りょう店長の競馬予想ブログ

【レパードステークス2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析

time 2018/07/31

今回は【レパードステークス2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

新潟競馬場・ダート1800mで行われるレパードステークスですが、

昨年は1番人気のエピカリスが3着に敗れた上に

1・2着に11番人気&12番人気の伏兵が入り波乱の結末を迎えた1戦。

今年は3歳ダート王者のルヴァンスレーヴが不在であり、

グレートタイムドンフォルティスが人気を分け合う形が濃厚ですが、

別路線から参戦するアルクトスアドマイヤビクターも侮れない存在。

果たして、夏の3歳ダート重賞を制覇するのはどの馬か?

様々な方面からメンバーが集う1戦だけに

各馬の能力の見極めをシッカリと行い的中に繋げたいですね!(^^♪

 

ちなみにコチラは昨年のレパードステークスで購入した馬券!

◎エピカリスからヒモ荒れ狙いが見事に炸裂!\(^o^)/

遠征先の札幌競馬場で絶叫していた事が懐かしいですが、

今年もこの様にドカーンと的中できるように頑張りたいですね!

sponsored link

【レパードステークス2018】予想考察

過去の傾向・データ分析

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

【2017】
1着:②ローズプリンスダム(JDD:8着)
2着:⑨サルサディオーネ(3歳上500万下:1着)
3着:⑤エピカリス(UAEダービー:2着)

【2016】
1着:⑨グレンツェント(ユニコーンS:3着)
2着:⑤ケイティブレイブ(JDD:2着)
3着:①レガーロ(兵庫SC:4着)

【2015】
1着:⑨クロスクリーガー(JDD:2着)
2着:⑫ダノンリバティ(白百合S:8着)
3着:⑬タマモブリュネット(地方交流1000万下:1着)

【2014】
1着:⑬アジアエクスプレス(ユニコーンS:1着)
2着:⑨クライスマイル(3歳上500万下:1着)
3着:④ランウェイワルツ(JDD:5着)

【2013】
1着:⑤インカンテーション(濃尾特別:1着)
2着:⑦サトノプリンシパル(御嶽特別:1着)
3着:⑪ケイアイレオーネ(JDD:3着)

 

<レース展望>

JRAで行われる3歳限定のダート重賞は

6月のユニコーンSと今回のレパードSの2つですが、

前者は時期的に力関係も把握しやすく、

東京ダート1600mと言う施行条件を考えても紛れが少ない1戦。

ところが、後者は春から活躍している名の知れた馬に加えて、

6月・7月の中京&福島で賞金を加算してきた馬が入り混じりカオスな状況。

 

当然ながら、人気の中心は春から活躍している所になりますが、

意外にも人気の盲点は夏競馬で古馬を相手に健闘してきた馬。

今年はユニコーンステークス&ジャパンダートダービーから参戦する、

グレートタイム・ドンフォルティス・グリム

エングローサーなどが実績&ネームバリューを含めて上位人気になりそうですが、

6月・7月の夏競馬で結果を残して来たアドマイヤビクター・アルクトス

イダペガサス・チュウワウィザード・プロスパラスデイズも侮れない存在であり、

馬券的な妙味を考えるなら上記の馬の取捨選択が大きなポイント。

今年も昨年のサルサディオーネ(12番人気)の様な馬を探し出したいですね!\(^o^)/

 

<前走の距離×位置取りに注目!

過去5年の前走・距離別データを見ると…

1200m:(0-0-0-2/2)
1400m:(0-0-0-1/1)
1600m:(2-1-1ー16/20)
1700m:(0-0-0-6/6)
1800m:(1-3-0-15/18)
2000m:(2-1-2-7/12)

 

これを相性の良い順番に並べると…

2000m ⇒ 1800m ⇒ 1600mとなりますが、

基本的に前走・2000m組はジャパンダートダービー、

前走・1600m組はユニコーンステークスであり馬券的な妙味は薄く、

この中で注目すべきは真ん中の「前走・1800m組」になります。

 

そして、ズバリ!その路線から来る馬の狙い方は‥‥

〝前走・1800mで逃げ&先行していた馬〟ですが、

実際に前走・1800m組×位置取りの成績はコチラ。

逃げ&先行馬の成績が驚異的!

ちなみに今年はヒラボクサージュの1頭が該当していますが、

現段階では除外対象で人気も全くなさそうな予感…。

ただ、仮にも出走枠に入れば

上記のデータを信じて△で印は回す予定で考えています!(^^;)

 

<4角のポジションが重要!?>

基本的に新潟ダート1800mは前残り傾向が強いコース形態。

東京ダート1600mとは違い大外一気で差し切るのは至難の業であり、

馬券圏内に来るには4角である程度の位置に付けている事が最低条件。

 

実際に過去5年の4角の位置取り別データを見ると…

4角を先頭で回って来る=逃げ馬の複勝率が80%を超える驚異的な数字。

先行馬にフォーカスを向けても複勝率41%であり、

レパードステークスは4角の位置取りが結果が決まると考えても異論はないはず。

つまり、予想の際は最後の直線の通過順位をイメージして行う必要がありますね!\(^o^)/

 

【レパードステークス2018予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。

その馬の名はリンク先、りょう店長の競馬予想ブログの紹介文にて公開中!

<推奨理由>

前回は直線でズルズルと後退して5着に敗れているが、

3ヵ月の休み明けで今回に向けた叩き台と考えれば上々の競馬。

血統的にも力の要る新潟ダートは合いそうなイメージであり、

逃げれば位置取りショックが掛かる絶好のタイミング。

データ通り4角を先頭で通過すれば、

そのまま粘り込めると見ていますが、果たして…。

 

【りょう店長の競馬新聞のご案内】

りょう店長の競馬新聞では毎週ボリュームたっぷりの内容を配信中!(^^)v

ブログでは未公開の平場&特別レース予想に加えて馬券の買い目・勝負度・妙味度を全て無料公開しています。

ご興味のある方は下記のフォームにて登録して頂けると幸いです!m(__)m

りょう店長の競馬新聞(無料)@購読はコチラから

 

--【PR】----------

プロが買う【レパードSの3連単】を知りたくありませんか?

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

①元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている

②情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析

【レパードS】関係者が買う『3連単勝負馬券』はコチラ

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

りょう店長

りょう店長

私、りょう店長の競馬予想ブログの運営者のりょう店長です。 [詳細]

アーカイブ

メルマガ登録・解除 (ID:8805527)

りょう店長の競馬新聞

馬券の買い目に関しては無料メルマガで公開中!
ブログでは書ききれない特別レース予想も配信中!

購読解除

powered by 競馬まぐ利用規約