今年の牝馬クラシック戦線は意外にも馬の層が厚く、

上記のメンバーが出走しない割には好メンバーが集結したイメージ。

果たして、打倒・アーモンドアイに向けて名乗りを挙げるのはどの馬か?

それでは過去の傾向やデータ等を含めて狙える馬を探して行きましょう!(^^♪

 

<狙えるローテーションとは?>

今回はオークス&桜花賞で上位に入選した春の実力馬が不在とは言え、

サトノワルキューレを筆頭に上記のGⅠに出走経験のある馬はチラホラと出走を予定。

つまり、構図としては…

「春から頭角を現していた馬」VS「夏に力を付けてきた上り馬」であるイメージですが、

近年のローズステークスはどちらの馬が有利な傾向にあるのか?

実際に過去5年の前走からの間隔別データを見ると…

このデータを見る限り近年は「5~9週」の夏場に使われた馬が優勢であり、

「10~25週」の春の実力馬を上回る実績。

実際に昨年のラビットランや2年前のタッチングスピーチを含め、

夏の上り馬が勝ち切るケースも増えている傾向ですが、例年より春の実力馬が手薄な今回。

またしても夏場に力を付けて来た「夏の上り馬」が勝つ可能性は十分にありそうですね!(^^♪

 

<前走着順に大きなカギがあり⁉>

過去5年の前走着順別データを見ると…

前走で1着の馬は(4-3-2-18/47)と驚異的な数字。

馬券圏内に来た馬の7割型が「前走1着」であり、

ローズステークスは前走で勝利している勢いのある馬が優勢なリズム重賞と考えてOK。

意外と盲点になりそうな今回のデータですが、

今年はセンテリュオ・サラキア・ゴージャスランチ・アドマイヤクィーンの4頭が該当。

とりあえず、相性の良さを含め相手には入れて置く必要はありそうですね!(^^)v

 

【ローズステークス2018予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

デビューから全戦で出遅れている点は気になる材料だが、

前走の勝ち方は圧巻のパフォーマンスでひと夏を超えて馬が成長した証と考えてOK。

さらに今回は条件戦を1番人気1着後であり、

ディープインパクト産駒が最も得意とするパターンに該当。

外目の枠を引いてスムーズにレースが馬券圏内の信頼度は高いはず。

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を全て無料公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

<第36回 ローズS(G3)>

2冠馬不在で浮上する
激走穴馬の正体とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気馬の成績では、1人気[4.2.1.3]、2人気[1.1.1.7]、3人気[0.0.2.8]と、1人気が好成績を残しており信頼できる軸馬。平均配当は馬連9610円、3連複3万5760円、3連単20万7360円と波乱傾向。二桁人気馬では、16年クロコスミア(11人気2着)、14年タガノエトワール(15人気2着)、13年ウリウリ(10人気3着)、11年マイネイザベル(10人気2着)、09年クーデグレイス(10人気3着)などが馬券圏に入り波乱を演出している。3連単では10万馬券を超える特大万馬券が7度も出ているように人気薄の好走が目立つ。

過去10年、前走、レース別の成績ではオークス組(8勝)、500万組(2勝)と夏馬を全休に充て始動戦として出走したオークスからの直行組が圧倒的な成績を残している。また、500万を勝ち上がったばかりだが夏に調子を上げた馬が勢いで勝ち上がっている。ローズS好走馬の秋華賞の成績を見てもローズS上位馬が本番でも結果を残しているように、本番に直結しているのが分かる。

オークス組からは、レッドサクヤ、サトノワルキューレ、オールフォーラヴ、カンタービレなどが参戦するが、2冠馬アーモンドアイやラッキーライラック、リリーノーブルといった有力馬は秋華賞直行のため不在となる秋華賞のトライアルレース。オークス組みで馬券になるのは!?また、夏の上がり馬に出番はあるのか!?競馬セブンでは各陣営の本音話を入手済!週末の情報はお見逃しのないようご注意ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ローズS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約